2008
09.28

チェーン・リンクプレート

Category: チャリ   Tags:自転車グッズ
WIPPERMAN Connex Link

今回のチェーン交換で「お役御免」となった WIPPERMAN Connex Link。

シマノ(CN-7701)チェーン+KMC MissingLInkに変更した為、予備用として買っておいたものと使っていたものと2セットが余剰となりました。

ということで、新品と使用済品の両方を観察してみたのですが、使用済品の方がガタつきが酷いですね。リンクピンが磨り減ったのか、プレート穴が磨り減ったのか、プレートが歪んでしまったのか、かなり遊びが多くなってしまってました。

メンテ時等でいちいちチェーンを切る必要のない手軽なリンクですが、やはり、痛みが集中するのか、寿命的には厳しいパーツかもしれません。

KMCリンクについても、定期的なメンテナンスの中で、新品リンクと比べて痛み具合を確認する等、気を使ってやる必要がありそうです。


Comment:8  Trackback:0
2008
09.27

4000km超でチェーンを交換

Category: チャリ   Tags:メンテナンス
夏休みも終盤、家事の合間に少しチャリメンテをしていた時、なにげに気になったのでチェーンの延び具合を確認…

延びたチェーン

けっこうキてました。よくよく調べてみると、現用中チェーン(WIPPERMAN Connex 908)に交換したのが 2007/02/20。サイコンの積算距離記録を辿ってみると、もうかれこれ4100km以上も使っているようです。

ということで、お昼ご飯の支度を済ませて、河内屋サイクルさんへひとっ走り。シマノの CN-7701 を買ってきました。

新品チェーンと使い古しWIPPERMANを比べてみると…

延びたチェーン

けっこうな差がありますね。

ということで、サクサク交換。CN-7701は、パーツクリーナで一旦脱脂してからMotorex Dry Lubeをたっぷり塗布してから装着しました。チェーンのコネクトには、ちょっと前にBici Terminiで仕入れておいた KMC Missing Link を使いました。

WIPPERMAN Connex908 と CN-7701 では、価格差は1.5倍ぐらいでしょうか。見た目の感じでは、WIPPERMANの方がアウターリンクプレートのくびれが少なくブ厚い感じで、それに比べるとCN-7701は華奢に見えます。

果たして、値段差と寿命とで、どちらが良い結果を生むでしょうか。まぁ、この辺りのパーツは消耗品でもありますし、庶民派的には寿命と価格のバランスが重要です。



午後も少し家事をして、2時過ぎたぐらいに間が空いたので、Bici Termini往復ポタwに行ってきました。

Bici Terminiは、今日もたくさんのお客さんで、

ワンサカ、ワンサ~♪ワンサカ、ワンサ~♪ イェ~イ!イェ~イ!イェイイェ~~イ!♪ ((c)レナウン娘)

という感じで賑やかでした。(この一節、意味不明な方は、スルーして下さいませ)

テルミニに到着すると、美麗なビンテージ車の常連さんが来ておられて、今日初めてゆっくりお話しさせていただきました。なんと、私とほぼ同世代の方で、お互い「サイクル野郎の世代ですね~!」で意気投合。(笑) 今後とも宜しくお願い致します。

猛烈に強烈な印象だったのが、うじりんさん。歌いながら踊りながら急に登場されたので、びっくりしたのなんのって…。ご挨拶するのは初めてだったのですが、めっちゃくちゃおもしろい方で、気さくな方です。今後とも宜しくお願い致します。うじりんさんをよくご存知の常連さん曰く、「昼間にしては、アルカホリックエネルギーを少し充填しすぎてらっしゃるのかも…」との事でした。(笑)

ゆうまさんの自転車(ロードレーサ風)のシートポスト交換作業を行わせていただきました。人様の自転車を弄るなんて、かなり久々で少々緊張しましたが、サドルのポジション合わせもなんとかOKをいただけて安堵しました。ゆうまさんとも、もしかしたらテルミニで何度かお会いしてるのかもしれませんが、今日は初めてお話しさせていただきました。ありがとうございました。

