--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
09.19

高級(?)文鎮モードからの生還

Category: Android
予備機の方ですけど、少し冒険をしてかなり新しめ(=かなり実験的)なモジュール類を導入してみたのです。

導入当初は特に何事もなく「まぁ、こんなもんか」という感じに呑気に見てられる状態だったのですが、ある日から突然、起動しなくなりました。電源オンしても初期のバイブレーションが起こるだけでウンともスンとも言わず。充電装置に繋ぐと充電は始まるようですが、起動しないことには意味がありません。 というような状況になって、予備機ということもありしばらく放置してたんですが、この3連休の中日に思いついたようにリカバリー挑戦してみることにしました。

リカバリーの大方針(というか前提)は「元あったシステム/データは全て諦める」ということ。

ひとまずメーカ純正のソフトウェア環境にする。自分向けのカスタマイズ(設定)はその後にやる。

ということで、第一段階のやり方は全てこちらに書いてある通りにやるだけ。

なんとまぁ見事に復旧できましたがな。ありがたいことです。

その後に自分向けの設定をやっていくのですが、やるメニューの中にはroot権限が必要な操作もあるので、どうにかしてSuperSUを導入しなきゃなりません。過去にやっていた手法を試してみるも全て玉砕。困った時のxda頼みということで、見つけたのがこれ

etheredTWRP_onMM 2016/09/19
実際にも↑の通りで、拍子抜けするぐらい簡単にテンポラリなTWRPを起動でき、起動したTWRPからSuperSUを導入できました。

っということで、メーカ純正Marshmallow(rooted)な環境になって戻って来ました。

閑話休題。

「性能怪獣」と豪語して登場してから早や1年と数ヶ月。しかしてその実際は、ハード的にもソフト的にもメーカ側の失態が続いた上に、Intelがチップのディスコンを発表という追い打ちをかけたことで、希少種のx86スマホは風前の灯状態。

OSに関しては、バージョンアップなんてどうでもよくて、Googleがリリースするセキュリティパッチを正規のタイミングで取り込んでユーザに提供してくれたら充分なんですが、それすらもまともにできない状態では、長く使い続ける気も失せてくるというモノです。

少し遠くを見つつ「次の事」を考えておきたいと思っています。


スポンサーサイト
Comment:0
2016
05.22

システムバックアップ

Category: Android
「なんでもかんでも書き戻せる用に」ということではないけど、持ってると救われることもあるだろう…ということで/data以外の全パーティションをddでバックアップ。採取した*.imgファイルは全て母艦側にて保存。

Zenfone2(ZE551ML)の場合、パーティションは以下の通り。
root@Z00A_3:/ # ls -la /dev/block/pci/pci0000:00/0000:00:01.0/by-name
ls -la /dev/block/pci/pci0000:00/0000:00:01.0/by-name
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 ADF -> /dev/block/mmcblk0p17
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 APD -> /dev/block/mmcblk0p16
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 boot -> /dev/block/mmcblk0p1
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 boot-one-shot -> /dev/block/mmcblk0p5
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 cache -> /dev/block/mmcblk0p15
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 config -> /dev/block/mmcblk0p14
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 data -> /dev/block/mmcblk0p19
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 factory -> /dev/block/mmcblk0p12
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 fastboot -> /dev/block/mmcblk0p3
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 misc -> /dev/block/mmcblk0p13
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 panic -> /dev/block/mmcblk0p11
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 persistent -> /dev/block/mmcblk0p9
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 ramdump -> /dev/block/mmcblk0p6
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 recovery -> /dev/block/mmcblk0p2
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 reserved -> /dev/block/mmcblk0p10
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 silentlake -> /dev/block/mmcblk0p7
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 splashscreen -> /dev/block/mmcblk0p4
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 system -> /dev/block/mmcblk0p18
lrwxrwxrwx root     root              2016-05-22 14:21 userkeystore -> /dev/block/mmcblk0p8
root@Z00A_3:/ #
「転ばぬ先の杖」ならぬ、思いっきりスっ転んだ後ですけど、fastbootモードさえ使えれば比較的手軽に生き返る可能性が高まります。

