2009
10.31

十三峠~信貴山・のどか村~南河内GR~キルワニ坂

十三峠 2009/10/31

秋も深まってきたこの頃、明日の(日)の雨で冬へ突入か?!とも噂されていましたので、暖かい季節としては「年内最後かな?」な土曜日に「いつものポタコース」へ「お散歩たりんぐ」に行ってまいりました。

今日はなんとなく「いつも行ってるところを全部繋げてみよー」と思って(爆)、十三峠~広域農道~信貴山のどか村~JR高井田駅~国分~駒ヶ谷~近つ飛鳥の里道の駅~持尾展望台~上河内・かつらぎ霊園~南河内グリーンロード~石川CR~大和川CR~ちょこまか市内を走って~ウエパ~帰宅、という総行程90km弱でした。

家を出たのが7時過ぎ。

ちょっと遅いかもなぁ…、この時間じゃラッシュ時間帯やん…

と思った通り、大竹7にワンサカ集まってこられました。(ちと大袈裟かも)

大竹7に向かう途中、八尾高校前の交差点で女性のロード乗りの方が信号待ちしておられました。

後方少し離れた位置に停車したのですが、振り返られた時に目が合って軽く会釈。

信号ダッシュで先行して、後はマイペースで走って大竹7に到着したら、真後ろスグをくっついて走ってきてらっしゃいました。

まったく想定してなかったので、ちょっとビビって、再びご挨拶。

「SPDシューズですかー。歩き易くてイイですよねー」
「いえいえ。このロードを買う時に予算が足りなくて、ペダルとシューズは前の自転車で使ってたお古しか手当てできなかったんですよ」

初対面の方にみすぼらしい話を何もそこまで正直に言わんでもよかったのに…

「もしかして、シルベストの方ですか?」
「いえいえ!滅相も無い。いっつも独りでトロトロとここを走ってるんですよ」

そんな話をしている間にも、どんどん参加者が増えてきております。

変なタイミングでスタートして、アラレも無い姿を晒すのもなぁ…とか、本当に色んなことを考えつつ(笑)時計を見ると7時40分過ぎぐらい。

これは、もしかして、この本格派な方々は8時スタートじゃなかろうか…
とすれば、今すぐ先にスタートしておけば、いくらなんでも追いつかれることは無さそうや…

「じゃ、すんません! お先に失礼します!」

と、何の脈略も無く突然に猛ダッシュして駆け上がっていったおやっさん。(爆)

おかげさまで、序盤で脚を売り切ってしまい、その後はメロメロ…

クリンチャで最後かもしれない十三峠で、いっぱつ記録狙って…という夢も儚く消え去ってしまいました。

まぁ、そんな感じに始まった「お散歩たりんぐ」です。

十三峠頂上についてしばらく休んでおりましたが、「そろそろ出発しようか」と思った頃に、下に集まっておられた方々がもう上がってきました。

ヤベ…。はよ行こ…。

十三峠は車が多かったですが、奈良側広域農道は閑散としてます。すごく走りやすい。

信貴山のどか村 2009/10/31 そのまま信貴山経由でのどか村へ行きました。

のどか村はまだ営業開始前。にもかかわらず、既にちらほらと子連れファミリーも来てたりします。スタッフの方々は開店準備に忙しそうでした。

のどか村の紅葉も、まだまだこれから、って感じでした。ところどころにワリと綺麗な紅葉した木が見られます。

スポーツドリンクを補給して、いざスタート。

JR高井田へ下りて、大和川を渡って国分へ。そこから線路をくぐって府道27号で駒ヶ谷へ。

ここからは、いつもの南河内グリーンドード。いつもと違うのは、ここに来る前に十三峠のどか村を走っていた事。

おかげさまで、脚が激重です。

とは言えダラダラと走ってても「お散歩たりんぐ」になりませんから(なんやそれ…)、できるだけ意識をしっかり持って(ぉぃぉぃ)しっかり回して頑張ります。

近つ飛鳥の里道の駅で休憩してたら、サカタニのチームウェアを着た団体さまがご到着。お腹の中に少しだけ補給食を入れて、いざ出発。

「かつらぎ霊園まで到達する自信が無いな~」とか思いつつ南河内グリーンロードを走ります。

時間はもう9時を回ってるので、ラッシュ時間帯は過ぎたんですかね。自転車の方にはほとんどお会いしませんでした。

持尾展望台で少し休憩して、再びスタート。滝谷口三叉路を左折して上河内に向かいます。

何度来ても、このダラダラ坂は辛いっす~。迂回路の三叉路も過ぎてまっすぐキルワニ坂に突入。

「今回は21Tで、どうじゃ!」なんてふざけた事を思ったのが運の尽き。

ここまででも過去経験の無いコースを辿ってきて脚が相当キテしまってるのに、そんな無謀なギアが踏めるワケがありません。

25T→23T→21Tと、壁のような激坂の途中でシフトアップして、はい!おしまい。(笑)

