2007
12.26

Vine Linux 4.2 Released

Category: PC
12/25付けで、リリースされていました。

宅鯖弐号機で Vine Linux 4.1 を使っていますので、何の気無しに 4.2 にアップグレードです。(お~いおい)

ま、こーゆーモンは勢いだけでやるのが王道ですよね。(殴)

まずは、4.1のまま最新パケジに更新。
# apt-get update
# apt-get upgrade
それが済んだら、/etc/apt/sources.list の矛先を 4.2 に向けてから、真っ先に apt を更新。
# apt-get update
# apt-get install apt
で、やおら全体をアップグレェ~~~~ドっ! (この時同時に、南無阿弥陀仏を唱える)
# apt-get dist-upgrade
っと、ここでいくつかのパケジで「Not Found」が出ました。aptの矛先をringサーバに向けてたんですが、まだミラーが完全では無いのかも・・・。ということで、矛先を kddlabs に向け直して再度
# apt-get dist-upgrade
うぉう! ガッシガッシと数十個のパケジが更新されまする。壮観。でも待ってられんので、この間に風呂へ。(爆)

風呂からあがってくると無事に dist-upgrade が終了。で
# reboot
久々のリブートじゃ。ってワケで、無事に
Vine Linux 4.2 (Lynch Bages)
Kernel 2.6.16-0vl76.27 on an i686
login: 
のプロンプトが拝めました。
お疲れさん。

トラックバックURL
http://yukkyo.blog62.fc2.com/tb.php/360-6c915e47
トラックバック
コメント
安いのはOSが
Linpus Linux 9.3 console mode
なんですよね。
30年近く前にTK-80、十数年前にMS-DOSがさっぱり理解できなかったのでコマンドユーザーインターフェイスには抵抗があります。
ふみまろdot 2007.12.26 21:36 | 編集
> ふみまろさん、こんばんわ

サーバ用では、やっぱり *NIX 系が(個人的には)扱い易いかなぁ
なんて思っています。
まぁ、CUI/GUIも「適材適所」ですけどね。

宅のメインサーバがオモチャみたいな筐体なので、なんとかせんと
あかんな~と思いつつ幾歳月・・・。
yukkyodot 2007.12.26 23:19 | 編集
と言いつつ、リナザウを使っているわけですがコマンドプロンプトはほとんど使いません。(^^;
でもMS-DOSならバリバリ使えるぞ~。
うちではハード系トラブルは私が対処、ソフト系は息子が対処と分担されております。私のプログラミング経験はBasicとFortran、Cで終わってます。息子はその他バリバリみたい。iアプリなんか作ってるし。
itadot 2007.12.28 13:06 | 編集
> itaさん、こんにちわ

LinuxZaurus、コンソールは使いますよぉ。
リモートからの宅鯖メンテ作業で。
「会社で仕事中に何やってんねーん!」って感じですね。(^^;

息子さんとタッグ組んで管理作業とは素晴らしい。
私の言語履歴は、COBOL, S/370 ASM, COBOL, COBOL, COBOL, ....
以外は、何の知識も技術も無く、他人様のコードを見ながら
見よう見マネで・・・。要するに野性派エンジニア。(^^;
yukkyodot 2007.12.28 13:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top