--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
12.12

STRIDAヘッドライトブラケットを交換

Category: チャリ   Tags:STRIDA
ストライダ ヘッドライトブラケット 2015/12/12 AKSLEN純正のCP-50ブラケットを入手し、STRIDAのヘッドライトブラケットを交換しました。

以前はミノウラのLH-50を使って、ヘッドライト(HL-90)に付属してきたブラケットを使用していましたが、見た感じもゴテっとしててあまり好きではありませんでした。

ヘッドライトを正面から見ると少し首をかしげてる状態なんですが、STRIDAのフレーム(Fフォーク部)の都合なのでしかたがありません。黒い三角形のSTRIDAロゴのヘッドバッヂを取り去るか位置を変えればもう少し矯正できるのかもしれませんが、アルミのヘッドバッヂが華奢なワリに強固な粘着テープで貼り付けられてて、綺麗に処置できなさそうだったのでやめました。

以前のブラケットは総重量が60g、今回の新しいのは20gと、大幅に軽量化できました(笑)。

特に何てことはない、しょーむないパーツ交換作業でしたが、久しぶりに自転車を弄ったような気がしました。今日は、12月とはとても思えない温かい日で、サイクリング日和だったかもしれません。


スポンサーサイト
Comment:0
2015
10.19

2015北信州旅行・雑感

Category: misc   Tags:STRIDA
前記事に書いてない事を少し書き連ねてみましょうかね....

まず、行き帰りの高速道路ですが、平日だったので大した渋滞も障害も無くけっこうスムースでした。行きも帰りも休憩した恵那SAも、大した混雑も無し。高速道路上では平均して「ぬふわkm/h」ぐらいだったのではなかろーか。また燃費については、1回めの満タン時の計測で約18km/L、全行程でもそれぐらいなのではないかと思います。POLOのカタログ上のJC08モード燃費は22km/Lだったかな。なかなかそんな成績にはならんです。

次に、秋山郷。これは本当に良いところです。「グルッとまるごと栄村」のサイクリングイベントが有名ですが、自転車で走るには、ほんと良いところかと思います。過年の大地震による災害からの復旧が今でも続いているのでしょう。道路工事が何箇所かで行われていました。また、道路位置やコースが変わっている部分もあるかと思うので、地図が古いとコースを見誤るかもしれません。ってゆーか、屋敷辺りだったと思いますが見誤りましたです。

雑魚川林道ですが、今では「林道・秋山線」というんですかね。秋が深まりつつあるこの時期は、最高の紅葉ロケーションが続きます。平日だったから通行量が少なくて良かったのかもしれません。通行量が多いと運転要注意ですわ。また、走る時間帯によれば(例えば朝早い時間帯などでは)、もしかしたら、バカみたいに頑張って走る人がいるかもしれませんので危ないかも。それと、志賀高原のどの辺りまでだったか定かではありませんが、雑魚川林道ほとんどのエリアでDoCoMoは圏外でした。場所が場所だけに他キャリアでも圏外っぽいですけど、要するに携帯電話系の通信ネットワークが無い事を前提にこのコースを楽しむ必要があります。

飯綱~戸隠~鬼無里~小川村~美麻~木崎湖のコースですが、戸隠から小川村まで、強烈なアップダウンの連続でした。自転車では相当な健脚コースだろーなー、と思いながら走ってました。でも、35年前は、飯綱高原から、どこかを通って大町温泉まで抜けたんですよねぇ....。途中の登り坂でほとんど気絶状態で走ったのを薄っすら記憶しています。

木崎湖~中綱湖~青木湖の仁科三湖ですが、湖周辺だけなら比較的気軽なポタリングコースと言えるかと思います。健脚向きには、小熊山から鹿島槍スキー場へ抜けるコースが良いのかもしれません。って、景色とかどうなのか全く知らないですけど。

