2011
10.29

さらに諦めずに念じていると…

Category: チャリ
ハンドル部・施術前

んんっ!……



















どんっ!

ハンドル部・施術後

ハンドルは予定通り 3T ERGONOVA Pro。バーテープは、悩みに悩んだ末 fi'zi:k Dual Tape White/Gray にしました。

ERGONOVA は正面から見るとドロップ部がハの字に開いていて、バーエンド部のC-Cで420mm幅をチョイスしました。これで上ハン部分の幅が前と同じ400mm幅になります。

予想外だったのが、前ブレーキワイヤーが寸足らずになってしまったこと。

PLTのバーがリーチ78mm/ドロップ144mm、ERGONOVAが77mm/123mmで、ブレーキワイヤーには影響無いと思ってたのに、ハンドルバーを付けてSTIレバーを固定して、ブレーキワイヤーの取り回しを確認してみたら、なんとまぁ、僅かに長さが足りません。1cmか2cmほどでしょうか。前も「ギリギリ目いっぱい」に寸法を詰めてカットしていたので、僅かのブラケット固定位置の変化でも、こうなっちゃったんでしょうね。

慌ててスクアドラに走っていってShimano純正のブレーキワイヤーを手当してきました。

予想外の出費。おもっきり悔しいぜ。

fi'zi:kのDual Tapeは、日本の代理店の商品一覧にはWhite/Grayは無いんですが、本家の一覧にはちゃんと掲載されています。かなり厚手のテープで、巻き上がりもかなり太巻きになります。

このテープの一番いけないところは、2本あるテープどちらも、両端が同じ方向に斜めにカットしてあること。左右で巻く方向が逆なんだからカットする方向も逆にしてもらわんと…。それに両端カットしなくても、終端部分だけでええでしょうに…。そもそも、端部のカットぐらい自分でやりますがな…。

というような事情もあって、テープの長さはあまり余裕がありません。(笑)

とりあえず巻き終わって「は~、やっと終わったぞ」と、バーテープを見てみたら、もはや既に薄汚れてしまってやがる…。

白系は作業するにも要注意ですね。まいった…

上ハン部分とSTIレバーのブラケットを「ツライチ」に仕上げるのに少々苦労しました。

カンパや今ドキのShimanoではそれなりに考えてデザインされているので、普通に取り付ければ綺麗にツライチにできると思いますが、私が使ってるST-7700のような古いShimano製品は、今ドキのデザインのハンドルに合わせるには少し工夫が必要です。

ブラケット上部に出来上がる窪みを上手く埋めるように古いバーテープを重ね貼りして調整して、なんとかできあがりました。

ま、とりあえず、そんなこんなでなんとか無事にハンドル交換を終え、軽く数kmほど走ってきましたが、なかなか良い感じです。結果的に以前に比べてSTIブラケットが少し前に出ちゃいましたが、まったく違和感はありません。下ハンで幅が+20mmになったのも全く問題無し。逆に「安定したかな」と思えるぐらいです。

とりあえず、機材/ポジションは「ま、これぐらいにしといたろか」って感じです。後は、乗り手の体力/技能/気力の問題です。(爆)


【2011/10/31追記】
バーテープの「重ねシロ」が多いのかも…と気になって(笑)、巻き直してみました。

ハンドル部・バーテープ巻き直し


Comment:3  Trackback:0
2011
10.23

何1つ良いことが無い日

Category: チャリ
十三峠 2011/10/23
ご褒美 2011/10/23

十三峠通算登坂回数:83回目


Comment:2  Trackback:0
2011
10.21

物欲解消兼ポジション調整

Category: チャリ
3T ARX Pro 2011/10/20

っというワケで(は?)、3T ARX Pro 110mm/±6°ステムです。

過去一度だけ、うじりんさんから Deda ZERO100 110mm/±8° をお借りして試したことがありました。ハンドリングが落ち着く感じがしてけっこう好感触だったんですが、まだロードバイクに乗りなれない頃で前傾姿勢にそもそも慣れていなかった為、その時には交換するに至りませんでした。

っということで、OPERA Celliniのオリジナルパーツ MOst 100mm/±6°を長く使ってきましたが、今回ようやくこれを交換できる運びとなりました。(なんやそれ…)

