2007
11.23

HELIOSのフロントW化

Category: チャリ
itaさんのご厚意で貴重な自作FDブラケットをいただき、無事W化することができました。

使用した部材は以下の通り。
  • itaさん謹製FDブラケット
  • itaさん謹製アウター受け
  • Shimano FD-R440(直付けタイプ)
  • Shimano Deore LX シフター
  • ワイヤーは、アウターがJagwire Expressway、インナーはシフター付属のもの
  • BBは、標準 68/113.5 に対して、68/107(TANGE LN7922)を使用

HELIOS W化 全景 事前の仮装着の時に感じた通り、FDブラケットは特に細工も無しで、itaさんからいただいたままで充分な強度でシートチューブに固定できました。薄いゴムシートを挟もうかと思ったんですが、けっこうピッタリなサイズで、ブラケットのボルトをきちんと締めるだけで充分でした。

HELIOS W化 全景 Shimanoフラットバーロード用のFD-R440ですが、安いだけあって「それなりの」見た目です。が、性能に問題があるわけではないので、私には必要充分。

チェーンガードは付けたままにしたかったので、FDプレートの位置はチェーンガードに対して追い込むことになります。が、今回初めて気付きましたが、使ってるチェーンガードは芯がだいぶブレてました。その為もあってアウターチェンリングとFDプレートの隙間は、シマノ指定の1mm~3mmよりも少し広めになりました。が、あまり問題は無いようです。

HELIOS W化 アウター受け アウター受けは、自製Vバナナ手曲げ品を使おうかと一瞬思ったんですが、タイラップのみの固定が不安で、ブラケットに同梱していただいたitaさん謹製のアウター受けを使用しました。

2mm厚ほどの?アルミ板を加工して、45度?の小さめのVバナナを取り付けて下さっています。ワイヤーの取り回しも楽で、上手くできていました。

HELIOS W化 DeoreLXシフター シフターは DeoreLX SL-M571 を使用します。「SL-M580もありますけど」とショップさんで言われたのですが、「少しでも安い方でお願いします」ということで。

リア用シフターは SL-M511 を使ってきたのですが、左右バラバラなのはいやなので、リア用も同じく DeoreLX に交換します。SL-M511よりショートストロークですね。少ないレバー移動量でパシパシ変速してくれます。小気味良い感じです。

このシフター交換で発生した問題が3つほど。

1つは、ハンドルバー上の空き地が減ってしまった為、サイコンブラケットを付ける場所が無くなってしまった事。どう考えてもハンドルバー上で場所を捻出しようが無いので、やむをえず、リクセン KLICKFIX ハンドルバーアダプタの上にサイコンブラケットを付けるようにしました。

2つめは、左ブレーキレバーに付けていた「LEVER BELL」が付けられなくなってしまった事。左側にシフターが無かったので場所的に余裕があったのですが、それが無くなってしまった為、どうにもならず・・・。ハンドルバー上も空き地が無いので、ベルの付けようが無くて困ってます・・・。ベルは、たしか保安部品だったと思うので、付けないワケにはいかないハズ・・・。なんとかしなければなりません。良いアイデアがあれば教えて下さい>どなたか

HELIOS W化 問題点 3つめは、折り畳みに支障が出た事。折り畳んだ時に、左シフターがフロントフォークに当ってしまい、フレームが開かないようにする為のDAHON車特有のマグネットがくっつかなくなったこと。

この3つめが、ちょっと痛いところです。折り畳み方を工夫すればなんとかなるのか・・・もう少しジタバタしてみます。

ざっと、以上のような感じで、なんとかW化を果たすことができました。

シフト動作に関して、最初は少しとまどいました。シフターは3速対応のものを2速で使うのですが、1-2を使うのか2-3の位置を使うのか、最初は何も気にせず2-3の位置でセットアップしてたんですが、まったく上手くいきませんでした。

FDのSISをいくら調整しても、リア9速の内の半分ぐらいでFDのプレートにチェーンが摺れてしまいました。なんでこんな事になっちゃうのか、チェーンラインに厳しい小径だからやむを得ない事なのか、リアセンターが短いDAHONだからなのか、途方に暮れてしまいました。(^^;

シフターのポジションの事を思い出して、1-2の位置を使うように変えたら、上手くいくようになりました。それでも、アウター時にリア1速で、インナー時に9速で、チェーンがFDのプレートに摺れます。ロードのシフターのようにトリム操作ができれば救われるのかもしれませんが、MTB用シフターには無いので、諦めるしかないですね。と言うか、そもそもゴリ感が酷い組み合わせになるので、使わないギアですから問題ありません。

という事で、充分実用になる性能のフロントW化ができあがりました。

これもひとえに、itaさんのご厚意があればこそ。重ねて感謝しますとともに、長く大切に使わせていただきたいと思います。

ありがとうございました。

トラックバックURL
http://yukkyo.blog62.fc2.com/tb.php/339-14b876a2
トラックバック
コメント
お~っ、うまくいきましたね。これでヒルクライムも怖い物無しですね。

フロントシフトの調整はコツがいりますね。
でも、一度経験すると慣れるので大丈夫。
ブラケットの取付位置を見ると、やはりヘリオスは余裕があります。SPEEDだとトップチューブとギリギリですので。

マグネットの件は残念ですね。ハンドルの高さを変えたりしてうまく逃げられるといいのですが。
私の場合、metroにはマグネットが元々付いていないし、SPEEDではリクセンのアダプタのせいでくっつくとこまで畳めなかったので、とうとう今日マグネットを外してしまいました。

こちらの方はというと、451ホイールの取付は問題無かったのですが、キャリパで手こずっています。泥よけ用の穴を使うつもりでいたのですが、前後とも帯に短し襷に長しで色々頭をひねらないといけません。ま、それもまた楽しからずや、ですね。
itadot 2007.11.23 22:26 | 編集
全ては、itaさん謹製FDブラケットがあればこそ。
ほんと、感謝の極みでございます。

フロントディレイラの調整なんて、何十年ぶりの話なので(^^;、コツもへったくれもあったもんじゃなかったですね。
なんとか調整できて試乗した時、チェンリング間をスムースにチェーンが乗り換えてくれるのを見た時には、感激してしまいました。

これからしばらく、用も無いのに変速してしまいそうです。(笑)

折り畳みの件は、まぁマグネットには拘らずに、何か良い方法を考えたいと思っています。
とにかく、折り畳んだ状態で持ち運ぶ場合に、フレームが広がらなきゃ良いワケで。ベルクロで縛るとか策を考えてみます。
yukkyodot 2007.11.23 23:47 | 編集
私はまさにそのベルクロを使っています。
ちょっとゴム状で伸びるタイプが使いやすいです。
100円ショップで買った物ですけどね。
itadot 2007.11.23 23:53 | 編集
シルバーのFD周りがヘリオスにバッチリ決まっていますね♪
ふみまろdot 2007.11.24 07:11 | 編集
> itaさん、こんにちわ

なるほど、伸縮性のあるベルクロは良いですね。
私も探してみることにします。
yukkyodot 2007.11.24 14:31 | 編集
> ふみまろさん、こんにちわ

もう少し我慢を強いられる事柄が多いだろうと想像してた
んですが、想像してた以上にきちんと機能してくれたので、
正直、少し驚きました。

ひとえにFDブラケットの出来によるもの、という気がします。

ワイド化なったギア比を、さてどこで試そうか、と。
近場で、信貴山南部の激坂に挑・・・無謀だな・・・。(^^;

# 今夜のオフ会でお会いできるのを楽しみにしております。
yukkyodot 2007.11.24 14:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top