2015
04.19

cm12 to cm12.1

CyanogenMod 12.1 2015/04/19 CyanogenMod版Lollipop5.1こと CyanogenMod 12.1(略称cm12.1)がようやくリリースされました。

「リリース」とは言っても、NightlyビルドなExperimental Versionですので、使うには「相応の覚悟」が必要ですが、そこはそれ「行っちゃいましょーよ」ということで、Let's Begin! (村野武範風に)

導入した環境は、Nexus7(Grouper)で、bootアンロック済み、TWRP 2.8.6.1 2.8.6.0導入済み、cm12導入済みで、アプリ類のアップデートは全完了している状態。

この環境で、Dalvik-Cache/CacheをWipeしてから、cm12.1及びこれ用のGoogle AppsとOminiSwitchを上書き導入してみました。(あと、Noto Sansなフォントも導入)

最初、cm12用のGoogle Appsのままcm12.1を入れてみたのですが、バックグラウンドで動くGoogle Playサービス/YouTubeでエラーが出まくって使い物になりませんでした。cm12.1用のGappsでこの問題は解消したように思います。cm12.1導入後のアプリのアップデートはありませんでした。アプリ的には5.0系で最新にしておけば5.1対応完了ということなんですかね。

Omniswitchは、1.1は問題ありで使えなくて5.1対応版が必要でした。が、それでもタスク履歴削除が上手く機能しないのはありますが。

システム/アプリ全般的には概ね問題無い感じがします。また、Factory Resetが要るか?!と思ってたのですが、環境を引き継げたのはありがたかったです。

USB StorageのMount/Unmountメニューを復活させる復活の呪文cm12.1で使えました。

アプリの起動/終了に関しては、巷の評判通りと言いますか、5.0系よりも快適なように感じます。サクサク/キビキビした感じがします。(あくまで、起動と終了ですよ)

今年初にcm11からcm12に変更してほぼ4ヶ月でcm12.1へ…。Lollipop5.0系は短命でしたね…と書くには早すぎるかもしれませんが、5.1で安定してくれたらありがたいな、と。

とりあえず、cm12.1生活を始めてみることにします。


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top