この作業とフォントの書き換えをやる為だけでもrootを取る意味があるんですよねぇ。


Comment:0
2016
03.20

New Firmware JP_2.20.40.174 for ZenFone2 (ZE551ML/Z00AD)

Category: Android
諸事情がありまして、カスロム方面から純正システムに戻っております。

というのは半分ウソで、本体の電源装置事情が我慢できない状況に陥ってしまい、今年初に本体もろとも新調したのであります。

実はこれにも少しだけドラマがありまして、買って帰って「まずは充電から」始めたのですが、ぜんぜん充電しやがらない。30分待っても充電が始まらない。「また…、カスを引き当てたか…」と落胆この上なかったのですが、ダメモトで一晩放置しておいたら、満充電しやがりました。

が、話はそれでは終わらなくて、電源周りで妙な挙動が続きました為、やむなく再度ショップを訪れ事情を説明して店頭在庫の代替品と交換(いわゆる初期不良交換)していただき、ようやく正常品を手にしたのでございます。

前のは4GB/32GBのZE551ML(Z00A)ですが、今度のは4GB/64GB(Z00AD)となります。ついでにMicroSDも64GBのを突っ込んで、ストレージ容量的にはまぁ不足を感じることは無いでしょう、というモノにしておきました。

で、新しい方は気軽にカスロム方面にはゆかず、じっくりと純正システムを使ってみてやろーじゃねーかこのヤロー!って感じで(意味不明)、ASUS純正のMarshmallowの具合を体験し見定めるまでは純正でいってみようかと考えまして、今現在も純正ベースのシステムを利用継続しています。

「純正ベース」と書いた理由は、運用上の不安を一掃するには「純純正」では全く追いつかないので、Tethered Temporary TWRP Recoveryを使ったシステムバックアップ取得と、同ツールを使ってSuperSUの導入、及び、root化前提アプリをいくつか使用、という環境であることに由来します。(xposedを入れるぐらいならカスロムに行くです)

純純正のバカチョンOTAはできなくなるのですが、簡単な手作業込みでASUS純正システムアップデートも利用できますので、とりあえず当面必要な操作性は確保できた状況です。

ZenFone2は、スマホ界では希少種のx86アーキテクチャで、Android OSの開発でも何か苦労があるんでしょうね。同Archのスマホが他にあまり出てこないのも、そういったことが根底にあるんだろうと思いますが、2015年の登場時には「性能怪獣」と称して大々的(?)に出てきましたが、まぁ、パフォーマンス的には「それらしい性能」はあるものの、それより何より「電力怪獣」であることの方が問題です。

前述の純正ベースのシステムで、実使用として我慢できる範囲の省電力設定をしていても、バッテリーの減りはかなり急峻です。会社支給のiPhone6sと較べて圧倒的に早い。「1日もたない」という事はありませんが、2日はもたない。今ドキの若い人のように「四六時中スマホを使ってる」ような使い方は一切しないですが、バッテリライフはこのような状況。

アプリのレイヤではないもう少しシステム寄りの部分で電力消費を進めている理由があるような気がしますが、手出しのしようがありません。「Airplane modeを有効にすると、スリープ中の消費電力が改善される」という情報があります。事実そうなのかもしれませんが、実用的にその選択肢は採れないので、なんともしようがない、という感じです。

というような状況で、少々手強いめのハードウェア/システムと付き合っています。

「ファームウェアのアップデート頻度が少なすぎやんけ!」と不評な感じのシステムですが、つい先日、掲題のアップデートがリリースされました。

前述のような「若干手を加えた純正ベースシステム」の為、フールプルーフなOTA Updateはできませんので、ざっくり以下のような段取りでアップデートを実施しています。