あと、ちば県。さん、しょうやんさん、くりたさん、せんむさんでっくんさん、まるたさん、tac-phenさんもお見えでした。

テルミニで、でっくんさんに「チェーン延びちゃってたみたいなんでDURA-ACEチェーンに交換したんですよ」とか言って、チェーンリングの部分のチェーンを引っ張って見てみたら、冒頭の写真と同じ状態だったとゆー…

チェーンリングがスリ減ってたんかい…orz


Comment:6  Trackback:0
2008
09.25

里山激坂ライド初体験

Category: チャリ   Tags:MTB
夏休み中日を過ぎた9月25日(木)、みやっちさん私ださん,にお付き合いいただいて、本格的MTBを初体験してきました。

行った先は、ビチ・テルミニのイベントでも使用された奈良県・大和郡山市にある里山地帯。某みやっち氏がその昔「みっちりトレーニングを積んだ」コースだそうです。

が、こんなトコ、初心者が行ってイイ場所なんでしょうか。何も知らず・知らされず、「yukkyoさん、ココ!」と言われて従順に「はい。そーですか」と…。飛んで火に入る夏の虫?

で、結果として、

勲章その1

こんな風になったり

勲章その2

こんな風になったりしつつ、思いっきり激しいコースを心底楽しんでまいりました。

途中の写真なんてありません。コケずに走るので精一杯。

「登り」っても尋常じゃありません。MTBのインナー・ローを使って、漕いでも漕いでも後輪がズルズルくるような壁みたいなのを登りまくりました。雨で土が流れて露出した根っこでできた階段みたいなのをヘコヘコ登りまくりました。

「下り」っても尋常じゃありません。ガレガレやわ、石ゴロゴロやわ、思いっきり深いV字谷風味の轍やわ、丸太の段差やわ、最初はビビって極低速で降りてたんですが、それじゃぁよけいに不安定で、「yukkyoさん!そんなん細かいこと気にせんと、自転車に任せてガー!っと突っ込んでったほーが安定するんですよ!」なんていう諸先輩の暢気なアドバイス(笑)を頂いちゃったりして、ガー!っといったらコケましたで。(爆)

気前良くガー!っと下って、なんかイヤンな雰囲気がしたのでみやっち氏に聞いてみたら、「はい。そのとーり。これ、登り返してさっきの山まで登りますよ。ちょっときつい登りですけど」なんて、後ろから石投げたろか!と思うほどありがたいお返事をいただけたりして、感謝感激です。

とりあえず、コケ&落車は1回のみ。コース上を斜めに横切る倒木で脳天(メット)を強打が1回のみ。押しは数え切れず。十三峠どころではない「超修行モード」にSWを切り替えて、念仏を唱えながら登りまくり、南無阿弥陀仏を念じながら下りコーナーに突っ込んで行き、左手が力が入らずプランプランになるまで堪能させていただきました。

みやっち氏の手によるメンテナンスが施されたマシンをお借りできたので、こうして無事に楽しめました。もしそうじゃない借用マシンだと、絶対に楽しめませんでしたね。それぐらい、乗るマシンに信頼性が欲しい遊びです。

まったくもって面白かった。オンロードの峠行には無い、それとは全く異質の楽しみがありました。

よい機会を与えてくれた、良いマシンを貸してれたみやっち氏に感謝。なんだかんだ言って、肝心のところではきちんとフォローしてくれた私ださんに感謝。

初心者の私に付きあわせてしまい、もしかしたらお二人には全く物足りない一日にさせてしまったかも。ごめんなさいね&ありがとうございました。



この後は、私ださんの記事にもある通り、銭湯で疲れと汚れを落とし、私ださんに連れられゲリラ的に川爺さんのお店にお邪魔して寛がせていただき、近くの居酒屋で良質な料理をたらふくいただいて、楽しい一日を終えました。


Comment:4  Trackback:0
2008
09.24

竹内峠へ

Category: チャリ
家族よりは少し遅めの朝8時に起きて、仕事に行くカミさんを送り出し、風呂掃除して洗濯物干しして洗い物して、フっと一息。

お天気も良いし、軽くひとっ走りしてくるか。

という感じで、大和川CR~石川CRを経て、竹内街道~竹内峠に行ってきました。

大和川CR
(遠くに見えるは二上山…)

