FC2ブログ
2019
02.24

Shure SE215 with RMCE-BT2

Category: 音楽
RMCE-BT2 2019/02/23

普段持ち歩きの音楽環境は iPod nano なんですが、けっこうな経過年数となり「そろそろ末期症状が…」という感じになってきておりました。(電池持ち日数の短期化が顕著)

それで、新たな環境の必要に迫られたのですが、いっそのことスマートフォンを再生装置にしてしまえば、常時持ち歩きの電脳ガジェットを減らすことができる…ということで、その前提として「常用ヘッドフォンの無線化」が必須事項となったわけであります。

その為、ShureのRMCE-BT2ケーブルを調達しましたのです。
(高かった…)

ウルトラ柑橘系に音質を語るほど拘ってはいませんが、まぁ、有線で接続した時と何ら違いを感じなくて済んでおります。

物理的な部分で気になったのは以下のような点。
  • ケーブルがもう少し長ければ、シャツの胸ポケットの上端に電池部をクリップすることができるのに、わずかに足りません。(私の首の長さは極めて一般的だと信じていますが…)
  • 充電用ポートを塞ぐゴムが硬い。クリップも硬い。なので扱いにくい。
  • もう少し滑りの良いケーブル表面だったら良いのに…
Shureのケーブルとしてはこれが2つめで、1つめが購入後1ヶ月ほどで成仏という短命だったのもあって少し身構えております。あと、電池はもう少し大きくてもいいから、運転可能時間をもう少し伸ばしてほしい感じがしています。音楽を聴く時以外は使うつもりがありませんので、2日に1度ぐらい充電するペースで良さそうですが…

ということで、長く職務を全うしてくれることを祈っております。

【後日追記】
(月)朝から(木)帰宅時までの使用感ですが、非常に具合がよろしいです。
通勤片道70分程度、お昼休み40分程度、1日の使用時間としてはこれぐらいですが、電池保ちはほぼ額面通り。音楽を聴くこと・再生アプリを操作すること、ぐらいでしかこのデバイスを使っていませんが、だいたい9時間ぐらいまで普通に使えました。9時間を過ぎたぐらいで電池残量が20%ほどになり、それを過ぎると3分毎ぐらいに「電池残り少ないぜ」としつこく割り込んできてくれて、落ち着いて音楽を聴くどころではなくなってきます。それも我慢して聴き続ければ、仕様説明通りの「10時間」になるのでしょう(笑)。電話とかで使うと、もっと短いのかもしれませんが、よく分かりません。
充電も仕様通りに「満充電まで2時間程度」でした。


Comment:0
2019
02.24

破損

Category: チャリ
STRIDA 2019/02/23

ストライダのチェンリング(つーかベルトリング?)にはベルトがリングから外れないよう左右両側に数箇所の爪があるのですが(上図の赤○印のようなもの)、ふとした不注意でこの爪を1つ割ってしまいました。

折り畳んだ状態のストライダを持ち運ぶ際、自分はいつもサドル下のベース部に手をかけ少し持ち上げるようにして運ぶのですが、今日たまたま玄関先で折り畳んだ状態で置いていたものを定位置の保管場所へ移動する際、そのように持って歩きはじめたところ、アンダーパイプが前側に倒れていき、チェーンリングの下側が地面(コンクリート)に激突。バキっ! という音と共に何か破片のようなものが飛んでいって…

よくよく見たら爪が1つ吹っ飛んでた、と。

こんなことが起こってしまったそもそもの原因は、リクセン対応した結果、きちんと折りたたむとリクセンアダプタがベルトに干渉してしまっていること、です。干渉したまま保管するのも「まぁあんまし良くないよな」ということでアンダーパイプを正規の位置の少し手前で止めて干渉を回避しておったのです。

その状態のまま立てて持ち運んだもんだから、きちんと止まってないアンダーパイプが前に倒れて…という次第。

とりあえず、僅かな損傷で済んだので、ストライダの実使用には問題は無さそうですが…。にしても、つまらんエクスキューズを残したまま放っておいたのがダメなワケで、我ながら情けなさすぎて…。ガックシです。


Comment:0
back-to-top