FC2ブログ
2019
04.14

桜ラストチャンス

Category: チャリ
金山彦神社 2019/04/13

週末の(土)(日)、「天気が良いのは(土)のみ!」との事だったので金山媛神社/金山彦神社に参拝サイクリングしてきました。

上の写真は金山彦神社の残り桜。少し強めの風が吹いており桜吹雪が見事な感じでしたが、この1週間前にクルマで参拝に来た時は、もう絢爛豪華という感じに超絶見頃な状態だったのですが、あっという間に時間が過ぎてしまったようです。

さすがにお天気の良い休日。大和川CRにも本堂高井田線にも多くのサイクリストがいらっしゃいました。

金山媛神社や金山彦神社は本堂高井田線沿いにあるのですが、立ち寄るサイクリストは非常に少ないです。閑静な感じがとても落ち着く空間で、気持ちを鎮めるにはぴったりの場所。自分には「無くてはならない場所」です。


Comment:0
2019
02.24

破損

Category: チャリ
STRIDA 2019/02/23

ストライダのチェンリング(つーかベルトリング?)にはベルトがリングから外れないよう左右両側に数箇所の爪があるのですが(上図の赤○印のようなもの)、ふとした不注意でこの爪を1つ割ってしまいました。

折り畳んだ状態のストライダを持ち運ぶ際、自分はいつもサドル下のベース部に手をかけ少し持ち上げるようにして運ぶのですが、今日たまたま玄関先で折り畳んだ状態で置いていたものを定位置の保管場所へ移動する際、そのように持って歩きはじめたところ、アンダーパイプが前側に倒れていき、チェーンリングの下側が地面(コンクリート)に激突。バキっ! という音と共に何か破片のようなものが飛んでいって…

よくよく見たら爪が1つ吹っ飛んでた、と。

こんなことが起こってしまったそもそもの原因は、リクセン対応した結果、きちんと折りたたむとリクセンアダプタがベルトに干渉してしまっていること、です。干渉したまま保管するのも「まぁあんまし良くないよな」ということでアンダーパイプを正規の位置の少し手前で止めて干渉を回避しておったのです。

その状態のまま立てて持ち運んだもんだから、きちんと止まってないアンダーパイプが前に倒れて…という次第。

とりあえず、僅かな損傷で済んだので、ストライダの実使用には問題は無さそうですが…。にしても、つまらんエクスキューズを残したまま放っておいたのがダメなワケで、我ながら情けなさすぎて…。ガックシです。


Comment:0
2019
02.03

リフレクタの再装備

Category: チャリ
リフレクター 2019/02/03

ストライダのオリジナルは、キャリアラック下にぶら下げる格好でリフレクタが装備されていましたが、ラックごと撤去してしまったのでその代替装備を手当しました。

どこにどう取り付けるのが良いのか悩んでましたが、上図のように上手くブレーキアウタを跨いで(挟んで?)CATEYEのリフレクタ(RR-165-BS2R)を取り付けることができました。取付バンドはユニバーサルサイズ(544-0892)のを使用しました。

上の写真では分からないですが(爆)、ブレーキアウターには全くムリがかかっていません。ドロヨケの取付部があってこれより上は無理でしたし、フレーム(シートパイプ)上でのリフレクタ取り付け位置はほぼこの一択でした。フレーム(アンダーパイプ)上ならもう少し自由度がありますが、位置が下過ぎるのと幅方向に出っ張るっぽいのを嫌いました。

これでまた1つ問題解決です。


Comment:0
2019
01.27

空き地の有効利用

Category: チャリ
ストライダのBB付近 2019/01/27

先日書いておりました「BB付近の空き地を有効利用できないか」というのは↑この部分のこと。ポカ~んとクチを空けてるだけで、もったいない感じ(笑)がするのですよ。(要するに貧乏性)

奥行きは40mmあって左右両側からフタしたら、替えチューブとか工具とか常備品を入れとくのにイイんじゃね?なんてことを妄想しておりまする。上手にギューギュー詰めにする必要があるのですけれども…


