FC2ブログ
2010
07.25

朝8時から

Category: チャリ   Tags:十三峠
ご褒美 2010/7/25

コレですよ。(爆)

いえいえ、その前に、朝5時半自宅出発で

十三峠 2010/7/25

に行ってきましたのですよ。

のどか村~裏葡萄~大和川CRを辿って帰宅する予定だったんですが、十三峠登り途中から異様な腹具合。頂上駐車場に居ても全く落ち着かなかった為、やむなく十三峠のみで帰宅しましたのです。

ちくしょー。体調不良のバカァ~!(ぉぃぉぃ)



いくら夏場とは言え、朝6時大竹7スタートは人も少ないやろ

と思うてたら、ぎょーさんいてはりました、KOGの方々。6時少し前、先にスタートして下さって安堵しました。(なんでやねん)

こちらは5分ほどディレイしてスタートしましたが、水呑園地入り口のだいぶ手前で、ドドォ~っと下って行かれました。はぇ~~~

ブラインドコーナとかで車の通行とかあれば後続に大きな声でアラートしておられたり、なかなかきちんとした集団走行をしておられました。

自分が下っていった時には、けっこう数多くの方が登って行かれました。大竹7でスタート待ちしておられた方もいらっしゃって、休日十三峠のラッシュ時刻のようでした。(笑)

大阪側平地に降りてきたら、もはや既に日差しがギンギラギン。もう充分暑いっす。

はぁ…

十三峠通算登坂回数:68回目


Comment:8  Trackback:0
2010
07.10

週刊十三峠 オプショナルツアー付き

Category: チャリ   Tags:十三峠
さんまさん・与謝野さんと3人で、十三峠~広域農道~王寺~法隆寺~大和郡山~HAMP 3rd~斑鳩の里徘徊~法隆寺~大和川沿い~喫茶純。

前日(金)の夜に、「(土)に、さんまさんが十三峠を越えて大和郡山の良さげなカフェレストランに行くらしい」噂をキャッチ。すぐさま連絡を入れてドタ参申請。お許しをいただけたので、ありがたく合流させていただきました。

大竹7で合流の予定でしたが、そこに向かう途中、大阪港八尾線の河内山本を少し過ぎた辺りの自販機で補給水を買うのに止まっておられたお二方を発見し、無事合流できました。

十三峠 2010/7/10

複数人で登る十三峠は本当に久しぶり。なんか新鮮な感じでした。

さんまさんが「ボク、途中何度か足着き休憩するんで先に出ます!」とか急に言い出してメンバの意表を突く作戦に。「じゃ、ボクも」と与謝野さんが慌ててスタート。「そんなアホな…」と一番ロード経験の浅い私がシンガリスタート。新人イヂメ、でしょうね。おそらく…

もう充分お日様は出てますし、暑い、暑い、暑い、しんどい。時折少し涼しい感じの風が吹いてくれるのですが、ぜんぜん足りないですね。「やっぱ、この道は、しんどいわ」と今さらのように思いました。(爆)

第一ヘアピンを過ぎるまで、さんまさん~20m~与謝野さん~50m~私、という車間。序盤はムリして車間を詰めるようなことをせず、じっくり・ゆっくり登っていきました。第一ヘアピンを過ぎてしばらく行ったところで、さんまさんが最初の休憩。ここから与謝野さんと私とでランデブー走行。ヘロヘロ登っていると、その脇をズバっと抜いて颯爽と過ぎ去っていかれた青っぽい(?)ロードの方。与謝野さんと二人で「あの人、よう見るよな」「ここ1本登ってる間にあの人に5回ぐらい抜かれたことがある…」みたいな話をしながら登っていきます。

第二ヘアピンぐらいからだったか、私が前に出てそれ以降はもう黙々と、ただひたすら我慢してペダルを漕いで登っていきました。脚はパンパン、腕はプランプラン、握力はユルユル、心肺ギリギリ、頭ゆらゆら、意識朦朧 …。「それ、危ないでしょ」って感じで、どうにかこうにか頂上駐車場着。

僅かに遅れて与謝野さん着。少し間があってさんまさん着。

頂上駐車場で3人揃って休憩してると、青いBD-1の方が登ってこられました。比較的軽そうなギアをクルクル回して非常にクールな感じで登っておられます。

十三峠で本格的折り畳み小径車を見るのは、たぶん、自分のHELIOS以外では初めてのような気がします。(笑)

