2007
10.13

ヘッド部のガタ完結編(・・・にしたいぞ、っと)

Category: チャリ
この一週間、仕事の関係で全く自転車に乗れませんでした。それでも「やっぱり週末は、メンテ作業よね」ということで、チャリいぢりは週末レジャーの1つです。(笑)

そんなこたぁどうでもいいんですが、とりあえず乗ってないのでメンテする箇所が無くて(爆)、自転車を前に「う~ん・・・」と唸ってたんですが、フロントブレーキをかけた時にガタ感があるのを思い出し、なんとかジタバタしてみようということにしました。

以前、主治医様から「これはフロントブレーキが原因でしょう。XTRだとガタつき皆無です」と診断いただき、ま事実そうだった(XTブレーキ自体にガタつきがある)ので「それじゃぁ、どうしようもないですよね」と諦めていたのですが、やっぱりガタつくのが気に入りません。貧乏人パワーで「なんとかしたくなる」のが世の常です。

っということで、回転にゴリ感が出ない程度に、ヘッド部をもう一度きちんと締め直すことにしました。

少しずつ締めては回転のスムースさを確認しつつガタの具合も確認していく。何度かこれを繰り返して、なんとか「ガタが出なくなるギリギリのところ」を見つけることができました。ヘッド部回転のスムースさは僅かばかり犠牲になりましたが、実使用で我慢を強いられるようなレベルではないので充分許容範囲です。

XTブレーキ自体のガタは手出しのしようがなくそのままなんですが、ヘッド部の調整だけで、なんとかガタを取り除くことができました。

まるでブレーキ自体のガタが無関係だったような書き方ですが、実際のところどうなんでしょうねぇ・・・。XTブレーキ本体を前後にゆすると、手でちゃんと感じとれるぐらいのガタがあります。けど上記のようにヘッド部の調整だけでガタが無くなってしまいました。「無くなってしまいました」というか、ハンドルを通して手に感じることが無くなっただけなのでしょうけど。

異音の件でみやっちさんがコメントに書いてくださっていますが、ガタに関しても要するに「そういうこと」つまり「スムースな(ヘッド部の)回転では固定力不足」なのかもしれません。今回の対処で、異音も同時に解消じゃ!となればカンペキなんですけどねぇ・・・。

クリスキング等の高級部材では「スムースな回転」と「ガタつき皆無のしっかり感」がちゃんと両立するのでしょうけど、そうでない普及部材では、多少の辛抱を含めて「きちんと納得いくまで調整する」努力が必要なのでしょう。

「すっきり秋晴れ」ではない天気ですが、メンタルリフレッシュの為、少しぐらいどこかを走ってみたいですね。

北浜へ、とか・・・。(^^;

トラックバックURL
http://yukkyo.blog62.fc2.com/tb.php/311-419c017d
トラックバック
コメント
こんばんは。みやっちです。

本日フレームヒンジ部の注油、折りたたみレバーの締め付けをきつめに調整してみました。

結論から申し上げると、一時的には改善され、「おっ!解消?」と思いながら帰宅しておりましたが、自宅への到着直前には再発・・・。いろいろと確認しながら走行していましたが、

・ハンドルを持たない状態での走行では発生ナシ
・乗車・停止状態で車体をこじっても発生ナシ
・ペダリングに対してある程度の規則性がある
・路面状況等によっても発生アリ

このような状況でしたので、考えられる部位としては、
・ヘッド部分のきしみ
・フレーム上部はめあい部分(ヘリオス・プレストに共通ですよね)
のきしみ
ではないかと・・・。

明日再検証してみます!


みやっちdot 2007.10.14 00:18 | 編集
> みやっちさん、こんばんわ&ご無沙汰しております

ご報告ありがとうございました。
とりあえず当方も、記事の通り少しジタバタしてみました。
明日時間が取れれば、1時間程度走ってみて状況を確認して
みたいと思っております。
yukkyodot 2007.10.14 00:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top