2014
03.18

Unconditional Love - Ruben Studdard

Category: 音楽   Tags:音楽CD
Unconditional Love 誘惑に負けて…
ポチってしまった…

金澤寿和さんのこの評価を見たら、我慢できるほうがおかしいと思う…

ストライダのサドルよりも優先すべきアイテムです(笑)。

来月にはもう1枚魅力的なアルバムが発売されるようですし…

サドルはちょっと縁遠いかも…

【2014/03/19追記】
ブツが届きましたわいな。聴きましたわいな。こりゃ必携ですな。ルーサー・バンドロスは忘れてしもーたけど、グローバー・ワシントン・ジュニアのワインライトを思い出してしもた。Glover Washington Jr.は全然違いますな。何を思い出したんやろ…。それはともかく、このアルバムは必携・必聴。買って損無し、ですわ。


コメント
ゆっきょさん、こんにちは。
最近の音楽事情にはとんと疎く、Ruben Studdardなる方も初めて知りました。
ルーサー・ヴァンドロスとか、ビル・ウィザースとかの系統のようなので、All Music Guideで聴いてみました。
ダニハザ先生とか、マービン師匠とかの曲もやってはるんですね。凄くきらびやかなアレンジ。
Frank McCombとかとちょっと似てるんでしょうか?
アタクシ、新しい音楽を全然聴いてなくて、イカンなぁ・・・。
topcymdot 2014.03.22 10:49 | 編集
実は、私もコレ系は本当に久しぶりで…
記憶をずぅ~~っと遡ると、Luther Bandrossまで戻ってしまう…(笑)。
そういえば Al Jarreau の3部作(This Time, Breakin' Away, Jareau)も欲しい欲しいと思いつつ買ってないなぁ…と思い出しました。

「昔ゃ良かった…」と言うつもりは全く無いのですが、1980年代によく聴いていた音楽についつい戻っていってしまいます。
ゆっきょdot 2014.03.22 21:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top