久しぶりに、押して上がりました。「お散歩たりんぐ」ですからぁ

かつらぎ霊園で大休憩し、その後は折り返して、白木ファミマから下を走って石川CR~大和川CRを経て、大阪市市内に向かい、ウエパに行きました。

ウエパ到着直前で、どうにも馬力が出ない。なんか危なそうな予感がしたので、ウエパ近くのコンビニで緊急補給。シュークリーム1つと、よもぎ饅頭を1つ。

その後は、ウエパに行って、NoTubesシーラント(一番小さいサイズ)を買って帰りました。

もしかしたら100kmぐらいいくかなと思ったのですが、90km弱でした。

帰宅後すぐにシャワーを浴びて着替えて、すぐさま車でBici Terminiへ。

待望のブツを受け取ってまいりました。

ふふふふ…


Comment:3  Trackback:0
2009
10.25

家事のスキマに十三峠

Category: チャリ   Tags:十三峠
十三峠 2009/10/25

今週も、(日)の午後に僅かにスキマができたので、「信貴山まで走りに行ってくるわ」と。

しかし、天気が微妙。

家を出ようとしたら雨降り始めーるが来やがるし、「そろそろ雨降らすぜ」的などんよりした雲の具合だし、変に勢いのある風の具合とか、ネガティブ要素満載w

それでもまぁとりあえず衣装を着替えて、ボトルに水を補給して、いざスタート。

今日の十三峠は、なんだか車が多かった。登りも下りも。

最初はタイムアタック的に「ストイックにいこ」と思うてたんですが、第一ヘアピン辺りでなんか気合が抜けてしもーて、紅葉見ながらのポタリングモードに切り替えました。

25分ちょいかけて頂上駐車場に到着。冒頭の絵は、駐車場付近の木の姿なんですが、これだけを見ればもう「真冬?」な感じですかね。

周辺の木はまだ青々としたところも多く残ってる状態で、なんか微妙です。梅雨明け~夏到来の時も変でしたが、この秋から冬にかけても変な具合かもしれません。紅葉無しに一気に枯葉・落葉モードへ行ってしまいそうな予感。

頂上駐車場でしばらく休憩して、「さてと」と奈良側へ向かったものの、峠頂上のアンダーパスを越えようとした辺りで、変に異様な風を感じて、虫の知らせっていうんでしょうか、何かヤバそうな感じがしたので、Uターンしてそのまま大阪側へ下りて帰宅しました。

家に戻ってからは、シャワーを浴びて着替えて、アイロンがけは昨日に済ませてあるので、今日は風呂掃除とカレーの下ごしらえだけ。

っということで、残り少ない休日の時間をまったり過ごすことにしましょう。


Comment:2  Trackback:0
2009
10.18

キンモクセイの季節

Category: misc
自宅前の金木犀 2009/10/18

去年の今頃にも同じようなことを書いていましたが、この時期はこの花・この香りの季節でもあります。

今年も元気に花を咲かせてくれました。

暦の上では秋本番な時期ですが、これだけ好天だと日中の気温は季節感が薄れるぐらい高くなります。

午前中は家事、午後イチで散髪に行ってから僅かの空き時間にテルミニででっくんさんとお会いしてきました。

生でっくんさんは超久しぶりです。

「肥った」と嘆いておられましたが、まぁ、健康ならどうにでもなりますよね。最近購入されたデジイチを抱えて大阪市内の風景を写真メモしながらお散歩しておられます。

近々に、軽ぅ~く一杯やりに行きましょう。

テルミニ前には超カッコイイ、渋めにカスタムしたロータスエキシージSが止めてあって、店長に「あのロータス、店長が買い替えはったんかと思いましたぜ」とか言ってたら、店内にいらした女性のお客様が「私のんです」と。

めっちゃくちゃ物静かな感じのスレンダーな女性のお客さまでしたが、そのたたずまいとのアンバランスさがなんともはや魅力的…

帰り際、ガルウィング風なドアを開けて車に乗り込む感じといい、めっちゃ格好良かったっす。

1トン未満の車体に220psのエンジンをリアミッドに積んで、6速のマニュアルシフトをバシバシ操作しながら、近所のダイエーに買い物に行くですよ。おくさん。(爆)

