FC2ブログ
2019
02.24

Shure SE215 with RMCE-BT2

Category: 音楽
RMCE-BT2 2019/02/23

普段持ち歩きの音楽環境は iPod nano なんですが、けっこうな経過年数となり「そろそろ末期症状が…」という感じになってきておりました。(電池持ち日数の短期化が顕著)

それで、新たな環境の必要に迫られたのですが、いっそのことスマートフォンを再生装置にしてしまえば、常時持ち歩きの電脳ガジェットを減らすことができる…ということで、その前提として「常用ヘッドフォンの無線化」が必須事項となったわけであります。

その為、ShureのRMCE-BT2ケーブルを調達しましたのです。
(高かった…)

ウルトラ柑橘系に音質を語るほど拘ってはいませんが、まぁ、有線で接続した時と何ら違いを感じなくて済んでおります。

物理的な部分で気になったのは以下のような点。
  • ケーブルがもう少し長ければ、シャツの胸ポケットの上端に電池部をクリップすることができるのに、わずかに足りません。(私の首の長さは極めて一般的だと信じていますが…)
  • 充電用ポートを塞ぐゴムが硬い。クリップも硬い。なので扱いにくい。
  • もう少し滑りの良いケーブル表面だったら良いのに…
Shureのケーブルとしてはこれが2つめで、1つめが購入後1ヶ月ほどで成仏という短命だったのもあって少し身構えております。あと、電池はもう少し大きくてもいいから、運転可能時間をもう少し伸ばしてほしい感じがしています。音楽を聴く時以外は使うつもりがありませんので、2日に1度ぐらい充電するペースで良さそうですが…

ということで、長く職務を全うしてくれることを祈っております。

【後日追記】
(月)朝から(木)帰宅時までの使用感ですが、非常に具合がよろしいです。
通勤片道70分程度、お昼休み40分程度、1日の使用時間としてはこれぐらいですが、電池保ちはほぼ額面通り。音楽を聴くこと・再生アプリを操作すること、ぐらいでしかこのデバイスを使っていませんが、だいたい9時間ぐらいまで普通に使えました。9時間を過ぎたぐらいで電池残量が20%ほどになり、それを過ぎると3分毎ぐらいに「電池残り少ないぜ」としつこく割り込んできてくれて、落ち着いて音楽を聴くどころではなくなってきます。それも我慢して聴き続ければ、仕様説明通りの「10時間」になるのでしょう(笑)。電話とかで使うと、もっと短いのかもしれませんが、よく分かりません。
充電も仕様通りに「満充電まで2時間程度」でした。


Comment:0
2019
02.24

破損

Category: チャリ
STRIDA 2019/02/23

ストライダのチェンリング(つーかベルトリング?)にはベルトがリングから外れないよう左右両側に数箇所の爪があるのですが(上図の赤○印のようなもの)、ふとした不注意でこの爪を1つ割ってしまいました。

折り畳んだ状態のストライダを持ち運ぶ際、自分はいつもサドル下のベース部に手をかけ少し持ち上げるようにして運ぶのですが、今日たまたま玄関先で折り畳んだ状態で置いていたものを定位置の保管場所へ移動する際、そのように持って歩きはじめたところ、アンダーパイプが前側に倒れていき、チェーンリングの下側が地面(コンクリート)に激突。バキっ! という音と共に何か破片のようなものが飛んでいって…

よくよく見たら爪が1つ吹っ飛んでた、と。

こんなことが起こってしまったそもそもの原因は、リクセン対応した結果、きちんと折りたたむとリクセンアダプタがベルトに干渉してしまっていること、です。干渉したまま保管するのも「まぁあんまし良くないよな」ということでアンダーパイプを正規の位置の少し手前で止めて干渉を回避しておったのです。

その状態のまま立てて持ち運んだもんだから、きちんと止まってないアンダーパイプが前に倒れて…という次第。

とりあえず、僅かな損傷で済んだので、ストライダの実使用には問題は無さそうですが…。にしても、つまらんエクスキューズを残したまま放っておいたのがダメなワケで、我ながら情けなさすぎて…。ガックシです。


Comment:0
2019
02.21

Windows10 October 2018 Updateの災い

Category: PC
超ひさしぶりにパソコンの話です。

今週になって突然に配信&適用されちゃったWindows10 October 2018 Updateですが、ご多分に漏れず災難に遭いました。

ずいぶん前は、Windows Updateの実施/適用には強烈に身構えたものですが、ここ最近はずっと比較的気楽に過ごしてこれましたのに、昨年末に懸の大型Updateの極悪品質が世間の非難の対象になって「こりゃぁ、ちょっと危ないぞ」と久しぶりに姿勢を正しました。しかし、配信停止の報を聞いてから気が緩んでしまい、改修の加えられたものが配信される事を完全に見逃しておりました。