大和川CRもガラ~ンとしてます。そりゃまぁ平日真っ昼間に自転車で走ってるヤツなんざ、そうそういませんわな。

石川CR

石川CRもガランとしてます。石川CRに入ってすぐの箇所、両サイドから雑草が鬱蒼と茂ってて、めちゃくちゃ見通しが悪く危ない感じでした。道路幅がめちゃ狭くなってしまってたので、すれ違うにもひと苦労でした。

ちゃんと管理してくださいね>当局

石川CRの古市の東辺り、臥龍橋を渡って国道166号線-旧竹内街道を行きます。

上ノ太子駅前

上ノ太子駅前にて記念撮影。懐かしい場所です。中学~高校の頃は、この166号とか165号を通ってよく奈良へ行ったものです。

石川CRを離れて上ノ太子駅までの間、「え?これが国道?」と疑うほどの狭く古い街並みの間を縫っていきます。今回、何十年ぶりに通りましたが、いくつか記憶に残ってた景色もありました。

ここからは、ビューンと登っていくだけの、大して何も無い普通の峠道です。強いて言えば、車の通行が激しいこと。大型車も沢山通りますので、けっこう鬱陶しいです。つーか、あんまし面白くありません。

竹内峠

竹内峠頂上の路端で少々休憩をして、ほぼ来た道を辿って家に帰りました。休憩時間も含めると2時間半ぐらい、40km弱ほどのサイクリングでした。

しんどさではケタ違いではありますが、景色が広がる頂上駐車場のある十三峠が、やはり「達成感がある」と言うか「やったー!登ったぜー!」というマンゾク感がありますね。

しんどいですけど…


Comment:5  Trackback:0
2008
09.21

妖界(怪)への旅

Category: misc
今年2月頃だったか某ぽたQさんちも旅行された「妖怪の街」 - 境港・大山方面へ1泊2日で家族旅行してまいりました。

動きの鈍かった台風13号にヤキモキさせられましたが、なんとかギリで通過してくれて、「よっしゃ!これで旅行の天気は安泰じゃ!」と思うたら、旅行の2日目は終日雨…。「気圧の谷が通過し…」。そんな…。

自転車には疎遠な家族での旅行ですので、車での往復でした。大阪自宅と米子はほぼ3時間。昔々に比べたら、とても近くなったモンですね。昔ゃ、落合ICで降りて、国道/県道に沿って蒜山・大山を通って行くしか道が無かったのですから。

初日はお天気も良く「ド」の付くピ~カンな日。宅の娘の言葉で表すと「カンカン晴れ」だそうです。「カンカン照り」というのは聞いたことがありますが、「カンカン晴れ」ねぇ…最近の高校生世代では、こういう用語なんでしょうか…。

それはともかく、境港の街は、「水木しげる」だらけ、妖怪だらけ、ですね。水木しげるロードを端から端まで歩き倒し妖怪ブロンズ像全てを写真撮影致しました。思いっきり日焼けです。

スタート時には全数揃っていた「妖怪自転車(レンタサイクル)」も、私たちが戻ってきた時には全て貸し出し中。大人気なようです。

この後は、お菓子の壽城へ行き、家族全員で試食品を食べ漁って空腹を満たし(爆)、その勢いを付けて大山へ。

残念ながら、大山は山頂付近に雲がかかっており全景を拝むことは叶いませんでした。それでも、大山麓を車であちこち走り回り、桝水高原スキー場のリフトで上まで上がって絶景を眺め、夏の終わり・秋の始まりの大山を楽しむことができました。

夜は大山ロイヤルホテルに宿泊しました。

二日目は、朝から生憎の雨。けっこう激しい雨。天気予報では「朝から晩まで雨」。

計画では、大山乗馬センターで乗馬を楽しんだ後、さらに大山付近を走り回って絶景を楽しもうと思ってたんですが、予定を全中止して、チェックアウト時間ギリギリまでホテルに滞在し、植田正治写真美術館に立ち寄ってから、大山ガーデンプレイスの中にあるフレンチのレストランChez・Rencontre(シェ・ランコントレ)にて昼食をとって、そのまま帰阪しました。

