2014
03.11

久しぶりにチャリンコウ通勤

Category: チャリ   Tags:STRIDA輪行通勤
行きはストライダと地下鉄のハーフ&ハーフ。天満橋まで輪行して、そこから走って会社へ。帰りは会社からフル自走。

朝は少し寒い感じがしたけど、走ってるとそれほどでもなくなりました。帰りは全く寒くなく、家に近づく頃には薄っすら汗までかいてしまいました。

やっぱ、ほどよい運動になりますね。

「できるだけ続けよ」とか「週にx日はチャリンコウ通勤しよ」とか、変な目標を掲げるとロクなことにならないので、気が向いた時にチャリンコウ通勤することにしましょ。

帰りのコース上に某Bici Terminiがあるのですが(笑)、閉店時間ギリギリぐらいでしたが、複数のお客さんがおられましたし、みやっち店長もお忙氏のようでした。「なんか用事があったハズなんやけどなぁ…」と思いながら走って帰ってきましたが、今だに思い出せません(爆)。

「こんばんわ~」
「をを~」
「さいなら~」

という感じで、お店をあとにしましたのです。すんません>店長

あ、それと、ストライダのブレーキも快調でした。引きの軽さとブレーキの効きは全く問題無し。レバーのストロークはもう少し短いのが好みですが、そもそもレバー比が合ってないのでどうしようもないですしね。

とりあえず、ユルチャリのストライダには充分なブレーキと思います。

今回のチャリンコウ通勤から、ストライダ純正の輪行袋(ST-BB-002)を使用することにしました。

タイヤ部まで含めて全体をカバーできる「真の袋」です。これなら駅員も文句言わんでしょ、ということで。

で、この輪行袋の問題は、畳むのがウルトラ面倒なこと。

事前の予習で分かっていましたので、純正のたたみ方はせず、息子が小さい頃使ってた体操服入れの巾着袋を輪行袋カバーとして利用することにしました。適当に畳んで巾着袋に詰め込みストライダのキャリアにバンジーコードで縛る式です。

っということで、ストライダに関する問題点は、残り1つ。「サドルをなんとかしたい」ということです。(爆)

会社→自宅は1.5hほどですが、ケツが…。

もう少しケツに優しいサドル…、具体的にはSERFASのRX Advancedを検討しています。


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top