2018
05.05

連休の合間に参拝サイクリング

Category: チャリ
平群の山 2018/05/05

暑いのか寒いのかよー分からん気温の中、いつもの参拝サイクリングへGo!でございました。

「もう今日ぐらいは風が収まるやろ…」という期待も虚しく、行き(東向き)はルンルン♪追い風、帰りは猛烈シゴキ道場、という感じで楽しんでまいりました。

金山彦神社でお若いサイクリストと出会いました。「3週間ぶりに乗りました」とおっしゃってましたが、がっしりした体格でかなり本格派な感じ。

AVEDIOの赤基調のカーボンフレームにDURA-ACEコンポ・手組みホイールにVITTORIA Corsaオープンサイドと、若いワリにシブめの纏め方で、かなりカッコいいバイクでした。

本堂高井田線を登って朝護孫子寺からフラワーロード・裏十三を登攀、表十三を下って南下してからぶどう坂を登り返して…というようなコース取りとのこと。「おっちゃんには、もうそれは無理やなぁ…」と喉元まで出かかりましたが飲み込みました。

で、こちら側は特に何も変わりがなく、いつも通りのコースをいつも通りにこなして帰宅。

最近思うのは、登りきった後のゼーゼー・ハーハーの時間が短くなった事。わりとすぐに回復する感じがして、循環器系か代謝系が少しは良くなったんかな…とか感じております。


コメント
ゆっきょさん、こんばんは。
なんやかんや言うて、コースに必ず坂が入ってるっていうところが凄いでやんす。
やっぱり、体重が落ちてると上りは楽ですか?
私もそうなりたい・・・。
自転車に乗ってると心肺能力はよくなる感じですよね。
私も自転車によう乗っとる時期に健康診断で肺活量を計ったら、なんか結構な値が出て、これはやっぱり自転車乗ってハアハア言うとるからなぁなんて思ったことがございました。
topcymdot 2018.05.10 01:36 | 編集
topcymさん、こんちわ~

今も今までも登りを楽だと思ったことは一度もありません(爆)が、物理の法則によれば、少しぐらい楽になってもおかしくないはずなんですけどねぇ…。
ただ最近は、登りきった後の停止時間(休憩)が短くて済むようになってきた気がします。

「心肺能力」というか、心と肺の機能を有効活用するには、血と血管が重要かな、と。吸った酸素や呑んだ水分、摂取した栄養を運動能力に活かすには、末端の細胞までそれらを搬送していく機能が正常である必要がありますので。

私の「いつものコース」は、距離50kmほど・獲得標高900mほど・所要時間3~3.5hで、気軽に「独り遊び」させてもらえる許容範囲にしています。消費カロリーは2000kcalぐらいです。
ゆっきょdot 2018.05.10 07:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top