2006
05.28

続:突発姓レスポンス悪化症候群なザウルスくん

Category: Zaurus
5月25日のエントリにも書きましたが、「小さいファイルが大量にあるとレスポンス悪化症状を引き起こす」ようなSDメモリが実際にあるようです。
「ようです」っちゅーか、手元にそれがあるんですが・・・


事象そのものは、Zaurusが突然ハングったかのようになってしまうものです。突然起こって、適当な時間が経過すると自然解消します。発生のトリガと思えるような事象は全く無く、本当に偶発的に(何度も)起こります。

A-DATA My Flash Turbo SD の 1GB で、この問題が起こります。SanDisk UltraII SD(型番SDSDH-1024-901) の 512MB では発生しません。A-DATAのSDメモリでもファイル数が少ない場合には、このような問題は発生しません。ごく普通に使えます。
ここで言っている「ファイル数が多い/少ない」についてですが、経験としては、ファイル数:16000個強/ディレクトリ数:4000個強という環境です。実際には、モバイルマップNaviのマップファイルがこれに相当します。SDカードのルートにsd_mapというディレクトリがあり、この下に上述した数のファイル/ディレクトリが収まります。

ということで、A-DATAのSDメモリは、とにかく、他のメーカ物と比べて「異様」と思えるほど安いのが魅力だったのですが、こういうエクスキューズがあるのは辛いところです。
トラックバックURL
http://yukkyo.blog62.fc2.com/tb.php/31-1b3842fa
トラックバック
コメント
A-DATAは相性の問題が多いようです。
インターネットで検索するといろんな機種での相性問題が見てとれます。

比較的安価で、問題がなさそうなものは、
・PQI
・トランセンド
・kingmax
などがあがってるようです。
PQIは、3000円で1GBですからかなりお安いか、と。
☆ぬ~☆dot 2006.05.28 19:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top