峠を奈良側へ下って広域農道を南下、三叉路を左折して王寺方面へ。国道25号に出て法隆寺方面へ。筒井町交差点を左折して大和郡山広陵線を北上。本日の目的地であるHAMP 3rdには9時半過ぎに到着。

国道25号は、道路幅は狭いわ、車は多いわ、大型も多いわで、すごく走り難い。車のペースに合わせて走っておかないと、道幅が狭いところで大型車に抜かれそうとかになるとドライバにも要らんストレスを生んでしまうので、さんまさん先導で高速巡航モードで走行。40km/h前後だったような気がしますが、ぜんぜんさっぱりダメでした。重いギアをきちんと踏み続ける、比較的高いケイデンスを一定時間以上きちんと維持し続ける、ということがまったくダメダメな私。こういう事は、ちゃんとトレーニングしないと身につかないのでしょうね。

ま、そんな事も考えつつ、HAMP 3rdの店内へ。

HAMP 3rd 2010/7/10
HAMP店内 2010/7/10

非常に雰囲気の良い、暖かなおもてなしのカフェレストランでした。店先の塀の内側に自転車をかけておけるバイクラックが設置されていて盗難の心配もありませんし、この部分だけでもお店の気遣いがとても良く分かります。

スタッフさん、店長さんも物腰の低い温和でにこやかな方でした。デザートのアイスクリームをプレゼントしていただけたり、帰り際にお菓子をいただけたり、ボトルに冷たいお水を補給させていただけたり、至れり尽くせりのサービスでした。注文したのが安めのモーニングセットだったのに、ものすごく申し訳ない感じがするぐらい…

このお店を目的地にしても良いし、このお店をスタート/帰着点にしても良いし、奈良・大和郡山辺りに行かれる方は是非ご利用下さいませ。

どっぷり・たっぷり休憩させていただいた後、帰路に就きました。

通った道が良く分からないのですが、法隆寺北部の辺り斑鳩の里を徘徊サイクリングしつつ自転車道なんかも利用しながら法隆寺へ。

法隆寺にて 2010/7/10
法隆寺にて 2010/7/10

何年ぶり…いや何十年ぶりでしょう、法隆寺に来るのは。長野の善光寺ほどは観光客はいませんが(無意味な比較)、地元の観光ガイドさんの説明を聞きながら法隆寺を見学してらっしゃる方もおられました。

「せっかく来たんだし記念写真でも」ということで。

法隆寺からは、いったん国道25号をまたいで南側に行ってから大和川の土手沿いを走り、車が多く道幅の狭い国道25号や王寺市街を上手くかわしつつ大阪へ戻ってゆきます。

JR三郷駅前を通り過ぎてから国道25号へ出たのですが、ここからもう少し山手側をいく細い道があるらしく、亀瀬岩・河内堅上駅前を通って青谷橋辺りまで抜けていける道があるようです。あるところでは「ふんどしロードふんどし街道」と呼ばれているようですが…。いずれ機会があれば開拓しておこうと思います。

【2010/7/12追記】
三郷側から青谷方面に向かうと、しょっぱなに100mほど激坂があるらしいです。道幅ふんどし幅で激坂は勘弁してほしーなー (ぼそっ)

それはともかく、我々は国道25号を通り柏原から大和川CRに入り、住道矢田を抜け湯里を抜け針中野を抜けて駒川商店街にある喫茶純へ。

大和川CRを走ってる最中から、猛烈な空腹感に襲われていて、「はよう昼飯を食わせ!」という勢いだけで走ってきました。

純で、ランチメニューの「焼きそば定食」を食べましたが、猛烈でした。空腹感を満たしてさらに満腹感を通り越し食いすぎた感ぐらいまで到達できました。大マンゾクです。(笑)

とりあえず今日は「ここで解散」ということになり、平野のスクアドラに立ち寄ってから帰宅しました。

ご褒美 2010/7/10

「食いすぎた感」に到達していた*はず*なのに…。

ま、別腹、っちゅーことでお許しを。



自宅-to-自宅で75kmほどの距離でしたけど、普段独りで走ってるのが30~40kmほどなので、えっらく長い距離を走ったみたいに錯覚しちゃいました。

峠・アップダウン・高速巡航も含んだ75kmなので、まぁ、満足感は高いっすね。(笑)

しかし、さんまさんも与謝野さんもさすがだわ。高速巡航モードに入られたら、ぜんぜん着いていけないんだもの。これは、けん。さん私ださんと走った時にも感じること。要するに「心肺機能の出来が違う」という事でしょうね。

