2012
09.29

久しぶりのサイクリング

Category: チャリ
大和川CR~石川CL~彼方児童公園~河内長野~花の文化園、これの折り返し。帰りにカフェ・アスリートにて昼食兼休憩。総行程60kmほど。

花の文化園 2012/9/29
ご褒美 2012/9/29

梅ちゃん先生・最終回を見終えてから出発。

通常なら西風が吹いているはずの大和川CR、今日は逆向き。台風17号のせいかな。お天気も微妙な感じで「ムリせず早めに帰宅したほーが良いよ」と言ってそうな雰囲気の空模様。

「できれば滝畑ダムまで」と思っていましたが、河内長野・花の文化園までが限界でした。先に進んだら帰ってこれそうになかった…。脚がっ…、腕がっ…、首がっ…。あと、「尻がっ…」ってのも…

石川CLは喜志を超えたところの途中が大阪府警に占拠されており、何の説明も案内もなく一般道を通らされました。突っ立ってた警官に「事故かなんかあったんすか?」と不躾な質問をしたら、「別に」と無愛想な返事をいただきました。

誰からお金もらって仕事してるのか、よく分かっておられないような気がしますね。警官様がたは。

それはともかく、石川CLはけっこう沢山の方が走っておられました。が、河内長野を越えて滝畑に向かう道では、ほとんど誰とも合わなかったです…。滝畑ダムは不人気なのかしらん。(笑)

帰り道の石川CLで、自分とまったく同じle coq sportifのウェアを着た方とスレ違いました。CL両脇の生い茂った茂みがブラインドになってて、突然だったので「あ!」と言う間もなく通りすぎてしまいましたが、すれ違う瞬間、お互いに「ニヤっ」としたような…気がします。(笑) 色まで一緒だったモンなぁ…。同じウェアを着た方に合ったのはこれが初めてでした。なんか新鮮な感じ。

休憩を除いて走ってた時間は(たぶん)2時間半ぐらいと思いますが、家に戻ってきた時点では、脚も腕も首も「ガクガク、プルプル」状態でしたがな。帰り道、信号待ちする時に道路脇のポールとかにつかまり立ちしましたが、腕(の筋肉)がプルプル震えてやがんの…。ハンドル持っても腕がプルプル、脚(太腿)の筋肉はずっとプルプル…。

かなりダメ化が進行してしまっているようです…。リハビリ不能かも…。

坂道の無いコースでこの状態ですから、金曜日の晩にうじりんさんに「グリーンロードなんて、走れる身体じゃありません」と言ったのは、間違ってはいませんでした。マジメな話、人様にご一緒させてもらえるような状態じゃありませんわ。

そっとしておいてやって下さい。(爆)

某さん宅での鍋パーティなら、参戦可能かもしれません。(殴)


Comment:0
2012
09.27

気になる隙間を埋める

Category: misc
たいした話でもないし、書く気力も不十分ですが、一ヶ月以上放置するとウザい広告がトップに出てきやがるので、やむを得ず更新。

だいぶ前にふと思い立って家中を探してみたけど見つからなかった paris match のお気に入り3作、"typeIII" "QUATTRO" "Song For You"。

探して探して探して探しまくったけど(ってそんなに探してないけど(ってなんやそれ(ってカッコをネストすんなよボケ!(すまん))))結局見つからなかったので、気を取り直して某著名通販で中古品を手配し、無事手元に届きましたのさ。

古い友だちから「良いよ、聴いてみそ」と言われて教えてもらったのがparis matchを知った最初でした。このタイミングでQUATTROだったと思うけど…を初めて聴きき、「なるほど、これは良い感じやないの」ということで、typeIIIとSong For Youも調達して3作ともヘビーローテーションで聴き倒しておりました。

その後 ♭5After Six の2作を買いましたが、After Six 辺りで「ん?ちょっと感じが違ってきたな…」ということで、この時点で収集を中断しておりました。(殴) で、間が7と8が飛んで、久々にゲットしたのが "to the nines" で、これは良い感じが復活してて良かったです。

ということで、お気に入りのCDを無くしてできてしまったスキマを埋めました、というしょーむないお話です。

同様に、 こんなのこんなのも スキマになっていたようなので、ついでに(中古本で)埋めておきましたのさ。


Comment:0
2012
09.01

Ultraなbook

Category: PC
今ドキのモバイルノートPCは、すごいですね。

つい先日発売になった NEC の LaVie Z という超軽量のUltrabookがありますが、仕事関係で少しだけ縁があって、LaVieZの法人向けモデル(型番失念)に触れる機会がありました。

LaVieZが発表になった時点から気になっていましたが、触ってみて納得。このノートPCは、今考えられる最強のモバイルPCですわ。

iPadより重たいんですが、まったくそんな感覚が無い。とにかく、呆れるぐらいに軽く感じます。最初持った時は「これ、中身入ってんの?」と思ったぐらい。大きさから想像する重量と実際の重量が大きく乖離してるのが、そう感じた理由なんでしょう。

電源ONしてWindows7をブートし少しだけデスクトップを操作してみただけなんですが、動作もサクサク、描画もサクサク、何のストレスも感じません。

13.3型LCDで1600x900という解像度が老眼の酷い自分にはどうなのか心配でしたが、普段使いの遠近両用メガネで問題なく視認することができました。老眼鏡をかける必要を感じなかったのは、自分でもちょっと驚きでした。

若干不安に思ったのは、13.3型LCDを装備する程度のフットプリント(底面積)があるのに、本体が薄く軽くできあがってますので、強度的に本当に大丈夫だろうか?と。ごく普通の通勤カバンに入れて満員電車に乗って通勤して大丈夫なんだろうか?と。

そんなことは織り込み済みで設計・製造されているとは思いますが…

今回の試用でSSDというデバイスも初めて体験しましたが、めっちゃくちゃ快適ですね。Windows系PCのブートデバイスは、SSD以外には考えられんですわ、これは。自宅PCも、SSD導入を考慮して、ブートパーティション+C:領域が100GB程度に収まるようサイズを調整していますが、ちょっと本気でSSD化したくなってきました。値段も下がってきて魅力的な頃合いでもありますし…

ということで、冒頭にも書きましたが、Windows系モバイルノートPCを今考えておられる方がいらっしゃいましたら、現時点ではNECのLaVie Zが唯一無二の選択肢かと思いますね。

仕事で持ち歩くクライアントPCも「これにしたい!」のですが、法人向けとしてはいくつか厳しい点もあって、すんなり通りそうにないのが悲しいところです。


Comment:2
back-to-top