2015
12.24

Marshmallowへ

Category: Android   Tags:ZenFone2
ResurrectionRemix-M 5.6.0 2015/12/24 ようやく、というか、なんとか無事にAndroid Mに移行することができました。

移行の環境としては、使用したTWRPはUnofficialの2.8.7.3、元はResurrection-Rimix-LP 5.5.9(20151124)+OpenGapps5.1(20151124,x86 nano)で、移行先はResurrection-Rimix-MM 5.6.0(20151223)+OpenGapps6.0(20151224, x86 nano)。/dataとdalvikのwipeのみで移行できました。(Factory Resetせずに済みました) SuperSUは2.64betaを使用。

2日ほど前に一度トライして失敗してまして(20151221ビルドのパケジを使った)、正しいPINを入れてもロックスクリーンが解除できなかったり、LINE/Twitpane等アプリが起動しなかったりして、移行を諦めました。また、TWRPのBackupが/systemのバックアップで妙なエラーを吐いて処理できなくなり、TWRPを他のに入れ替えても直らなくて、「バックアップを取れなくなった…」と悲しんでいたのですが、パッケージかROM自体に問題があったようで、20151223版でjこれらの問題が解消していました。

現時点での問題点は、USBでPCに接続した時に内部ストレージ/SDカードが見えない事。何か設定を洩らしているのかもしれませんが…。ADBは問題無しでした。

「やる時ゃ一気に」ということで、KernelもCyanogenmod13向けにリリースされている FlareM(v7→v6b) を導入しました。

入れ替えてまだ僅かですので感想を述べる状態ではありません。メモリ使用量は(5.1.1に比べて)若干少ない感じ。動作に関しては、僅かに重たい感じがしています。開発が進めば良くなっていくのかもしれません。

というような感じで、Marshmallow生活の始まりです。

【後日追記】
バッテリ消費の進み具合が以前(RR5.5.9)に比べて異様に早いです。Deep Sleepモードに全く入りません。目に見える何かが動いているワケではないっぽいのに、この状態なのはちょっと困る感じ。厳しく調べたら対処を含め色々分かるのかもしれませんが、そこまで時間と労力を割くのも…という感じなので、もしかしたら戻してしまうかも。


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top