Comment:0
2019
01.19

続・ストライダのリクセン対応

Category: チャリ
ストライダ&リクセン 2019/01/19

ひとまず、やりたかった事の1つがこれ。フリーパックも無事装着できるようになりました。

残る課題は2つ。1つは輪行袋のリクセン化。もう1つは替えチューブやパンク修理道具等の常備品の処置。

輪行袋のリクセン化は、まぁアダプタプレートをどのように処置するか、なのですが、袋の出し入れの簡便さ収納の手軽さが重要で、何か部材を手当して対応するか袋自体をリクセン化するのが良いか、考え中なのです。

2つめの常備品の方は、何かバッグを取り付けて乗るならバッグの中に入れとけば良いのですが、バッグを付けずに乗る機会も想定してどうにかスマートに保持できないものか…と。ウルトラC的に、ストライダのBB付近の空き地を上手く利用できないか…とか。


Comment:0
2019
01.15

ストライダのリクセン対応

Category: チャリ
ストライダ・リクセン化 2019/01/15

まぁ、いろいろ思うところあってリクセン対応してみようと思い立ったしだい。

定石ではKR851キャディを使うのでしょうが、貧乏性な当方は余剰資材活用が座右の銘である為(大嘘)、TIOGAフロントバッグホルダ+KF810+KF828でいってみよっ!ということで、この3連休にチマチマと作業しておったのです。

絵姿は上図の通り。使用予定のバッグは、アレグラ(KT817)・マッチパック(KM823)と、ラインナップから外れたフリーパックメタ2の3種類。アレグラとマッチパックの取り付け/使用は問題無し。フリーパックを取り付けるとバッグ先端がサドル後端と干渉するので、セッティングをもうちょい煮詰める必要あり。なんてたいそうなことはなく、十分な長さのおじぎ防止用ワイヤーを用意すれば済む話。

他にもまだ問題はありまして、大きな障害/機材破損につながるほどのものではないはずなのですが、下記の図の通り、アタッチメントがドライブベルトに接触しておるのですよ。TIOGAフロントバッグホルダの取り付け位置はこの位置のほぼ一択。アダプタのアルミパーツを数mmほどオフセットすれば駆動ベルトをかわせるのですが、良い手段が思いつかず、頭も手も動かずでそのまんま。

ストライダ・リクセン化 2019/01/15

輪行時/保管時に、この状態であることをちゃんと理解しておけば、大した問題にはならないはず。なので「ま、いっか」と。

で、こんなことして、何が嬉しいのか。という問いに対する答えを模索する日々が始まりましたのです(殴)。

いとをかし。


Comment:0
2018
12.02

信貴山へろへろごっこ

Category: チャリ
のどか村 2018/12/02

ほんとに久々ですが信貴山のどか村まで行ってきました。自ブログの記録によれば2013年9月にある記録が最後で、それ以来ということになります。

サイクリング自体がほぼ一ヶ月ぶり。寒いのか暑いのかよくわからない季節感の中、「脚だるい…」だの「体調いまいちかも…」だのネガティブな思いを胸いっぱいにして行ってみましたが、けっこー大変でした(笑)。

家を出てワリとすぐに本日の衣装選択を誤ったことに気づきましたが、ウィンドブレーカでごまかして、そのまま突撃。

青谷手前で、前をいくフラットバーロードなのかクロスバイクなのか良くわかりませんでしたが、どんどん近づいてきて、「あー、だいぶペースが違うなー。」と思ってたら青谷から堅上の方へ登っていかれた。「こりゃぁ、登りで追いつくな…」と思ったのもつかの間、みるみる差が開いていきます…。にわかには信じられなかったのですが、僅かに見えた車体から、ごっついダウンチューブのフレームが…もしかして電池付き?…ということで、気を取り直して無視してわが道を行くことにしました。(E-Bikeなるものが増えてくると、こういうケースが多くなる、てコトですよね…)