白馬村は、いくら平日とは言えもっと人が多くて賑やかだろうと思ってたんですが、ゴーストタウンのようでした。店も宿も閉まってたし人は少ないし、ほんと何にも無いところでした。村から少し離れたところを走って、北アの雄大な景色を見るのが良いと思います。飯綱も木崎湖の温泉街も同じような感じでしたけどね。

ちなむと、飯綱での宿/木崎湖での宿は、どちらも「客はワタシ独り」でした。木崎湖の方は少し年季の入った民宿で、夜、廊下の先にあるトイレに独りで行くのが怖い感じでした(笑)。

乗鞍は、なんとなく「やり残した」感がありますねぇ。「STRIDAで完全登攀したかった」ということではなくて(笑)、ちゃんと計画/装備して行けば良かったと少し後悔してます。頂上も雲(霧)に隠れるようなことはなかったですし、気温/風は分からないものの、人も交通も少ない感じで天候を含め「ベスト」な日だったかもしれません。まぁ、またいつかチャレンジできる日が来るでしょう。

乗鞍アプローチの国道158号は、大型車/観光バスも含めけっこうな交通量だし道幅が無いので自転車の通行は無理だと思いました。

結論としては、やはり、何度でも行ってみたいですわ<信州


Comment:0
2015
10.17

35年前に辿った道を再トレース

Category: misc   Tags:STRIDA
遅れ馳せながら10月体育の日の週に夏休みをいただきまして、35年前にフルキャンピング装備で走ったところを再トレースしてみる旅行に行ってきましたのです。

秋山郷 2015/10/14
秋山郷 2015/10/14
秋山郷 2015/10/14
奥志賀 2015/10/14
渋峠 2015/10/14
木崎湖 2015/10/15
千国街道 2015/10/15
北アルプス 2015/10/15
白馬村 2015/10/15
乗鞍 2015/10/16
乗鞍 2015/10/16

今回のコースは、ベースは「35年前に通った(はず)の道」ですが、記憶が定かではなく道路自体もだいぶ変わってるだろうし「まぁ適当に」という感じで、自宅→中野(泊)→森宮野原→秋山郷→雑魚川林道→奥志賀→志賀→渋峠→万座→須坂→飯綱高原(泊)→戸隠(奥社)→鬼無里→小川村→木崎湖→中綱湖→青木湖→白馬→JR大糸線→木崎湖(泊)→安曇野→乗鞍→松本→自宅、という感じで繋いでみました。

この全コースを、上の写真にあるように全てSTRIDAで…なんてことはあるはずもなく(すんません!>itaさん)、POLOでの移動がメインでございました。買って3年で2500kmしか走ってなかったクルマが、この4日間で1300kmも走ってしまいましたさ。

上の写真の最初5枚はフェイクです(笑)。秋山郷では僅かに実走しましたが、STRIDAなんぞで走るコースではないですね。ロードバイクにぴったりな感じです。冠雪と紅葉と青空の見事なコントラストに圧倒されました。

切明から雑魚川林道に入るまでの登り、35年前はダート路面で自転車を漕いでは登れなかった(後輪が滑る)のですが、全面舗装で快適な道路になってました。雑魚川林道もフルダートだったのが全面舗装になっていて、めっちゃ快適でした。

志賀高原・丸池から渋峠へのコースは、平日でしたが車の通行量が多くて、道幅に余裕がある感じではない為自転車で走る(登る)のはリスキーな感じでした。35年前はそんな感じは受けなかったように思うのですが…。

万座から須坂への下り(万座道路)は、35年前の記憶と変わりなく豪快な下りでした。道幅は広くなくタイトターンも数多くあるので、呑気に下りを楽しむコースではなく、全神経を集中して対応する必要があります。

飯綱高原は、とてものんびりした良いところでした。朝日に照らされた全面紅葉した飯綱山は、背景の青空と相まって素晴らしい姿でした。

35年前は飯綱からどういうコースを辿ったのか記憶が定かではありません。今回は、戸隠神社(奥社)に参詣し、その後鬼無里を経由、小川村を経由して木崎湖に向かいました。コースの途中から西方向に視界が開けると、圧倒的な迫力をもって北アルプスの山並みが見えました。標高の高い山は既に冠雪しており、麓の緑、山肌の紅葉、山頂の冠雪、青空、という見事な見事な景色を見ることができました。

