2018
01.01

2018年はストライダでスタート

Category: チャリ
ストライダ フレームジャケット 2018/01/01

2018年もマイペースでぼちぼちやっていきますわ。よろしゅーお願いします。

で、「冬休みの友」としていた件、ウジウジしてるとあっという間に休みが終わりに近づいてしまうので、気合を込めて元旦から頑張ってみました。

単に「他にすることが無かったから」だけなんですが…

数々の大ミス(特に皮細工系)をことごとくごまかしながら、なんとかできました。ハンドル部位一式の交換と私製「貧相な」フレームジャケットの装着。

ハンドルバーは昨年末に書いていた純正オプションパーツ(ST-BDS-001)です。ハンドルバーのカット・使用するグリップ・ブレーキレバーをどうするか、いろいろ考えましたが、ハンドルバーはカットせずそのまま使用、グリップは以前使ってたUNAUTHRIZEDのロックオングリップにFizikの余剰バーテープを巻いた上からレザーを巻きました。

ノーマルのストレート型に比べハンドル幅が数cm拡大しますので要注意です。この事があって、オポジットレバーの採用は見送ることにして、ハンドルバーに付属してきたシルバーのブレーキレバーを使用することにしました。

交換前がオポジットレバーでしたので、ブレーキワイヤー類は「長さが足りない!」ということはなく、10cm程度カットするぐらいで済みました。のでハンドルバーに付属してきたアウター延長器具やインナーは使用せず。

さらに、だいぶ長い間「素案」を温めてきたストライダ版フレームジャケットをようやく作成し装着しました。フレームジャケットと言うかステムジャケットと言うか…。

輪行時の徒歩移動等でストライダをコロコロする時にステム部を手で持つのですが、冬場はかなり冷たくてイヤだったんですよね。これを改善するには、この部分に皮を巻くしかない…という事で、現物合わせで型紙を取ってたのを使って自作しました。

できれば、純正オプションパーツ等としてメーカ側で用意して欲しいなと思います。カラーコーディネートとか色々楽しめる部分かもしれませんし。

全景はこんな↓感じになりました。
ストライダ全景 2018/01/01

少しだけ乗ってみましたが、ハンドルが少し遠くなってポジション的に良くなりました。ハンドル幅はもう少し狭くてもいいのだけど…、グリップ込みで考えないとブレーキレバー固定に苦労することになります。いっそ大胆にハンドル幅を狭めた上でオポジットレバー化する手もあるかもしれません…。

ま、そんな感じで、本年もゆっくりのんびりやっていきます。

【後日追記】
結局、左右両ハンドルバーを25mmずつカットしました。ブレーキレバー位置との兼ね合いもあり、グリップを10mmほど短縮。それに合わせグリップのレザーカバーも幅を調節。という玉突き式の帳尻合わせを行い、一件落着。


コメント
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
年始からいろいろと案を実行に移されているようで凄いですねぇ。
私は年々物事をちゃんと考えられんようになってる感じで、ホント行き当たりばったりな感じで過ごしております。
もう開き直ってぼちぼちやていくしかないのかなぁと・・・。
topcymdot 2018.01.06 09:41 | 編集
topcymさん、こちらこそ、今年も宜しくお願いします。

まったく同じっすよ。頭の中できちんと段取りつけるのが、年々劣っていってますわ。
今回の作業も、自分で呆れるほどの失敗がありましたし…。恥ずかしすぎて書けないですけど(笑)。

ま、自分向けのモノを自分で作業してるので、何がどうなっても「ま、いっか」で済ませられますし、気が楽ですね。DIYの良いところです。

ぼちぼちいきましょ。

ゆっきょdot 2018.01.06 09:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top