--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
03.11

Thermos保冷ボトル FFQ-600

Category: チャリ
Thermos FFQ-600 2017/03/11
Thermos FFQ-600 2017/03/11

普段使いの保冷ボトルとして長く使ってるモノもThermosなんですが、自転車用のが出た!ということで買ってみました。お高いです。長く使わないと元が取れません。

「冷たいモノを冷たいまま飲みたい」向きには保冷ボトルは必須ですが、今の時期は、まったく欲しくないです。保冷な感じの評価はもっと暑くなってから…だと自転車に乗らないかも(爆)。「おそらく」ですが保冷性能は問題無いでしょう(殴)。

で、そこ以外の評価ですが、とりあえずまぁ、重たいです。装備重量を気にされる方には向かない製品です。中身の量を減らせばプラボトルと同重量を実現できるかもしれません。

写真の通り、ポラーボトルの小さい方とほぼ同じ長さ(高さ)です。内容量は、500ccPETボトル1本分+氷少々 が入るサイズかと思います。

内部の構造は、けっこう良く考えられています。

吸い口部分がシリコンゴム(と思う)のパイプでできていて、それの反発を利用してフタが「パカっ!」と開くシカケです。シリコンゴムパイプの先はフタの裏まで伸びて、その先はプラのストローを取り付けてボトル底部まで伸延する構造です。ボトルの外周に密着するようフタの裏にはブルーのシリコンゴムが装着されており、(洗浄目的ですが)これも取り外せます。

というように、衛生上も不安は無い感じですが、どういう構造か把握してから使うのが良いと思うので、使い始める前に、フタ部分やストローの分解を予行演習しておくのが良いのではないかと思います。メーカへの期待としては、補修用にフタ部分の構成パーツを別売して欲しい感じです。「壊れやすい」と思ったワケではありませんが、フタ部分の構成パーツは洗浄の度に取り外し/取り付けを行うので、そういうストレスによる傷みが予想されるのと、吸い口については衛生上の問題でパーツ交換できた方が良いと思ったから。

ケージは、圧倒的にプラ製のモノをお薦めします。

ボトル本体が金属なので、ケージも金属だとボトル本体にキズが付きます。(てか、↑の写真を撮る為に初めて装着しましたが、ちゃんと擦り傷が付きました)

ということで、ヨレヨレなポタリストおやじにちょうどお似合いの保冷ボトルの登場です。

【後日追記】
Newボトルケージ 2017/03/13

ボトルケージ、OGKのPC-3に換装しました。

ボトルのクビレ部には0.5mm厚ぐらいのグレー色のゴムが巻いてあるのですが、この部分が窮屈なケージだと、ボトルをケージに挿す時にゴムが捲れてしまって使用感が非常に悪いです。かと言ってユルユルのものもだめですので、上手い具合のものを合わせる必要があります。


スポンサーサイト
Comment:2
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。