ま、おっちゃんなりに、ぼちぼち頑張っていきましょ。


Comment:5  Trackback:0
2010
07.04

梅雨のスキマの坂道ポタ

Category: チャリ   Tags:十三峠のどか村
事前の予報予想では雨だったのですが、日曜日起きてみれば、晴れてるわ路面乾いてるわで、「わやくちゃでごじゃりますがな~」という感じです。(なにそれ…)

そういう状況をうらめしく思いつつも、今日の午前中は家事ざんまいの予定。

ウルウルしながらモジモジしてたら、「自転車で走りに行ってきーや」と宅の総理大臣兼財務大臣兼大統領よりお言葉を戴き、「じゃ、行ってきま~す」ということで、十三峠~広域農道~信貴山~のどか村~裏葡萄~大和川CRといういつものコースで心の洗濯。

十三峠 2010/7/4

珍しく、裏十三登り口で記念撮影。特に理由は無し。

撮影が終わってスタートしようと思った時、上から降りてこられたローディと一礼。 頂上駐車場でもお会いした方でした。

広域農道を北へ向かって行かれました。クラガリかキヨタキ越えかな…。

帰りの大和川CRはいつも通り「修行風」が吹いており、新明治橋までたっぷり楽しませていただきやした。

ご褒美 2010/7/4 で、いつも通りにご褒美を。



いや~、しかし。湿気がすごいんで、なんちゅーか、雨に遭ってないのに全身ズブ濡れって感じですよ。やな季節ですねぇ。

帰宅してすぐ↑のご褒美をグイっと飲み干して、すぐに温水シャワー浴びるついでに風呂掃除。(爆)

で、こんな時間なので、ゆったり午睡をば…

おやすみなさぁ~い

…………

アイロンがけ、せなあかんかったんや… (悲)


Comment:2  Trackback:0
2010
06.27

なんだっ坂っ、こんなっ坂っ、十三峠

Category: チャリ   Tags:十三峠
十三峠 2010/6/27

天気予想、まったくアテになりませんね。

朝から薄曇りながらも日差しがあってムシ暑さも絶好調。昼前には路面もほぼ完全に乾いたし、こりゃやっぱり行くしかないでしょー。

ということで、いつものポタコースへ…のつもりだったんですが、あまりに暑い。危険が危ないぐらい暑い。脳みそも心臓も限界を超えそうなぐらい危ない。

というぐらいに調子が悪く(なんやそれ)、十三峠の往復だけにしましたとさ。

ご褒美 2010/6/27 でも帰宅後のご褒美は、いつも通り豪勢に。(笑)

前週の「早摘みレモン」と同様の「期間限定」商品だそうで、ま、普通に美味かったっす。



でも、つくづく思いましたが、ぜんぜん走れなくなりつつあります。

前週も超ヘロヘロ・ヨレヨレでしたし、今週(今日)は第二ヘアピンのとこで途中下車してしまいました。

脚が動かないし、心臓はバックバクでレッドレブだし、息も絶え絶え頭フラフラ。「こりゃ危ないでしょー」ということで途中下車して道端で休憩したんですが、どうしたものか…。

暑い季節だから、早朝ポタとかに切り替えないとだめなのかしらね…

なんにしても、ほんまに脚が動かなくなってきています。


Comment:2  Trackback:0
2010
06.19

梅雨のスキマに十三峠

Category: チャリ   Tags:十三峠
十三峠 2010/6/19

「木曜日は晴れるけど金曜日からは梅雨らしい天気が連続だぜ。週末(土)(日)も雨だぜ」みたいな天気予報だったのに、土曜日になってみたら、雨降ってないやん。日差しまであるやん。

天気予想屋のウソつき!

ということで、じっとしてられなくて、十三峠の往復だけ。

薄日がさしたり、どんより曇ってきたり、この季節らしいジメジメうっとーしー天気です。

雨で自分が濡れるぐらいは別にかまわないのですが、路面のミューが下がって滑って転ぶとか怪我や事故が怖いので、なんとか雨が降らない間に…、ということもあって無理せず十三峠だけにしました。