  1. Tethered Temporary TWRP Recoveryでシステムバックアップを取る
  2. ExternalSDのルートに、適用したいファームウェア(Full)を"MOFD_SDUPDATE.zip"のファイル名で置く。(元は UL-Z00A-JP-2.20.40.174-user.zip のような名前。ファームウェアダウンロードページはこちら)
  3. 本体ボタン操作により本体内蔵の純正Recoveryを起動する。

    すると自動的に MOFD_SDUPDATE.zip を見つけて勝手にUpdateが始まる。
    それなりに(想像してる以上に)長い時間かかる。
    且つプログレスバーは全部進まない。
    1/3ぐらい伸びたところで止まった感がしてビクついた頃に勝手に再起動する。
    と、後は自動的にスタートするので、更新後のシステムが起動した後、

  4. Tethered Temporary TWRP Recoveryを起動し、ZenUI Debloaterを使って一括で/systemの無用なアプリを消す。(当方ではEssentialを利用)
  5. そのままのTWRPで、SuperSU をインストールする。
  6. さらに Wipe Dalvik/Cacheしてからリブートする。
  7. 起動後、GreenifyにSU権限を付与
  8. System App Removerを使って、さらに無用なアプリを消す
    Dr.Booster
    Music
    Splendid
  9. MicroSD上に作成してあるfonts.xml, fallback_fonts.xml, *.ttf(現在はRoundedMgen+を利用)を導入して、システムフォントを入れ替える。
  10. 以上が終了してから、最後にもう一度リブートして完了。

っというような具合です。

システムフォントの入れ替えをやっている理由は、純正状態では、ロケールをEnglish(US)に設定していると日本語が中華フォントで表示されてしまうので、正しい日本語フォントが表示されるよう対策するのが目的です。ロケールが日本語では、内蔵のNotoSansJPやモトヤマルベリのフォントで表示されると思うので、この問題(中華フォント問題)は起こらないと思います。

このフォント対策の為に/system/fontsにRoundedMgen+のフォントファイルを置く必要があるのですが、純正システム状態では/systemの空きが不足していて入れれません。なので、空き領域を確保する為に ZenUI DebloaterやSystem App Removerを使って余計なプリインストールアプリを消しています。容量的にはZenUI Debloater(Essential)するだけで充分なんですが、目につくところに目ざといものが残るのもイヤなためSystem App Removerまで使っている、というワケです。

フォントの入れ替えについては、色々悩みました。Androidが起動しなくなったこともありましたが、今思えば

  • 自分に必要なフォントファイル群を入れれるだけの空き容量を/systemに確保する
  • フォントファイル群を/system/fontsにコピーする
  • /system/etcのfonts.xmlに必要な記述を追記する

というだけで良いような気がします。(fallback_fonts.xmlまで弄る必要は無い)

それで、本題のJP_2.20.40.174ファームウェアの事ですけど(爆)、以前までは /sdcard/* で内蔵SDにアクセスできていたのが、/storage/emulated/0/* でないとダメになっています。(/mnt/sdcardも同様)

ま、そうと分かっていれば大した問題じゃないんですけどね。なんちゅーか…

自分、何か勘違いしていたのか単に見間違えたのか、ちゃんと/sdcard/* でアクセスできるようです。(爆)
前のは何やったんやろ…。ま、もうどうでもエエけど…。

っというような感じです。

ZenFone2(Z00A/Z008)向けのCyanogenMod13がOfficialになりましたので、CM13はもとよりCM13ベースのカスロムに乗り換えるのも少し気楽になったように思います。メーカサイドよりもずっと早くにMarshmallowになっていますし、月次でリリースされているAndroidのセキュリティパッチの取り込みも、カスロム方面の方が早いです。っていうか、ASUSの対応が遅すぎる気がします。

今年Q2とアナウンスされているASUS純正のMarshmallowですが、あまり期待しすぎずに待ってみようと思っています。


Comment:4
2015
12.24

Marshmallowへ

Category: Android   Tags:ZenFone2
ResurrectionRemix-M 5.6.0 2015/12/24 ようやく、というか、なんとか無事にAndroid Mに移行することができました。