ま、お天気に恨みつらみを言ったところで、どうにもなりません。家族で旅行に行くのは今回が最後ってワケでも無いので、まぁまた次の良い機会を待ちたいと思います。



大山付近。さすがにアップダウンだらけですが、自転車で走り回るのにも良い感じがしましたです。

今回車で通ったコースでは、一箇所だけ「下り勾配10%」の標識を見ましたが、多くが4%とか5%とかそんなぐらいの坂でしたので、自転車で走ったとしても「めちゃくちゃしんどい」なんてことは無いような気がしましたが…。

鬱蒼としたブナの林の中の道とかあって、「いまにも熊が出てきそう」って感じは、ヒシヒシと伝わってきましたです。

良いところだと思います。(笑)


Comment:5  Trackback:0
2008
09.14

路上の凶器

Category: だめだめ
先週の十三峠ポタで、Tylorさんを襲った凶器がコレ↓。

凶暴なキャットアイ

凶器の高さ(Height)が分かるように、サイコン(CC-MC100W)本体を横に置いてみました。

ご覧の通りほぼ同じ高さ、つまり路面から 5cm~6cmほども高さのある道路通行者向けの「夜間用標識」です。これが、道路脇の白線の上にズラァ~っと並べられています。

凶暴なキャットアイ 先日のトラブルが起こるまで、道路脇の白線上にこんなものがあるなんて気付きもしませんでした。

そもそもこの道路は、(私が利用した時は曜日を問わず必ず)自動車の通行がほとんど無く、わりと長めの豪快な感じの下りでは自動車と同じ程度のスピードが出ることもあって、道路の左端寄りを走ることがまずもって無い為、道路左端の状態なんて気にする必要もありませんでした。

それはともかくも、こんな形状のモノを道路上に-それも目立たない白線の上に設置したらどれほど危ないか、普通の感覚があれば誰が見ても分かりそうなものです。自動車ですら、場合によっては危ない目に遭うでしょう。

にもかかわらず、平気で設置して放ったらかし。

国土交通省か政治家か知りませんが、頭の悪いヤツの仕業に違いありません。

と思ったら、この道路の脇にパラパラと脳天気なカンバンが並べられていました。

能天気な政治家

この「凶器が設置された、地元地域に分不相応なほどに思える」高規格な道路は、この方の権力によって設置されたんでしょうかね。

ま、道路の規格がどうこうより、もっと「ごく普通に安全な道路」を敷設されるようご尽力いただきたいものです。

【2008/9/15補足】
信貴山奈良側中腹のヘンピなところに、このような広い幅の立派な道路を作って、地元にどれほど貢献しているのでしょうか。少なくとも私が通る時は必ず、ほとんど自動車の通行がありません。南は信貴山線の交差点まで、北は生駒市に入ってすぐのところでチョン切れ。こんな中途半端な作り方では、この道路を利用しようという気にもならないのではないでしょうか。
それに、路面(の舗装)もけっこう痛みが出てきてますが、道路維持管理当局はどうする気なんでしょうかね。ってゆーかほったらかしでしょうね。山腹を切り開いて通した道路ですが、大雨とかで崩れたりしないんでしょうかね。ってゆーか、それもほったらかしでしょうね。だって利用者が少ないんやから。道路が壊れてても迷惑に思う人が少ないんやから。
以前、京都南部(加茂・笠置・柳生)方面を走った時にも、作るだけ作って放置プレイで路面荒れ荒れな幅広道路にムカつきましたけど、この道路もきっと同じ運命を辿るんでしょう。
「地元企業(不動産・工事関係)に一時的にお金を落とすのが主たる目的」の道路工事をしただけ、という道路が、この国にはいったいどれほどあるのでしょうか…。

Comment:8  Trackback:0
2008
09.13

リクセン・ボトルクリック(AM840)の修理

過去にも一度書いたことがありますが、固定&クッション用のゴムリングが、経年劣化でヒビ割れて切れてしまいます。

前回は、パンク修理用の接着剤で補修して使ってきたのですが、先日の十三峠ポタの時に補修部分から切れてしまいました。

「これはもう、新しい輪ゴムに交換しないとダメやな」ということで、近所のホームセンタで手当てしてまいりました。

補修Oリング

左が切れちゃったオリジナルのOリング。右が新たに手当てしてきたもの。オリジナルより若干大きめ&太めなんですが、ぴったり同じサイズのは無い為、22A規格のを購入してきました。