木崎湖から中綱湖/青木湖を経て白馬村まで、約30kmほどサイクリングしました。コース上に「山」は想定してなかったのですが、随所に現れるアップダウンがかなり大変でした。「ロードバイクだったら最高やったのに…」と、ここでも思いました。白馬から宿のある木崎湖まではJR大糸線で輪行で戻りました。計画時点では「時間と元気があったら走って戻ろ」なんて気楽に考えておりましたが、時間はあったものの元気は無く、輪行以外の選択肢はありませんでした。

最終日は「ここまで来てるんだから、乗鞍へ行ってみよ」ということで、あまり深く考えずに国道158号から県道84号を辿ってアプローチしました。三本滝レストハウスまで車で到達することができ、冠雪した山頂を拝むことができたので「ま、これでヨシとしとくか」と思っていたのですが、車止めのところで警備をしておられる方と少し話をしたのですが、「ま、行けるんじゃない?」みたいな予想外に気楽な反応が返ってきたので、「じゃぁ、行ってみますわ」ということで、あろうことか、STRIDAで乗鞍ヒルクライムへ(爆)。

最後の2枚の写真が乗鞍です。スタート地点が標高1800mぐらいで、そこからたぶん5kmぐらい走ったところで標高2100mぐらいかなぁ(GPSログによれば)3.3km走って標高2049m地点でしたが、これぐらいまでで精一杯でした。後先何も考えなければまだ頑張れましたが、大阪まで車を運転して帰らなきゃならん日でしたのでムリはできません。

ここでも、「ロードバイクだったらなぁ…」と思ってしまいました。少なくとも、STRIDAで到達した地点までなら、大した坂はありませんでした。この程度の斜度で頂上まで行けるんなら、ロードバイクならあまり苦労は無いだろうなぁという感じです。行ってないので、実際どうなのか分かりませんけど。

っというような感じで、3泊4日の旅を楽しんでまいりました。


Comment:6
2015
05.30

STRIDA・輪行用ショルダーベルト

Category: チャリ   Tags:STRIDA
STRIDAの輪行には純正の輪行袋を使っていますが、これを担ぐ時は横持ちで担ぐことになります。

担いで歩いている時は良いのですけど、一旦立ち止まってSTRIDAを置く場合や再度持ち上げる場合には、「よいしょっ」という感じで屈まないとダメなんですよね。それが鬱陶しい。しんどい。つらい。面倒だ。嫌だ。

で、横持ちで担がないことにすると、ステム部を手で持って歩くことになるのですけど、STRIDAの高さが非常に微妙なんですよね。僅かに持ち上げないといけない。少しの間なら辛抱できるんですが、10kgを超えるモノを「僅かに持ち上げておく」のは非常に鬱陶しい。しんどい。つらい。面倒だ。嫌だ。

STRIDA 2015/05/30 っということで、長年の恨みを晴らすべく、某急ハンズで耐荷重80Kgのショルダーベルトを調達し、左記のような感じで縦持ち式で担げるようにしてみたのであります。
STRIDA 2015/05/30 中身はこのような具合で、全知全能とウルトラ・ローテクを駆使したものとなっております。

ステム部は、最初は前部を回してみたのですけど、輪行袋のクチが大きく引っ張られてしまう格好になるので、やむをえずこのような形式に。

もう少し美麗なスタイルを研究したいところですが…
STRIDA 2015/05/30 サドル部は、ヒモが溝に収まるので使わない時も邪魔になりません。両端を結んであるので抜け落ちることもありません。

これで、STRIDAの輪行がさらに便利に快適になります!