移行の環境としては、使用したTWRPはUnofficialの2.8.7.3、元はResurrection-Rimix-LP 5.5.9(20151124)+OpenGapps5.1(20151124,x86 nano)で、移行先はResurrection-Rimix-MM 5.6.0(20151223)+OpenGapps6.0(20151224, x86 nano)。/dataとdalvikのwipeのみで移行できました。(Factory Resetせずに済みました) SuperSUは2.64betaを使用。

2日ほど前に一度トライして失敗してまして(20151221ビルドのパケジを使った)、正しいPINを入れてもロックスクリーンが解除できなかったり、LINE/Twitpane等アプリが起動しなかったりして、移行を諦めました。また、TWRPのBackupが/systemのバックアップで妙なエラーを吐いて処理できなくなり、TWRPを他のに入れ替えても直らなくて、「バックアップを取れなくなった…」と悲しんでいたのですが、パッケージかROM自体に問題があったようで、20151223版でjこれらの問題が解消していました。

現時点での問題点は、USBでPCに接続した時に内部ストレージ/SDカードが見えない事。何か設定を洩らしているのかもしれませんが…。ADBは問題無しでした。

「やる時ゃ一気に」ということで、KernelもCyanogenmod13向けにリリースされている FlareM(v7→v6b) を導入しました。

入れ替えてまだ僅かですので感想を述べる状態ではありません。メモリ使用量は(5.1.1に比べて)若干少ない感じ。動作に関しては、僅かに重たい感じがしています。開発が進めば良くなっていくのかもしれません。

というような感じで、Marshmallow生活の始まりです。

【後日追記】
バッテリ消費の進み具合が以前(RR5.5.9)に比べて異様に早いです。Deep Sleepモードに全く入りません。目に見える何かが動いているワケではないっぽいのに、この状態なのはちょっと困る感じ。厳しく調べたら対処を含め色々分かるのかもしれませんが、そこまで時間と労力を割くのも…という感じなので、もしかしたら戻してしまうかも。


Comment:0
2015
11.21

何も書くことが無ぇ~!

Category: Android   Tags:ZenFone2
ResurrectionRemix-LP 5.5.8 2015/11/21 っということで、ぼちぼちと生きてはおりますが、仕事以外にはほとんどなぁ~んにもしていません。平日夜や休日、家に居る間は「生きる屍」状態です。

ZenFone2は、Resurrection Remix LPのおかげで非常に快適に使っております。GappsはOpen Gapps(x86、nano)で。

一時期、別誂えのカーネルが使われてたのですが、「あちらを立てれば、こちらが立たず」的な不具合のモグラ叩き状態でしたけれど、最近になってCyangenmodのオリジナルカーネルがそのまま使われるようになり、非常に安定しました。自分の手元では、そういう感じがしております。設定変更の多様性ではスペシャルなカーネルに軍配が上がりますが、システム全体として安定して使えないことには意味がありません。

バッテリ消費についても、「まぁ、こんなモンか」という程度には保ってくれています。「1日もたない」なんてことは全くありません。一時、Smart WiFi Togglerを使ってたのですが、バッテリ消費が進むので使用を止めました。基本はLTEで運用、自宅等安定してWiFiが使える場所且つ転送量の多い処理をする時だけ手動でWiFiに切り替えています。切り替え損ねて、LTEで大量パケット使ってしまうミスも2度ほどありましたけどw ま、注意して運用すれば全く問題ありません。「何でも自動」はデメリットもありますよね。

ZenFoneシリーズ向けに年明けに(?)Android 6.0が出てくるらしいですが、それよりもCyanogenmod13が楽しみです。Nexus7(2012)向けも大期待。