理系のitaさんはφ3のゴムひもからOリングを自作して対処されましたが、文系の私は市販品で手抜き対応します。(笑)

補修Oリング だいたい上手く収まってくれます。

ゴムが太くなって遊びが少なくなる分、ボトルクリックを固定した状態でのしっかり感が増しました。

AM840土台側に差し込むのに若干の硬さはありますが、およそ問題無いレベルです。

1リッターサーモスボトル用のデカケージと、標準サイズケージを使い分けてるので、ボトルクリックの付け外し回数(頻度)が多いのがゴム劣化の原因なのかもしれません。

とりあえず補修が効くので良かったです。



というような、微妙にマイナーなメンテ作業をして過ごす3連休初日でした。

家族旅行のコース設定をしつつ、買出し・掃除などもしつつ、ブログも更新しつつ…。

3連休どれか1日ぐらいは修行に行きたいものです。はい。


Comment:4  Trackback:0
2008
09.10

ローラー台トレ用タイヤ、ミノウラから

Category: チャリ   Tags:自転車グッズ
インドア・アウトドア兼用デュアルパーパス・トレーニングタイヤ DUALIST
http://www.minoura.jp/dualist-J.html


3本ローラー台でもリア固定式でも同じだと思いますが、ローラー台トレーニングでは、本当にタイヤが激しく磨耗します。

私の実体験でも、古の過去にあったBSのトリアルタイヤみたいに、トレッド面が平らに減っちゃいます。

という点について耐磨耗性の高いコンパウンドをブ厚く貼り付けたモデルのようです。

ローラー台トレだけではなく「街中走行とも併用可能」という意味のデュアルパーパスだそうですが、それはともかく、とりあえず 700 x 23c の1サイズだけではなくもっと多種のサイズを出して欲しいですね。

ぜひとも小径も忘れないでいただきたいものです。

にしても、消耗品のタイヤが高いなぁ・・・。もっと安ぅなってくれんと。主夫のサイフを直撃や。まったく・・・。


Comment:6  Trackback:0
2008
09.09

久しぶりにチャリ通勤な日

Category: チャリ
一時的なものかもしれませんが、朝晩はすっかり過ごし易くなりました。天気も良いので自転車通勤してみることにしました。

朝、会社に着くと、なんか妙にしんどい。「やっぱ、たまにしか自転車通勤せーへんから、身体がナマってるんやな~」とか思ってたんですが、後からサイコン見てみたら平均速度が24.5km/h。大阪市内を走ってきとるのに、速すぎですやん。そりゃ、しんどいはずです。

落ち着きの足りないオヤヂです。

帰りは、借り物を返す用もあったのでBici Terminiに寄り道しました。

私が行くと必ず、みやっち氏はPC画面にメンチ切っておられます。何か因果関係でもあるのでしょうか…

コーヒーをご馳走になりながら、とりとめもなく話し込んでいたら、さんまさんがリカンベントに乗ってご来店。お互いに(日)の件を労いつつ、みやっち氏と3人で話し込んでおりました。

今日は、さんまさんに叱られちゃいました。「yukkyoさん! 男は、見てくれじゃないっすよ。心と生き方ですよ!」。その通りっす。男だけじゃなく、人の良し悪しを見るのは、見てくれなんかじゃないっすよね。

なんてな話をして、何時ぐらいだったでしょうか、20:40ぐらいだったと思いますがみやっち氏にご挨拶を済ませて、四天王寺付近まで、さんまさんとランデブーさせていただきました。

その後は、寺田町を経由して25号線を辿って帰宅しました。正確には良く分からないんですが、さんまさんと別れてから、20分かからずに家に着いたような気がします。私って、落ち着いてゆったり走れないんでしょうか…。