ああ、行き先は別にマンダイでも問題無いと思います。(殴)



ま、そんな感じに家事のスキマを楽しんだ好天の日曜日午後でありました。

テルミニから家に戻ると、風呂掃除とアイロンがけが待ってくれていました。(爆悲)

秋の深まりを感じつつ…


Comment:5  Trackback:0
2009
10.12

ぶらりお散歩。南河内グリーンロード

南河内GR 2009/10/12

「1日家事で潰れるかな」と思ってたのですが、午後にぽっかり「自由時間」ができて、「じゃぁ、ちょっと走ってくるわ」と、往復で2時間ほど南河内グリーンロードを走ってきました。

行きは、大和川CR→石川CR→臥龍橋→駒ヶ谷→南河内GR→近つ飛鳥の里太子。戻りは、近つ飛鳥の里太子→駒ヶ谷→府道27号→国分→国道25号→大和川CR。

石川CRですが、大和川CRから石川に降りてすぐのところから1kmほど。台風の傷跡がまだ残っていました。

カラっカラに乾いていましたが、簡易ダートコースと化しておりました。コース両サイドの草の部分には大量の泥が積み上げられており、石川の水量増とか相当だったんだろうなと思われました。

それでも、天気の良い休日、釣りやバーベキュー等に家族連れが大勢来ておられまして、あまりスピードは出せず注意して走らないといけない状況でした。

そういうのもあって、帰りは駒ヶ谷から国分の方へ抜けていったんです。

距離も時間も短いポタリングですので、現れた坂道はできるだけ「頑張る」ようにしてみました。

行きは、太子IC前辺りの登りと、そこを過ぎてグワっと下った後の登り返しと、34T×17Tでフルダンシングで逝ってみましたが、クチから心臓が出てくるかと思いました。

医者からは「週に1度ぐらい、クチから心臓が飛び出しそうなぐらい運動しなさい」と言われていますので、まぁヨシとしましょう。(大丈夫かよ、ヲイ…)

道の駅から駒ヶ谷方向に向いて走るのは初めてでしたが、ところどころ軽い登りがあるものの下り基調なので楽でした。

駒ヶ谷から府道27号で国分に向かいましたが、自転車が走る路肩部が荒れていてとても走りにくかったです。車の通行量もそれなりにあるようですし、あまり良いコースではないみたい。

石川CRの汚れが無くなれば、これを利用するのが一番良いと思います。

3連休最終日。本当に良い天気でした。空は「雲1つ無い秋晴れ」で、太陽を受けて走ってると暑いぐらいでした。

明日から、また憂鬱な1週間が始まります。
それを思うと気が滅入ってきますね…


Comment:8  Trackback:0
2009
10.11

続々:十三峠、リハビリ走

Category: チャリ   Tags:十三峠
十三峠 2009/10/11

はい。今週も十三峠ポタの時間がやってまいりました。(爆)

3連休の中日、日中に少し自由時間をいただけることになりまして、ホームコースにポタリングに逝ってまいりましたのであります。

信貴山の紅葉は、まだまだこれからですねぇ。微妙に秋っぽい感じはあるのですが…。そんな風景を楽しみながらポタポタと。

今日も、必死のパッチ(死語)で漕ぎ倒してようやく24分強ほどのタイム。

第一ヘアピンから先が、やっぱりダメですね。「心が折れたから」とかいうのではなくて、要するにフィジカルがダメですわ。

もっともっと鍛えやんと、「三味線ひきながら、24分」は難しいw

大竹7のスタート地点に到着すると、ASTANAジャージなカップルの方がおられました。

「こんちわー」
「おはよーございます」

かなり本格的な人らやな…と思いながら、女性の方をチラ見すると、どうも著名な方のような気がして…。でも、バイクもANCHORではなかったし、メットもいつものとは違ったし、人違いだったのかもしれません。

しかし、長めの髪の毛だったしアゴがしゃくれてたし(爆)、どうにもあの方のような気がしてなりませんでした。

とりあえず、先に出て序盤でガーっとブチ抜かれるのもアレなので(爆)、カップルの方がスタートされてから5分ほど間をおいて大竹7スタートしました。

「途中で追いついちゃったらどうしよ」とか「やっぱある程度の速度差で抜かんとダメやろうなぁ」とか、要らぬ心配でありました。(爆)

