--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.06

禁酒

Category: misc
2015年5月30日より「酒と縁遠い生活」を開始しました。

先天的なものなのかポンコツ化の影響なのかよく分かりませんが、アルコール分解能力がかなり劣化しているように思えてならない、というのが理由の1つです。

手先・足先に「しびれた感」があるとか、脚(ひざ上辺り)の皮膚感覚が薄れてるとかしびれ感とか、時折強烈な頭痛があるとか、物を取り損ねることがたまにあるとか、平坦な道で軽く躓くことがたまにあるとか、まぁそういったような事について「よくよく考えたら、そんなようなことがあるなぁ…」的に思い当たるっちゅーか、ちょっと危険が危なそーな悪寒もしてきたりして、

当面しばらくの間は節制してみるか


という感じになったのが秘密の事情です。(秘密なので他言無用でお願いします)

全体的に運動量が落ちてきた、仕事面で厳しい場面が増えてきて時間と気力(と体力)が仕事に奪われがちになってきた、というのもあり、自分の中で何かを変えないと「どこかで破綻する」ような気がしてきたのもあります。

酒に関しては、一般的には「適量であれば何も問題無い」んだろうと思いますが、人それぞれ色々なことが違ってますから「万民一律の基準値」なんてのはあり得なくて、「何が(自分に)適量なのか」というのは自分自身でちゃんと決める事なのですよね。という事からすると、禁酒せざるを得なかったというのは自分の弱さを証明してるようなもんで、心境としては複雑ですわ…

古くは、2006年5月13日に禁煙を始めて今だ継続中ですが(今となってはもう「断煙」ですね)、タバコとは違って「禁酒を継続すること」にはあまり拘りはありません。が、とりあえず2~3ヶ月ぐらいは継続してみようかと思っています。


コメント
お酒、飲んでいたら楽しいんですが過ぎるといろいろ問題が出てきますね。まだ完全にお酒からは離れることが出来ていませんがわたしもお酒に関しては考えています。ただ何をしてリラックスしようかと考えるとつい、お酒に走ってしまいます。3間さんやゆっきょさんのようにどこかが痛くなると用心するのか。しかしσ(-_-)ワタシ 痛風持ちなんだよなぁ。この間も発作来ましたが飲んでしまっています。(T_T)
うじりんdot 2015.06.09 16:30 | 編集
うじりんさん、ご無沙汰してしまっております。
禁酒2週間弱ほどになりますが、なぁ~んも変わりませんね。やはり、血液系・血管系の障害を見聞きすると、どうにも恐ろしくてねぇ。
どんな時でもきちんと自分を制することができる精神力があれば「禁◯」なんて無用なワケで、なかなか複雑な心境でございます。

「もうこれ以上、腹ん中に水分は入れられへん!」ってぐらい、水を飲むですよ。(爆)

ゆっきょdot 2015.06.11 21:19 | 編集
ゆっきょさん、こんばんは。
アタクシはほとんど下戸です。アセトアルデヒド脱水酵素があまり働かない人に分類されると思われます。飲める人が羨ましい!
禁煙は32歳の夏からになるので、17年ぐらいになるでしょうか。
禁煙してから1本も吸ってません。
topcymdot 2015.06.27 19:42 | 編集
topcymさん、こんばんわ
「酒に弱い(≒少量で酔う)」=「アルコール分解能力が弱い」ということで、アルコールが分解されずに血液に混じり込み、血流によってそれが能や神経に届いて「酩酊する」というメカニズムかな~と思っております。

昔から何度も酒では失敗してきてましたが、いよいよ「フィジカルがちょっとおかしい?」と自覚してき始めると、さすがに怖くてねぇ…。

笑って済ませられる失敗で済んでる間は良いのですけど、「内蔵いかれてしまいました」「一生薬の世話にならんとあかんようになりました」は、さすがに笑えんです。(^^;
ゆっきょdot 2015.06.27 20:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。