めっちゃ暑い。

めっちゃムシムシ・ジメジメ

頂上駐車場は風もあったんですが、湿気が多くて汗が気化する量が少ないせいか、ほとんど涼しさを感じれず。ジメジメ・ムシムシ…。

駐車場から大阪平野を眺めていたら、麓から上がってきた空気が上空へ昇っていくのが見えました。そういう空気の流れが分かるぐらい、湿気を含んだ空気でした。

全身汗でべっとり。休憩して風に当たってても微塵も乾く気配が無いので、とっとと下山して、来た道を辿って帰宅しました。

休憩時間込みで2時間の坂道ポタリングでございました。

ご褒美 2010/6/19 大して走ってないのに、ご褒美は奮発して500cc缶。

氷結 早摘み レモン。新作かな。よう知りませんけど


Comment:0  Trackback:0
2010
06.05

酷暑?! 週刊十三峠

Category: チャリ   Tags:十三峠のどか村
のどか村 2010/6/5

結局、お昼から自由時間になったので、勇気を振り絞って行ってまいりました。

大阪、ドぴーかんです。太陽サンサン、むっちゃ暑い。
かような日は十三峠が最高っすね。(爆)

大竹7スタート地点付近で、なんか大学のサイクリングサークルっぽい集団とすれ違いました。

挨拶する子もいれば、目線を合わせない子もいるし、目線が合っても「Sit Down Please(昭和初期発音で)」な子も。自分が大学生の頃は、サイクリストに出会ったら両手を振って「ををーっ! こんにちわー!」ぐらいやったこともありましたけど…、まぁ、時代によって色々なんでしょうな。

この酷暑の中でも頂上駐車場は涼しい風が通っていました。日陰な場所がもっとあれば最高の休憩場所なんですけどねー。惜しいです。

今日は、奈良側に降りて、広域農道~信貴山:朝護孫子寺~のどか村~裏葡萄~大和川CR、といういつものポタコースで。

ご褒美 2010/6/5 今日のご褒美はコレ。

の後にもう1本あったんですが割愛w


Comment:4  Trackback:0
2010
05.22

週刊十三峠

Category: チャリ   Tags:十三峠
十三峠 2010/5/22

自宅~大竹7~十三峠~広域農道~朝護孫子寺~ござみねばし~金山媛神社~金山彦神社~青谷~大和川CR~自宅

先週と全く同じコース。

先週、金山媛神社の宮司さんからいただいた「ひも」の、なんとご利益のあったことか…。取り急ぎお礼をするために行ってまいりました。

失ったと思ってたものが戻ってまいりました。

2週間前には想像もできなかった「元通り」という夢が、近づいてきたようなそんな気持ちになれました。



ここ最近ずっとヘルメット下は帽子をかぶってるんですが、今日はなんとなく超久しぶりに暗黒技研バンダナを着用しました。

不確かな記憶によれば、前回着用は昨年7月にtakuさんと一緒に十三峠/信貴山をポタった時以来。

いや~、懐かしい。


Comment:7  Trackback:0
2010
05.17

何も考えなくていい時間が欲しくて…

Category: チャリ   Tags:十三峠
十三峠 2010/5/17
十三峠 2010/5/17
十三峠 2010/5/17

僅かのスキマに、自宅~十三峠を往復。


2010
05.15

まったり週刊十三峠

Category: チャリ   Tags:十三峠
十三峠 2010/5/15
ござみねばし 2010/5/15

ほんの僅かな時間だけでも忘れていたいことがあって、午後から行ってきました。

今日は、のどか村~裏葡萄へは行かず、青谷方面へ抜けて行きました。ござみねばしも久しぶりです。金山媛神社・金山彦神社にも立ち寄ってきました。

金山媛神社では偶然に宮司さんにお会いでき、僅かな時間でしたが色々とお話をいただきました。ご利益のある「ヒモ」を3本いただき、ありがとうございました。

金山彦神社に参詣しさぁ帰ろうとしたところ、まっこと偶然にも赤キャノンデールさんにお会いしました。

昨年12月に初めてお会いして以来なのに覚えていて下さって、声をかけて下さいました。ありがたいことです。

「今日は時間が無くて、ここを一本だけ」なんて軽く言っておられましたが、青谷→ござみねばし の斜度ったら凄まじいですのに…。

ロードバイクを手にしてかれこれ1年になりますが、まだ一度も「青谷→ござみねばし」を登ってないんですよねぇ。登りきれる気がしないから。(爆) HELIOSでは何度か制覇している坂なんですが、自分の脚では700Cではどうにもダメっぽくてねぇ…