メーカお仕着せのUIとかアプリとかは、やっぱり好きになれなくて、手元で好きにできる自由さは保っておきたいですし、たぶんメーカ純正ROMに戻ることは無いなぁ…。こんな志向なので、自分自身用にiPhoneを選ぶことはまず無いなぁ…。人に薦めるとすれば、iPhoneは第一位かもしれんけどね。

ZenFone2に6インチLCDのが出たとか。ちょっと大きすぎやな。自分には5.5インチで限界。もっと言えば、5インチでもいいぐらい。そのぐらいのサイズなら、画面解像度も1080x1920なんて要らない気がする。そういう物理形状で、高性能なCPUと高速/大容量のメモリと、高速なネットワークがあれば充分で。もしかしたら、簡易な防水性能もあった方が良いかなぁ。

くだらん性能誇示なんて要らんから、機器の携帯性とか日常利用シーンをもっと真面目に考えた高性能な端末が欲しいなぁ。


Comment:2
2015
09.06

ちゃんとした日本語フォントに

Category: Android   Tags:ZenFone2
フォント修正 2015/09/05 新たに導入したカスタムROM "Resurrection Remix LP" ですが、ロケールを日本語にしておくと問題は無いんですけど、それ以外のロケール、例えばEnglish(United States)等にした時の日本語フォントが「中華フォント」になっちゃうんですよね。

これを「ちゃんとした=日本人にも違和感の無い」フォントになるように、Google謹製のNoto Fontsを入れました。という話です。

何故か理由は分かりませんが、素のResurrection Remix LPのfallback_fonts.xml/fonts.xmlには NotoSansJP-Regular.otfが記述されているのに、フォントファイル自体が /system/fonts下にありません。よって、足りないこのフォントファイルを /system/fonts下に置いて(再起動して)やるだけで対策完了、というスカみたいな対処で完了です。

実際に入れたのは、NotoSansCJKではなくこちらにある NotoSansJP-Regular.otfの方です。

TWRPから導入できるようインストーラに仕立てておくのが良いですね。


Comment:0
2015
08.31

Lollipop 5.1系へ

Category: Android
Resurrection-Remix-LP 2015/08/31 ようやく、Lollipop5.1系へ移行しました。

どれほどのモノか良く知らないのですが、"Resurrection Remix"というカスタムROMで、わりと最近にZenFone2(ZE551ML)向けがリリースされたものです。

昨晩に試した時点では、8/27付けビルドのものだったのですが、色々と問題が多くてぜんぜん使える気がしなかったのですけど、8/30付けビルドがすぐリリースされて、けっこう直ってるっぽかったので試してみたらかなり良好な印象で、「いっちょ、使ってみるか」という気になったのですね。

画面系/操作系の可変設定項目は非常に多くて、それがこのカスタムROMの特徴のようなのですけど、ぜんぜん意味の分からないものも含めて、まぁ、ぼちぼちと試してみようね、って感じです。

とりあえず、第一印象としては「非常に良好」です。

【翌日追記】
9/1付けでUpdateがリリースされまして、さらに安定度が向上し快適度もUp!です。


Comment:0
2015
08.15

ま、なんとか細々と…

Category: Android
息しながら生きておりまする。仕事以外に大して何もしていないので、ここに書くネタも無く平凡な日々を過ごしております。

6月中頃に入手したZenFone2ですが、純正システムの出来具合に辟易して、あっと言う間もなく非純正街道まっしぐらです。

8月に入ってからでしょうか、ZenFone2向けのカスタムROM界隈が非常に賑やかになってまいりました。

純正ベースの SuperZenPrism Barebone V3。 他機種向けでは古くからある(?) OmniROMEuphoria-OSCarbonROMSlimLPParanoid Android-LCyanogenMod 12.1。などなど。

カーネル系では、 Deathly ZE551ML/ZE550MLProject T - Custom Kernel for ZenFone 2、など。

システム系ツールでは、 L SPEED v2.4 HYPER OPTIMIZERZenUI Debloater、といったモノが。

とりあえず、登場が早く純正ベースだったこともあって SuperZen を使い始めて今も継続中です。に加えて Project Tカーネルに L SPEEDも。当然ながら、rootedで Bootloader Unlocked。リカバリは TWRP を使っています。