天気の良い休日の日中ってこともあり、車の数も多かったようです。

十三峠頂上駐車場は満杯。

今日は、奈良側に下って、広域農道から信貴山~のどか村へ回って行きました。

のどか村へのアプローチ、こちらも天気の良い休日のレジャーな方々が多数来ておられまして、車がワンサカ。

のどか村の駐車場が満杯で、警備員が近辺の道路への路上駐車を案内しておりました。が、車から降りて、車道のド真ん中を平気で歩くのは止めていただきたいですね。

のどか村も、多くのお客さんで賑わっていました。

ご年配な方々だと思いますが、ビンテージなロードで来ておられた方々もいらっしゃいました。

その後は、JR高井田へ下りてって、大和川CRを経由して帰宅しました。

このコースを辿るのは久しぶりです。

初秋の信貴山を楽しんでまいりました。


Comment:0  Trackback:0
2009
10.04

続:十三峠、リハビリ走

Category: チャリ   Tags:十三峠
十三峠 2009/10/4

先週に引き続き、今週もまた早朝お散歩に行ってまいりました。

5時起床、5時半自宅を出発、途中のコンビニで軽く朝食兼補給。

6時ちょい過ぎに大竹7をスタート。

「今日は、少し重ためのギアで、できるだけ辛抱してみよう」

なんて意気込んでみたものの、そうは問屋が卸しませんぜ。(殴)

ところどころでダンシングなんかも混ぜながら頑張ってみましたが、タイムを大きく改善するには至らず。

第一ヘアピン 4分半。第二ヘアピン 12分ちょい。水呑み園地ヘアピン 18分ちょい。

前回より微妙に改善していますが、本人の「頑張ってるぜ」度合いとは全くアンマッチ。(笑)

結局、ゴールタイムは 24分10秒。自己記録を 10秒改善。っても、こんなの「計測誤差」の範囲ですわ。

ダメですね~。

ま、世の中それほど甘くない。ってことで、ぼちぼちいきましょう。

頂上駐車場で休憩してると、お一方ロード練の方が登ってこられました、朝のご挨拶だけしましたが、僅かの休憩ですぐさま奈良側へ下って行かれました。

こちらは、いくら休憩しても呼吸・心拍が落ち着きませんのに…

頂上駐車場はまだ陽が射す前の時間なので、冷たい風が吹き通りけっこう寒かったです。

走ってる間は半袖ジャージ・ショートレーパンで良いのですが、山の上の休憩用にウィンドブレーカ程度のものは持ってた方が良い季節になってきました。

今日も先週と同様、信貴山・のどか村へ回って行く余裕が無かった為、来た道を折り返して帰宅しました。

大阪側への下り。今日は登っていく車の数がとても多かったです。自転車の方は数台お見かけしました。朝7時前の大竹7にもスタート待ちの方は1人もおられませんでした。



自転車に乗る衣装も、そろそろ冬支度が必要なようです。

昨シーズンは何を着て走ってたのかしらん…


Comment:6  Trackback:0
2009
10.01

SONY MDR-AS50Gのナゾ

Category: 音楽
今週(月)に調達したSONY謹製ヘッドフォンですが、今日まで使ってみたところで、簡単にインプレを。

  • 長時間連続装着には向かない
    30日(水)が日帰り出張だったので、片道5時間・往復10時間装着試験を行ってみましたが、結論、耳痛いです。(爆) ネックバンド部分のねじり剛性があともう少し緩ければ、長時間使用にも耐えれるような気がしました。安定した装着感・遮音性等とのバータかもしれません。

  • 細いコード
    ヘッドフォン本体から伸びるコードが、細くて形がつきやすいです。収納用のコード巻取り式ケースも付属していますが、これに巻いていると先っぽの方で折れ型がついてしまいます。っつーか、購入時点でケースに入ってますので、折れ型が付いちゃってました。

    あと、コード長ですが、デフォルト左耳後方から垂らすスタイルでは、Yシャツやスーツ上着の胸ポケットに音楽プレーや本体を入れておくのに丁度良い長さです。ジャケット等を着るようになって胸ポケットの位置が変わってくると、延長コード&クリップを使う必要があるかもしれません。

  • イヤーパッド
    MDR-EX71SLとかの世代のSONYイヤフォンだとMサイズのパッドで丁度良かったのですが、今回のはLサイズが最もしっくりきました。ネックバンドによる圧力によるのかもしれませんが、Mサイズでは、耳奥までグサっとくる感じで装着感にも問題あり。耳との間に少し隙間が空いてしまい、遮音性と低域のボリュームに問題がありました。少し大きめかな?と思うLサイズで、この辺りが改善されました。

っというような感じで、使い方さえきまれば、C/Pの高いヘッドフォンのような気がします。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top