少し前から感じていたことなんですが、上ハンでも下ハンでも、なぁ~んか「寸詰まり感」があったんですよね~

なんてのは「理由の1つ」で、サビたボルトを見て少し悲しくなったのと、「何か買いたい症候群」を少し沈静化する為に…。(笑)

次の狙い目はハンドルです。(殴)

現状は Shimano PRO PLT Compact II OS ですが、3T ERGONOVA PRO を狙ってます。ドロップ幅を20mm小さくして、無理なく下ハンを使えるように。

このタイミングでバーテープも違う色のに交換しましょ。銘柄はフィジークで決まりですが、色を何にするかなぁ…。

ハンドル・バーテープの購入&交換は、まだ先です。じっくり、ゆっくり。


Comment:3  Trackback:0
2011
10.20

タイヤケージ

Category: チャリ
ロング走向け備品 2011/10/20

ミノウラのサドル用ボトルケージホルダSBH-300 + ボトルケージ AB100-4.5。うじりんさんのご厚意で。

少し長めの距離を走る時、予備タイヤが1本じゃ不安な時にはこの装備で…

とりあえず、タイヤはこれで良いと思いますが、リムテープ2本分をどう装備するかが未解決。買い置きしてあるMIYATA TTP2を、35mmフィルムケースに1本分ずつに巻きなおしてツールボトルに入れておこうか、と思案中。


Comment:3  Trackback:0
2011
10.19

なにわ友あれ、十三峠

Category: チャリ
十三峠 2011/10/19
ご褒美 2011/10/19

用事があって休みを貰ったのですが、予定外に早く片付き「ありゃ、どうしましょ」ってことで行ってきました十三峠。

平日昼間に、こんなとこ誰もおるワケないやろ、と思うのは浅はか。休日に行った時より多くの方(ロード乗り)に出会ったかも。皆さん、何してらっしゃるのかしらん。(笑)

今日から12-25Tが復活です。(笑)

サドルは、前傾角度を少し緩めてみましたが、いまひとつしっくりきません。ただ、極端な(と思える)前乗り姿勢にすると「えっ?」と思うような感覚があったりとか、まだまだ奥深いサドルのようです。これからもしぶとく、ジタバタしてみたいと思います。

十三峠通算登坂回数:82回目


Comment:0  Trackback:0
2011
10.16

ゆっきょイズム

Category: チャリ
ISM ADAMO Road 2011/10/16
彼方児童遊園 2011/10/16

っというワケで、ISM ADAMO Road の調整(aka 拷問w)に行ってまいりやした。

ご同行してくださいましたのは、さんまさん&うじりんさん。

さんまさん 2011/10/16
うじりんさん 2011/10/16
かんぽの宿・富田林 2011/10/16

新明治橋で待ち合わせて大和川CR・石川CL横の車道等を繋ぎ、元々は「滝畑ダムまでレッツ・ゴー!」だったのですが、滝谷不動尊から佐備川沿いの道路を走ってた時に「ちょっと、オレンジラインへ寄り道してみましょうか」ということで、急遽、やんわりとした激坂へ突入することに。(爆)

坂のてっぺんには「かんぽの宿・富田林」があり…全エネルギーを集中して登り切ったおかげで、「今日のゴールはココにしましょうね♡」ということで、あっさり撃沈でしたのさ。

フン!だ。別にイイやん。(て、誰に言うとんねん…)

ここからは、だいたい「来た道を帰る」パターンで柏原まで戻り、久しぶりのカフェ・アスリートで軽い昼食をいただきやした。

この後、国道25号等を通って平野のスクアドラに寄り道。指切りグローブが破けてしまったので新しいのを調達しようと思ったんですが、「ありゃ~、ちょうど春夏モノをしまって、秋冬モノに入れ替えちゃったのよ~」ということで、「来シーズン、またどうぞ」ということで、ここでも撃沈。

グローブは破けちゃうし、前輪はパンクするし、石川CLは水溜まり&泥だし、けっこう大変w

けど、久しぶりに人と一緒に走ることができて、ちょっと新鮮でした。

さんまさん・うじりんさん、せっかくのお休みのところ、お付き合いいただきどうもありがとうございました。

予定コース途中でヘタレてしまって、すみませんでした。















え?! ISMのサドルはどうなんだ?って?