純正はLollipop 5.0系で、SuperZen等純正系も同じなんですけど、できれば早いうちに 5.1系システムに乗り換えたいと思っています。Nexus7(2012)の CyanogenMod 12.1で5.1系の良さを知っておりますので、是非ZenFone2も5.1を…と。各ROMの完成度が高まっていくのを注視しております。



ぜんぜん話は違いますが、禁酒は、先週(日)に一旦途切れました。が、これから先の飲み方は充分注意して気をつけていこうと思っています。平日は禁酒で。休日に気が向いたら少しだけ飲む程度に。ま、そんな感じで。

先日の健康診断の結果が出ましたが、だいぶマシにはなってるとは思いますが、やっぱりまだ血液系のダメ加減が抜け切れず、「もーちょっと頑張れ!」という感じです。

ま、ぼちぼちと。


Comment:2
2015
07.06

高品質なケーブルで喝を入れる

Category: Android   Tags:ZenFone2
Anker 高耐久ナイロン Micro USB ケーブル 2015/07/06 たかがUSBケーブルで、何に喝を入れよーと言うんでしょうか… (爆)

アホな話はさておき、スマホ本体・カバー・ストラップ等を赤系にしている関係で、Micro USBケーブルも赤で統一してみることにしました。高速転送/高耐久性を謳う(?)天下のAnker製です。

毎度の事ながら、立派な梱包で恐縮してしまいますが、まぁ、普通に使えます。と言うか、とやかく言うほどの事もない、普通のUSBケーブルです。


Comment:0
2015
07.03

と・つ・ぜ・ん・電源断

Category: Android   Tags:ZenFone2
ZenFone2 Battery状況 2015/07/02 昨日のお昼休憩時間でしたが、お昼ごはんを食べ終え、某うじりんさんとLINE de Talkしてた時のこと、突如、画面が真っ暗け! に。

あ~!出やがった~!故障か~!

咄嗟にはそう思ったんですが、仕事場で大声で悪態をつくワケにもゆきませんし、グっと堪えて「ま、とりあえず、電源に繋いでみるか…」と。そうしますと、ほんわりと充電ランプが灯るではありませんか。

よっしゃ。とりあえず充電機構は故障してないっぽいな…。

障害が起こる直前は、BatteryMixで見えてた電池残量は40%ぐらいあったので、電源ボタンでシステムが起動するかどうか確認してみることにしました。

が、何度やってみても起動してきません。充電の電池アニメーションは表示しますが、システムが起動してくる様子は微塵もありません。

そうこうしているうちにお昼休みが終わってしまい、充電したまま仕事に復帰しました。で、何時間か経った時、もう一度起動操作をしてみることにしました。

すると、今度は何事も無かったようにスルスルと起動してくるではありませんか。

故障ではなかったのか…と、少し喜んでからよくよく考えてみると、これはもしかして、電池残量表示がめちゃくちゃになってただけとちゃうんかい、ということに気づきました。

そういえば、これが起こる前は「今回はけっこう電池が長持ちするな~。エコなセッティングがだいぶ上手くいった証拠かな。」なんて呑気に思ってましたが、電池残量が無いのに残量メータが40%ほどを示してたとすると、今回の現象は、単に電池残量が極端に減ってしまってカットオフされてしまっただけ、ということになって、充電開始後すぐには起動しなかった理由も説明がつきます。

たぶん、おそらく、そういう事だったんだろうと思います。

上の図で、50%を下回っている谷の部分が「と・つ・ぜ・ん」が起こった時点です。その後の急激な山が充電中のもの。図にあるとおり、見た目は電池残量がある状態のように見えてますが、実際には残量無しでカットオフが発生していたと思います。

実は、この1件が、踏み越えてはならない一線を超えるきっかけになってしまったのであります…

あ~~~~めん


Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。