今日の予定コースは、青谷~河内堅上~三郷町~奈良学園大の裏山登攀~のどか村~柏原霊園~御座峰~金山媛神社~金山彦神社、でした。

でしたのですが、奈良学園大横の激坂を登ってる最中でほぼ撃沈気味。イヤイヤながらだらだらと登り、見晴らしの良さそうなとこで止まっては写真を撮り…てなヤル気無い気マンマン状態で、「のどか村はやめて、いつもの神社に参拝して帰ろか…」と思ったのですが、何故かハンドルはのどか村方面へ…

のどか村の入り口んとこの広場のベンチで動けなくなっておりました(笑)。

予定コースではここから柏原霊園を下ってから本堂高井田線で御座峰まで登り返して…ということになりますが、脚とココロにそのような余力は残っておらず、素直に裏ぶどうを経由して帰路につきました。

ユピテルのASG-CM31というGPSサイコンを長らく使ってきましたが、異常な計測値が頻出するようになってきました。競技志向でもなく計測値に極端に拘ることは無いのですけど、平均時速240km/hだの消費カロリーが1億3800万kcalだの、ふざけた数字を見続けるのもどうかと思い始めました。

代替品を検討する必要がありそうです。


Comment:2
2018
11.04

3社詣・いつもと違うコース取りで

Category: チャリ
御座峰 2018/11/04

ふとした思いつきで、今日は三郷町の奈良学園大から山へ入り雁多尾畑をグルっと周るコースにしてみました。

今の時代、車が通れるコースならだいたいストリートビューで見ることができるので、事前の予習と言うか心構えをすることができます。ということで、事前にココロの準備をしていったのですが、「見間違える」「読み違える」という事はまぁあることで、激坂を堪能させていただくハメになりました(爆)。

青谷からJR河内堅上へ抜け、峠→三郷町からとりあえず龍田大社に参拝。で、ここから奈良学園大に向かってそこから山へ入っていきましたが、大学付近はけっこう強烈な坂でして、後からルートラボとか見たら、緩くて15%前後、きついトコで20%超、こういうのが奈良大阪の県境まで数百m続きます。その後は普通に数%の坂になり、一部下りも含まれた林間コースになりますが、なかなか大変でございました。

とりあえず、足つき/休憩無しでいけたのでヨシとしておきます。

【後日追記】
今回のサイクリングから、サドル高を3mmほど上げました。「上げた」というか、膝の具合からずっと下げたままだったのを元に戻しました。脚を回すのが少しラクになった感じがします。このままの状態でしばらく様子見。


Comment:2
2018
11.03

好天に誘われフラフラ~っと

Category: チャリ
ストライダで大和川CR 2018/11/03

ストライダのハンドルバーを交換した時、古い方のストレートバーからグリップが抜けず、そのまま放置してたよな~。556吹きまくってリベンジしてみるか

なんてことをふと思いついて、玄関先で作業してたのですが、思った以上にあっさり抜けてしまいまして拍子抜け。

ではなくて、お天気が良く寒くなく風も無く「こりゃ、ちょっとだけでも走りに行かんとあかん日か~」という気がしてきて、準備の楽なストライダで近場へ出陣してみたのであります。

地元の古ぅ~い裏路地を辿りつつ大和川CRまで。(行って帰って5kmほど)

ま、のんびり・まったりと良い感じでございました。
長く乗ってなかったストライダも快調そのもので、安心しました。


Comment:0
2018
10.14

3社詣のみ

Category: チャリ
龍田大社 2018/10/14

金山媛神社・金山彦神社は、来週末に秋の例大祭があるようで大勢の方が準備作業を行っておられました。だんじりの試験曳きも行われておりました。

上の写真は龍田大社。河内堅上も同様ですが、紅葉はもう少し先、ですね。

さすがに半袖ジャージ+ビブショーツでは寒すぎて、アームウォーマとニーウォーマを使用しました。坂道を登ってると暑いんですけど、それ以外ではけっこう寒いので…。

昨年秋の信州行に合わせて新調したSUGOIのアームウォーマがブカブカで合わなくなってしまい、「きつすぎて使えな~い!」となっていた古いアディダスのアームウォーマがぴったしカンカン。ニーウォーマは「なんとか使えるか…」という感じですが、腕も脚も細く(=弱っちく)なっちまいやした…。


Comment:4
back-to-top