明日(水)も天気が良さそうなので、自転車通勤するつもり。走れる時に走っておかないとね。安全には充分気をつけて。



昨晩急に調子が悪くなった自宅PC。今日、帰宅後に電源オンしてみたら、普通に電源オンできちゃった…。あの不調は、いったい何やったんや…。


Comment:6  Trackback:0
2008
09.09

自宅PCが涅槃・・・

Category: PC
昨晩の事でしたが・・・。

サスペンドから上手く復帰できなかったので、リセットSWを押したのですが・・・。

BIOSすら立ち上がってこないままハングした状態。しかたがないので、一旦、電源オフ・・・したいのにソフトオフできず。

やむなく、電源背面の元SWで強制オフ。しばらく間をあけてから、いざ、電源オンしましたが、二度とLEDランプが点灯することはありませんでした。

一晩おいて、今朝もう一度やってみましたが、結果は×。

なんまいだぶ、なんまいだぶ・・・

今年3月初に電源を交換したとこなんですが・・・。もう寿命?・・・


Comment:5  Trackback:0
2008
09.08

晴れ、後、雨。な十三峠行

Category: チャリ   Tags:十三峠
9月7日(日)。なんとまぁ、ロードレーサーに囲まれるようなパーティで十三峠に行くことになってしまいました。

元々は、「信貴山・朝護孫子寺で張子の虎を、がっちり買いましょう」ポタの予定だったのですが(笑)、いつの間にやら「ガンガン登りまくるぜ!サイクリング」に豹変。(爆)

いつもの "超・マルチパーパス" な BMC Virus で参加のでっくんさん。張子の虎は、次回持ち越しとなってしまいました。すんません。(まるたさんにも、すんません。お詫び申し上げまする) 次回は、ケーブルカーで上がって、下りだけ楽しみましょうか。

ルイガノ・700Cロードな、さんまさん。Bici Terminiでは何度かお会いしていたのですが、ほぼ「初めまして」でした。合言葉は「飲酒ポイント(※)は何処?」。今後とも宜しくお願い致します。

※日本語読み:補給ポイント

FELT・700Cロードな、ちば県。さん。人生初のロード試乗体験機会をありがとうございました。ロード初体験が「十三峠の登り」って、どうなんでしょう。(笑) また、初めて乗るクセにダンシングとは、これいかに。失礼致しました。

カンパニョ~ロなSpecial GIOS 青PANTO でご参加の Tylorさん。今回は大変な目に遭わせてしまいました。申し訳ございませんでした。案内役・最年長者として配慮すべき点が多々ありましたのに、ことごとく機会喪失してしまいました。いつか、楽しい良い想い出作りに協力させていただくことで、この埋め合わせをさせていただきたいと思います。お早い全快をお待ち申し上げております。

「早起きしてMTB」の予定が「寝過ごしちまったぜ」な私ださん。バックミラーに映る間もなく追いついて、抜き際に「じゃ、お先」だけっつーのは、あまりに愛想が無さすぎでSHOW。(笑) 次回から、かなりのハンデキャップを負っていただくことが決まりました。詳細は別途w

Tylorさんと同じ青PANTOだけど年式が1つ新しい「生粋の純正」青PANTOのmottiさん。スタートこそ間に合わなかったものの、途中できっかりキャッチアップされる辺り「なんだかんだ言って、相当な剛脚っすよね、mottiさんって」との噂もしきり。お手柔らかにお願い致します。

というようなメンバで、私だけが「406サイズ」という極めて小径なポタリング車で参加させられるという、一番の年寄りが一番苦しいマシンで参加という極めて悪条件な走行会でありました。(笑)

当日の概要は私ださんの記事をご参照いただくとして、やはり、十三峠はキツかった、というのと、ヘルメットって大事よね、ということが分かったしだいであります。

Tylorさんにも言われたのですが、十三峠みたいなトコ、小径で毎週末走ってるってのは、やっぱ変?なのでしょうか。本人、あまりそんな風に思ってないんですが…。感覚がマヒしとんかな…。

十三峠を登ってる最中は、ピ~カンでメチャ暑い。頂上で「さぁ下ろうか」という頃から「ええっ! 雨?」。いろんな意味で、辛い日となってしまいましたが、これに懲りずに今後ともお付き合いいただけますと幸いです。


Comment:17  Trackback:2
2008
09.05

関西づいてたDAHON

Category: チャリ
なんか、知らん間にDAHONが関西方面で色々イベントしてたようです。

■ シマノ鈴鹿ロードレースに DAHONブース
 http://dahonnews.blog28.fc2.com/blog-entry-103.html

■ 大阪大丸心斎橋店で「外チャリ スタイル」展示
 http://dahonnews.blog28.fc2.com/blog-entry-105.html

■ ダホンガールが大阪ベイエリアを自転車散歩
 http://dahon-girl.jp/report/report.html

いっちゃん許せないのは3つめ。

いつ来るだの、どこ行くだの、ダホンガールの誰に担当させるだの、なんでこのワシに事前の連絡/相談があれへんのや。(こらこら)