ええ。はい、その通り。
便利になるからと言って、輪行する機会が増えるわけでも、STRIDAを使う機会が増えるわけでもありません。

ま、「いざっ!」て時に備えて、の事です。(殴)

でわまた。ごきげんよう~


Comment:2
2014
11.03

STRIDAにサイコン

ASG-CM31 on STRIDA 2014/11/03

諸事情により取り付けベースが余ったので、STRIDAにもASG-CM31を付けれるようにしました。

輪行時にステム付近を手持ちすることを考慮して、最初、MINOURAのLH-50を使って前に突き出すような格好にしてみたんですが、ゴテゴテ感があるワリに特段の効果も無かったので、最もシンプルな取り付け方法にしました。

センサーは付けていないのでGPSによる計測オンリーです。まぁ、スピードセンサーやケイデンスセンサーが要る自転車じゃないですしね。(笑)


Comment:0
2014
09.27

明日香村を(ママチャリ)ポタリング

明日香村 2014/9/27

せっかくの良い天気の休日、ひきこもらーではMOTTAINAI。

特に「何が」という事ではなかったのですが、完全な思いつきベースで奈良明日香村を家族3名でポタリングしてきましたのです。

自分はストライダ持ち込み、2名は石舞台んトコのレンタサイクルで。

山はまだ青々としたままでしたが、上の写真のように、付近はもう秋色していました。

辺りは田園地帯でそれなりのアップダウンがあるのですが、ヒーヒー言って漕ぎながら、押しながら、のんびりと走り回ってきました。


Comment:2
2014
07.13

ストライダ微改良

Category: チャリ   Tags:STRIDA
ストライダの「最大の弱点」と思っているのがサドルを支えるベース部(プラ製品部分)なんですが、乗って漕いでるとたまに「コクっ!」って感じで左右にズレるっぽい感覚が伝わってくるんですね。

っという伏線があり、部材が調達できたので、作業してみたのであります。

STRIDA 2014/7/13

見てお分かりの通り(?)、通常は1本だけのサドルベース部を支えるピン部品を、もう1本追加して強度を倍増するんやで!作戦です。(なんやそれ…)

STRIDA 2014/7/13

右側が元から付いてたピンで、左側があらたに調達したピンです。で、微妙にサイズが違ったのには、少し焦りました。(笑)

元のは直径4mmジャストでしたが、調達した方は4.1mmで、フレームの穴と合いませんでした。製造年式によっていろいろ変更(改良)されているのでしょう。「合いません」では済まないので、「合わぬなら、合わせてみよう、ほととぎす」ということで、丸ヤスリでフレームの穴を少し加工しまして、無事装着完了です。

強化工事の効果は全く分かりません。(爆)

唯一明確な効果は「プラシーボ効果」と言われるもので、「自分、頑張ったから、"ぜったいに効果ある"と強く思える」という効果です。(殴)

この強化策を実施すると、サドルベースの取付位置が強烈に制限されます。高さ調整位置が上段2つしか選択肢が無くなりますので、参考にされる方は要注意でお願いします。

あと、もう1点。以前、ドロだらけの道を走ってしまった時に猛烈にドロはねになった時に思いついたコト。

STRIDA 2014/7/13

前輪側にもマッドフラップを装備しましたのです。

だいぶ以前にみやっち店長からいただいてたBici Teminiステッカー、ストライダフレームにようやく貼り付けました。

Terminiパワーも頂けましたし、これからバンバン走りますよ~、と言いたいところですが、世の中なかなかそう上手くはいかないモンで…。ま、ぼちぼち、頑張っていきまひょ。


Comment:4
2014
05.18

チャリンコウ通勤 de 休日出勤

Category: チャリ   Tags:STRIDA輪行
チャリンコウ風景 2014/05/18

↑ 休日なので会社の自席の横に折りたたんで袋詰めしたSTRIDAを置く、の図

昨日17日(土)、いろいろ事情があって休日出勤しておりましたのです。

朝は「少し寒いカモ…」という感じでしたが、帰りの暑さを考慮して半袖ポロシャツで通勤しましたが、帰りも少し寒い感じで体調を崩しそうでした。(なんやそれ…)

