2015
06.20

Zenの教え

Category: Android   Tags:ZenFone2
っということで、ZenFone2のその後ですが、H/W的なパフォーマンスはほとんど文句はありません。

大きな声で文句を言いたいのは、「ASUSなんちゃら」というアプリ群がウルトラ邪魔や、という1点かな。

できるモノについてはアプリを無効化、無効にできないものでも自動起動の抑制とか手出しできることは全てやって、「(自分にとって)余計なものが勝手にメモリや電力やパケットをムダ食いしないように設定する」ということでようやく「普通に使えるスマートフォンになる」ような気が致しております。

「ASUSなんちゃら」というアプリ群は、配布パッケージが大きく且つ何故かアップデートの頻度も高くて、ちょくちょく更新を迫ってくる煩わしいヤツです。邪魔です。鬱陶しいです。LTE通信中に勝手に更新されても困るので、自動更新もオフっています。(自宅のWiFiで手動更新しますのん)

LTEとWiFiの切り替えは「Smart WiFi Toggler」で、ほぼ自動化できています。(ナイスなツールです)

4GBメモリを搭載しておりますが、以上のような状況で普通に使ってる分には2GB超をラクラク使ってくれます。電源オフからのブート直後で1.3GBぐらいいってたような気がしますので、2GBメモリ搭載機を選んでたらつらい状況だったかもしれません。

電池の持ち的には、そうですねぇ…「2日に1度、満充電弱ぐらいまで充電する」という感じです。が、今ドキの若い人のようにヘヴィな使い方は全くしないので、その分差し引いてお察し下さいませ。

ZenFone2純正の充電設備を使うとQuick Chargeが機能するようです。(5V/2A以上の設備で機能するのかもしれません…) 電池残量が75%ぐらいまで急速充電してくれるっぽいです。が、そこから先「満充電まで」が「2時間かかります」とかなので、なんちゅーか…。ま、今日びの充電池は「満腹にしない」「激しく空腹にしない」のが肝要なので、大した問題ではないようにも思います。

っということで、今ドキのスマートフォンとしては「こんなモノ」なのでしょうねぇ。でも、おっちゃん的には、電力系をもっともっともっともっともっともっともっと改善してもらわんと、という気がしております。

電話機としてというか通信端末としてハードに使えば電力はおそらく1日持ちません。そんな頼りない機器が「モバイル機器です」なんてね、「ふざけるな、ボケ」という感じもします。

予備電池を持て? は?何言うとんでっか。

充電池方面のテクノロジーでブレークスルーが無いと、なかなか難しいのかもしれません。

とりあえず、これからも試験・試験・試験です。

今のところ、来年3月末で現行ガラケーを現役引退させる予定です。電話番号/SMS/Eメールなどなど一切合切が変わることになります。その際は関係各方面にはご連絡致しますが、SMSは実用的ではなくなるので、LINEなりlala Callなりの「トーク機能」で代用することになると思います。

念のため、と言うと変ですが、LINEのアカウントは取得しました。が、MVNOでは年齢確認ができない為、ID検索→友達追加ができず、ご招待いただくしか手が無いのが現状です。("怪しい技"は使いたくないので)


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top