次回から、段取り良く・洩れなくちゃんとするよーに>事務局 (誰やそれ)



どこで見たのか記憶が定かではありませんが、シマノ鈴鹿ロードでのDAHONブースには、新型の Mu SL が展示されてたようで。

フレーム・リアバックが普通のシートステイ・チェーンステイ式になって、FD台座が付いて…。という感じだったように記憶してます。

2009年モデル、もしかしたら他にも興味深いモデルがあるのかもしれませんね。


Comment:16  Trackback:0
2008
09.04

ONYONEビブショーツの裾

ビブショーツの裾部分

ONYONEの独自加工っつーか、どこのメーカのでも何らかの処置/工夫をしている「裾の摺り上がり防止機構」なんですが、ONYONEのは上の写真の通り、細い3本の波型のシリコンが貼り付けてあります。

まぁたしかに、ズレないし、これなら裾の摺り上がりも無いでしょう。けどね…。

太腿の方が負けちゃったじゃん。

太腿の皮膚が波型にミミズ腫れですよ、奥さん。

おやっさんの皮膚、中身と一緒でデリケートなのよね。(殴)

次の週末の信貴山ポタ、太腿がこんなになっちゃうのでは、履いて行けんですがな…。

ナンギなことです…


Comment:4  Trackback:0
2008
09.03

保険

Category: チャリ
もうだいぶ長いこと「入らなきゃ」と思ったまま、結局今までずっと放置プレイできてたんですが…。

1年毎の自動車保険の契約に合わせて、今回契約分から自転車の分も担保される特約を付けました。一般名称ってあるのかどうか知りませんが、「日常生活賠償責任担保特約」みたいな感じの特約です。

日常生活に於いて、「自転車で他人にぶつかった」等で、他人をケガさせてしまった・他人の所有物を壊してしまったとかで法律上の損害賠償責任を負った場合に、その賠償金等を補償してくれるものです。

「日常生活に於いて」という部分に、趣味のサイクリングとかまで含まれるのかどうか微妙かもしれませんが、パンフレットには「競技等の場合は除く」とか書かれていただけでしたので、たぶん、サイクリングやポタリングの場合は、ちゃんと補償してくれるんだろうと思います。自転車通勤時とかなら間違いないところでしょう。

という事で分かる通り、この辺りの条件について、しっかり・きっかり調べたわけじゃないです。「たぶん、大丈夫だろう」程度です。

いずれにせよ、「何にも入ってないよりはマシ」というぐらいの感覚で、特約契約することにしました。

特約部分の「年額負担増額」は、1000円ほどです。

自転車向け専用の保険も何かあったかと思います。補償内容とか、きっちり調べれば、そういった保険のほうが良いのでしょうけど、まずは、手軽/気軽に契約できるところから始めたいと思います。

Comment:5  Trackback:0
2008
09.02

季節の変わり目は妄想が酷い…

Category: チャリ   Tags:自転車グッズ
おシャレでカジュアルな感じの半袖ジャージが欲しいなぁ…

尻がスポっ!と収まりそうな魅惑のサドルも欲しいなぁ…

ブルホーンバーも興味深いなぁ…

ドロハンのほーが良いかもなぁ…

そうなりゃやっぱし、それを機会に 10速化 やなぁ…

ホイールも、もう少し軽いのが良いかなぁ…
前24H、後28Hぐらいで、良い構成のは無いかなぁ…

そうそう。別に 40km/h 出なくてイイから、STRIDAも欲しいかもなぁ…

そーゆーのとは別に、ちゃんとしたロードと、遊べるMTBも欲しいよなぁ…

…………

なんていう事を強く思い浮かべることで、痛みに耐えていた、お昼時の歯医者さま。(爆)

20年ほど前に治療して、10数年前に詰め物が取れたけど、結局そのまま現在に至ってしまった左上顎部の奥歯がぁぁぁぁっ!


Comment:4  Trackback:0
back-to-top