その隙を突かれて…の被災です。(もちろん、使ってるアプリやツールをきちんと最新化していなかった・状況をきちんとフォローしていなかった、というのも原因の1つ…)

主な被害は、常駐型アプリのいくつかが正常に機能しなくなったこと。

1つは、Dropboxクライアントアプリ、もう1つが Google Backup&Syncクライアントアプリ、3つめがGarmin Express(GarminデバイスをUSBでPCに接続してPCから管理する為のツール)、最後が SofPerfect RAM Disk。

DropboxとGoogleのクライアントアプリは共に、ユーザプロファイル下の特殊なフォルダ下をクラウドと同期し且つエクスプローラで見せる形式のもので、こいつらは、Update適用前にアンインストールしておく、Update適用できた後に最新版を手動インストールする、といった作法で対応するのが吉だったようです。当方の場合、最新版へのアップデートも対応が洩れていて且つインストールしたままでUpdate適用になってしまった為に災いとなりました。アンインストールすることすら、いちいち躓きがあってナンギしたのですが、なんとか最新版インストールまでこぎ着けて助かりました。

もしかしたら、Boxのクライアントアプリも使ってたら同じ目に遭ったのかもしれません。ムカっ腹が立つのは、同系アプリのOneDriveクライアントアプリは何も問題がなかったこと。こういう事だけは抜け目がありません<マイクロソフト社

Garmin Expressも、OS Update適用前に最新版にアップデートしておけば良かったようです。稼働していたのが最新版ではなかった為、OS Update適用後に正常機能しない、最新版へのアップデートも正常に完了しない、といった事が起こりました。が、正常に完了したようには見えなかったアップデートが実はできていたようで、いつの間にかエラーを吐かず正常起動するようになっていました。よくある「自然復旧」ではないと思いますが、具体的に何してどうなったか、よくわかっていません。

SoftPerfect RAM Diskは、無償版のver3.4.5を使用しておりましたが、October Updateには ver3.4.8が必要だったようです。こいつも、OS Update前にアンインストールして新版をインストールしておけばよかったものの、後手をふんでOS Update後にアンインストールすることになり、アンインストールも素直に完了しなくなって少し手こずりました。自動のアンインストールではゴミが残ってしまって新版インストールで「前の版が残ってるからダメ」と文句を言われてしまいます。手動でゴミ掃除(方法はウェブ上にあり)してから新版を無事インストールできました。旧版が機能しなくなっていた為、RAM Disk内容をイメージファイルに書き出すこともできず、構成情報をXMLにエクスポートすることもできませんでした。また、新版では、RAM Diskサイズが制限(4096MB以上は指定不可)されており、従来は5120MBでしたがそれより少ない4095MB指定にせざるを得ませんでした。


Comment:0
2019
02.09

暗黒なかぶり物 Ver.2019

Category: misc
暗黒なかぶり物 2019/02/09 たいへんありがたいことに、極めてレアなニット帽を頂戴できました。

自然由来の頭部防寒装置は歳相応以上に劣化が激しく、寒いこの季節には、家の外でも中でも(爆)ニット帽が必須アイテム化しております。長らく愛用してきたものが傷んできて「そろそろ買い替え時か…」思っていた矢先の幸運に、感謝感激、雨あられ…。

暗黒技研所長のお心遣いに感激しております。

写真ではワッペンを真正面にしておりますが、通勤での利用を含めた屋外の着用では、ワッペンがこの位置ではあまりにあまり…かと思い(殴)、若干気弱に横位置にして着用する所存でございます。

非常に良質なモノのようで、保温性能がかなり高いもののようです。強烈に寒くなることが多い今シーズン、大活躍してもらえそうです。

思い返せば、10年前にも暗黒なかぶり物をいただいており、暗黒技研方面には足を向けては寝れませぬ。


Comment:2
2019
02.03

リフレクタの再装備

Category: チャリ
リフレクター 2019/02/03

ストライダのオリジナルは、キャリアラック下にぶら下げる格好でリフレクタが装備されていましたが、ラックごと撤去してしまったのでその代替装備を手当しました。

どこにどう取り付けるのが良いのか悩んでましたが、上図のように上手くブレーキアウタを跨いで(挟んで?)CATEYEのリフレクタ(RR-165-BS2R)を取り付けることができました。取付バンドはユニバーサルサイズ(544-0892)のを使用しました。

上の写真では分からないですが(爆)、ブレーキアウターには全くムリがかかっていません。ドロヨケの取付部があってこれより上は無理でしたし、フレーム(シートパイプ)上でのリフレクタ取り付け位置はほぼこの一択でした。フレーム(アンダーパイプ)上ならもう少し自由度がありますが、位置が下過ぎるのと幅方向に出っ張るっぽいのを嫌いました。

これでまた1つ問題解決です。


Comment:0
back-to-top