--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
02.27

珍しく、短いインターバルでのサイクリング

Category: チャリ
石川CL 2017/02/27

何故か「年間で、暦上の休日以外に12日休暇を取ること」が目標に設定され、その目標を達成する為、という高尚な理由により本日はお休みをいただいておりました。(ほんま、呆れますよね…)

今日のコースは、大和川CR~石川CL~彼方~滝谷不動~中佐備~河合寺~河内長野駅裏(折り返し)~金刀比羅神社~彼方~石川CL~大和川CR。ウルトラ久しぶりのコース。行きしな道明寺近辺でパンク休憩したのと、復路で金刀比羅神社に参拝したぐらいが休憩で、あとはほとんどノンストップ。

彼方公園の少し南側、左折して滝谷不動へいく交差点のところにコンビニができてました。サイクルラックも設置されていて、利用し易い感じです。

平日の昼間で「誰もおらんやろ」と思ってましたが、さにあらず。けっこうな数のサイクリストに出会いました。すれ違う方は多かったですが、ぶち抜かれることはありませんでした。

道明寺近辺でパンク修理してた時、通りすがりのサイクリストが「大丈夫ですか?」と声をかけてくれはったんですが、ぱっと見、一瞬「かわじぃさん!?」と思ってビビってしまいました。それぐらい似た雰囲気の方のように見えました。

角の鋭い小石を踏んだせいでパンクしたと思うのですが、チューブに開いた穴の位置に対応するタイヤ位置に特に異変が見られなかったのよねぇ。そういう感じでタイヤ表裏をオネオネと眺めていたのが、もしかしたら「パンク修理すらおぼつかないオヤヂ初心者」に見えたのかもしれません。それでお声がけいただいたのかも。

よくよく考えたら、大和川CRとかで何度かお見かけしたことがあるような方、のような気がします。とりあえず、お気遣いありがとうございました。ココロが少し温まった一瞬でした。

行きは大和川CRが向かい風、帰りは石川CLから大和川CR/自宅まで全部向かい風。の上に、けっこう寒かった。なかなか大変な修行モードでしたが、なんとか無事に帰宅しました。


スポンサーサイト
Comment:4
2017
02.25

天気の良い冬空の下のサイクリング

Category: チャリ


久しぶりにロードバイクに乗ってみることにしました。行き先は相変わらずで、金山媛神社・金山彦神社・龍田大社・志紀長吉神社を参拝して回るだけです。写真は龍田大社のもの。

金山彦神社は、昨年の惨事から新たな一歩を踏み出しておられました。宮司さんによれば、地元の方々の理解/協力があっての事だそうで、4月末の完成を目指して工事が進められていました。

身体がナマっている/弱っているのを実感しました。少し登っただけで足がパンパン。シッティングではチカラを出せず、かといってダンシングする為に立ち上がることもままならん状態。増えた体重がさらに状況を悪化させている感じがします。帰り道の大和川CRは全編向かい風で、徹底的に打ちのめされヨロヨロの状態で志紀長吉神社に向かいました。

こんな状態でも、いちおうロードバイクに乗ってサイクリング(のようなこと)を出来るだけでもありがたく思わないとね。

もう少し暖かい季節になったら、今よりもっと身体を動かしたくなる…かな。


Comment:0
2017
02.05

続:ゆる~い時計でスロウな生活

Category: misc
SCVE007 2017/02/05

2015年初頭に購入して早や2年経過。

リューズが固くなって操作できなくなってしまい一時期お蔵入り状態だったんですが、数ヶ月後、何の気無しに触ってみたら「普通に使えるやん!」「動くやん!」ということで自然復旧(爆)して、引き続き常用しております。

純然たるメカニカル時計なので「自然復旧」なんて「いかがなものか」という感じですが、調子の悪い機械装置/電気装置は「叩くと直る」というのを何度も目の当たりにしてきた昭和の世代なので、何のギモンも感じません。(笑)

よくよく観察すると、一定周期で「遅れる」「進む」を繰り返すっぽい性格のようで、非常にナイスでキュートな時計です。一定年限毎に保守してやらんとあかんのですが、3万円しなかった時計の定期メンテに2万円かけるのは「いかがなものか」という感じですが(殴)、まぁ長く付き合ってあげたいと(今はw)思ってます。

時計のベルトのバックル部の出っぱりが邪魔なので、観音開き式のベルトに交換しました。装着がめっちゃ面倒ですwww

このように(?)、機械装置とはゆっくり/スロウに付き合ってくのが良いです。


Comment:2
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。