いや、ま、普通に良いサドルですよ。はい。(笑)

サドルに紙っペラのマニュアルが付いてて、それに書いてありました。

性急にこのサドルの評価を下すな、と。
慣れるまで、しばらく我慢して使いなさい、と。(爆)

とりあえず、会陰部(尿道)の圧迫/痛みは皆無です。これは狙い通りばっちりです。

座る位置がまだぜんぜん決まらないです。どう座ってもどこかが当たって痛い。とか思ってたら、何かの拍子に(たまたま)ものすごく快適になったりする。

前後位置やら角度やら高さやら、乗りながら色々と調整していかないといけません。

気長にやっていきますわん。


Comment:3  Trackback:0
2011
10.15

諦めずに念じれば…

Category: チャリ
Selle Sanmarco Flite 2011/10/15

ISM ADAMO Road 2011/10/15


ぐはっ…


明日、滝畑まで走って調整(挑戦?)してみます…

インプレ等はまた別途。


Comment:3  Trackback:0
2011
10.12

ISM ADAMO Road サドルが欲しい~~~っ!

Category: チャリ
と、叫んでおこうか。







って、そんだけかよ、おい。(ぇ


Comment:0  Trackback:0
2011
10.09

続・突発性ドM症候群

Category: チャリ
十三峠 2011/10/09
のどか村 2011/10/09
ご褒美 2011/10/09

ま、そんな感じで、気軽にカジュアルにしんどいとこに行ってきました。

頂上駐車場では、おっちゃんらに囲まれて、「にーちゃん、これ、ブレーキ付いてるんか?付いてなかったら捕まるで」の口撃 にあい、うちのめされてしまいました。

メディアのアホ。「競技用自転車」て言うな!ヴォケ。
街乗りピストモドキのどこが競技用やねん。スカタンもええとこや。

ということで、頂上である意味爆発的エネルギーをもらったおかげで、のどか村へもたどり着くことができ、よかったです。(爆)

十三峠通算登坂回数:81回目


Comment:5  Trackback:0
2011
10.08

レバーベル

Category: チャリ
2011/10/08 レバーベル改

前のHELIOSでもそうでしたし、ストライダにも最初からNuvoのレバーベルを付けておりました。

ハンドルから手を離さずに済みますし、ブレーキングしながらでも指一本で操作できるので「実用車のベルとしてはこれ以上は無い」ぐらい最高の取り付け位置が気に入って、長く使っておりました。

んが、アルミの小さいお椀では音量/音色としては高望みするべくもなく。自転車用ベルとしては「真鍮製お椀が世界最高峰の音色や」と中学の時から思い続けてきた私には、ショボいアルミのお椀では我慢しきれず、ようやく、VIVA製真鍮ベルをレバーベルの台座に取り付けることにいたしました。

バネ式の鈴棒の加工/調整で少しナンギしましたが、まぁ、上手く取り付けることができました。台座側もベル側もどちらのネジもM5サイズだったのが助かりました。


Comment:2  Trackback:0
2011
10.05

気軽に使えてほどほどに良質なクリンチャーホイール

Category: チャリ
なんか、ものっそい久しぶりの更新…。っても気まぐれ・思いつきの更新ですけど…

ま、それはともかく、だいぶ以前にも思ってたことですが、何かの拍子にふと思いだしてしまいます。

元々OPERAに付いてきたホイールはShimano WH-R500という最廉価版のクリンチャーのもの。その後、某店々主のお薦め・お気遣いもありAMBROSSIOリム+デュラハブなチューブラーホイールに交換して、それ以来ずっとチューブラーに乗ってます。

が、しかし。

やっぱり、パンク対策の備品的に、チューブラーはどうにも不安が拭えません。
だからと言って、今さら「超重たい」WH-R500に戻る気にもなかなかなれません。

といったアンニュイな気分の中、貧乏人のサイフにも優しくほどほどに良質なクリンチャーホイールが無いものか、と悶々。

候補としては、以下のようなものでしょうか。

  • Shimano WH-6700
  • Fulcrum Racing 5
  • ウエムラオリジナル MAVIC OPENPRO + Ultegraハブ

気楽さからいけば、一番下のが良いのかもしれませんが…



ま、そんなことよりも何よりも、2ヶ月以上ロードバイクに触っていない、ってのをなんとかしないとねぇ


Comment:6  Trackback:0
back-to-top