まぁ、そのうちに気が向いたら、挑戦してみようかな…

青谷からは大和川沿いを通って帰宅しました。

例によって、大和川CRが、妙にきつい向かい風で超修行モードで…

僅か3時間ほどでしたけど、雑念を振り払って走ることに没頭できましたし、新たな出会い・久しぶりの出会いなんかもあって、充実した時間を過ごすことができました。

自転車に乗ってて良かった。坂道ポタリングしてて良かった。

火事遠景 2010/5/15 大竹7をスタートする直前、けたたましくサイレンを鳴らしながら上から消防車が下っていきました。

「何事かいや」と思ってあまり気にも留めてなかったんですが、登り始めてしばらくして、麓の方がやたらうるさいのに気づき、ループ橋のところで景色を見たら、なんとまぁ火事でした。

写真には写っていませんが、かなり強烈な炎もあがっておりましたです。

そうこうしているうちに、取材ヘリと思われるヘリコプターが1機、2機、3機。

火事は怖いですね~。空気も乾燥してますし、気をつけないといけません。


Comment:0  Trackback:0
2010
05.09

十三峠へ日参w

Category: チャリ   Tags:十三峠
十三峠 2010/5/9

要するに「日刊 十三峠」でしょうか。(爆)

久しぶりにチューブラーホイールが戻ってきて、我慢できずに今日も行ってまいりました。

昨晩の間に、前後ホイールのニップルを交換し、振れ取り・芯出し・テンション調整・タイヤ装着まで行っておきました。

で、今朝からホイールの回転バランス調整を…と思うたら、前輪に装着したタイヤサイドが傷んでるじゃあぁ~りませんか。(c)チャーリー浜

前輪タイヤを外してチューブラーテープを貼り直して新品タイヤに交換し、パンク予防のシーラントを入れて、ようやくホイールの回転バランス調整を行いました。

前後輪ともバランス調整し、横振れだけ再チェックして、ホイールは準備完了。

折角ホイールを外したので、普段手の届かないところもこの際掃除しておきましょう。ということで、自転車を天地ひっくり返してチェーンステー裏やシートチューブ裏、BB裏なんかの汚れをふき取っておきました。(けっこう汚れるのよねー)

久しぶりにチューブラーホイールを装着してみてニンマリ。なんかイイ感じ。ビンテージとは言えんけど、オールディーズなロードレーサ風味です。

こんだけやって午前中が終わってしまい十三峠へは午後に出発。で、むっちゃ暑い。昨日の疲れも残ってるし、大竹7到着時点でヤバそーな雰囲気。

自我を滅却し般若心経を唱えながら黙々と、登る、登る、登る、登る。

なんで、こんなにしんどいんでしょう。毎日来るよーなトコちゃいまっせ。(殴)

黙々と、登る、登る、登る、登る。

タイムは昨日の2分落ち。まぁ、坂道ポタリングなのだから、これでヨシとしておきましょ。

スプロケは12T-23Tで来たのですが、自分には12-25Tが似合ってるような気がしてきました。

頂上駐車場は、涼しい風が通ってて気持ち良かった。ゆ~っくり休憩してから、今日は大阪側へ降りていきます。

大竹5のメガネ屋交差点から北上し府道24号で俊徳道、布施~新深江~今里~玉造を経て上町Bici Terminiへ。

店の外でスタッフさんと話しこんでたら、超久しぶりにmottiさんが登場。mottiさんとはいつから会ってなかったんだろう…半年以上ぶりぐらいかしらん。仕事がとてつもなくお忙しいらしく、「しゃーないのでスプロケを27Tにしようかと…」なんて仰ってました。

ダメですw

小径車は、重たいギアをブンブンぶん回さないと35km/h巡航できません。フロント60T/50T、リア11T-21Tぐらいで。宜しくお願いします。

ウエパ仮店舗にも行ってこられたそうで、「7月ぐらいには本店舗も再オープン」という話があったとか無かったとか。

そうこうしているうちに盛豚さんがリカンベントで颯爽とご登場。店の横でいきなりメシですか。そうですか。

いつも通り、Bici Terminiには人が沢山集まってきます。

あまりゆっくりしてられず、ご挨拶だけ済ませてお先に失礼してきました。

ご褒美 2010/5/9 GWの本当のオーラス、天気にも恵まれ時間にもタイミングにも恵まれて二日間とも走りにいくことができました。脚も腕もプランプラン・ヘロヘロですが、心地よい疲れです。

残り少ない休日の時間は、ゆっくり心と身体を休めたいと思います。


Comment:6  Trackback:0
back-to-top