帰り途中、上町のBici Terminiに立ち寄りましたら、沢山のお客様で賑わっておりました。店頭の水色のBromptonを女性が試乗しておられ、店長はその応対にお忙氏のご様子。そのすぐ横に見慣れない…いや見慣れた感じのオヤジさんがおられて、「???」と思ってたら、あいや~! ふみまろさんじゃござんせんか。

たいへんご無沙汰。店先でしばし歓談。SPEEDのクランク取り外しでお店にいらしたとの由。オクタリンクの105クランク、良い感じっすね。自分の(ロードバイク)にも欲しい感じがしました。でも、クランクより高価なBBに玉砕です。(笑)

そんなこんなで、そそくさと家路を急ぎ、家に帰ると

Nexus7(2012) ドッキングステーション 2014/05/19 こんなのが届いてたり

Anker 5port/40W 急速充電器 2014/05/19 はたまた、こんなのが届いたりなんかして

翌(日)には、USB充電器と充電ケーブルだらけになっていたPC机の上が少し綺麗に片付いたりしたのでありました。

あ~~、それはともかく、久しぶりに会社→自宅の15kmをストライダで走りましたが、あ脚が…膝が…


Comment:2
2014
04.14

さすが、大阪市営バス

Category: チャリ   Tags:STRIDA輪行通勤
至って気軽にカジュアルに、自転車へ幅寄せして下さいます。

もうかれこれ何度目でしょう…

今日も、帰りの勝山通りで、2車線の中央寄りが空いてるにもかかわらず、わざわざ左端を走る自転車の50cmぐらい横をアクセル・オンで走り抜けて下さいましたわいな。

こちらも、できるだけ蛇行しないペダリングを心がけて走っていますので、後ろから見てて「あまりブレない奴やから、ギリギリ通しても大丈夫やろ」みたいな軽ぅ~い気持ちで迫ってきてくれてるのかもしれません。しかし、こちらの足元に石ころ1つぐらいあるだけで救急車か霊柩車のお世話にならんとあかんかもしれないので、なかなかスリリングな大阪市内交通モードでありまする。

大阪市営バスの運転手全員がそうだ、という事では無いです。
全く普通に丁寧に運転する職員もおられます。

ただ、「そうではない職員」の比率が高いように思う、というだけの話です。


Comment:2
2014
04.12

ヘッドライトの位置調整ごっこ

Category: チャリ   Tags:STRIDAAkslenHL-90
「ごっこ」て何よ…

それはともかく(ぉぃ)、ヘッドライトの取り付け位置を少し見なおしてみましょうか、ということで。

STRIDAヘッドライト位置 2014/04/14 こんなんできました~

重たいものがハンドルバーの上みたいな高い位置にあるよりも下にあった方がバランス的に良いでしょうし、いちおう、前から見て自転車のセンターに合わせられたので、まぁ良いのではないでしょうか。

と自画自賛。(爆)

STRIDAヘッドライト位置 2014/04/14
なんとなく右図のような取り付け方も考えてはみたのですが、タイヤが邪魔になって右側方向を照らせなくなるのは全くよろしく無いですし…

ということで、冒頭のような案でいってみましょうか、ということになりました。

輪行時も、全く測ったかのように上手く収まってくれます。

STRIDAヘッドライト位置 2014/04/14 スタンド/クランク/駆動ベルト等で囲まれた中ですので、どこかにぶつけて取り付けステーを壊す/ライトを失くすとかいった輪行中の事故も防げましょう。

ヘッドライトをハンドルバーに取り付けた際に書いていた「少し心配な部分がある…」というのは、この輪行時の事故の事でした。

【翌日追記】
何げにモジャさんのページを見ると、さすが先達様。使用部材は違いますが、同じ位置にセッティングしておられました。ゴテゴテしないスマートなアタッチメントを使用しておられますし、上手にまとめておられます。私もマネさせていただこうかしらん…、てか、そんな為に無用のテールライトを調達しても意味無いし…


Comment:2
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。