2008
03.31

ズル休みな年度末

Category: チャリ
いえいえ、ズル休みだなんて、とんでもない。

会社制度上、どうしても休まなくちゃならない。どうしてもあと1日休みを取らなくちゃならない。しかたがないっすよね。

という事で、クソが付くほど忙しい中、大顰蹙を買いながらもちゃっかりお休みしちゃうお茶目なチームリーダです。(爆)

今日は、ほぼ予定通りに行動してきました。

11時ちょっと過ぎぐらいに家を出て激安の殿堂へ。家からは真西を向いて行くワケですが、なんだかえげつない向かい風っす。ビミョーにしんどいですがな・・・。

殿堂に着いて店に入って「今日は、えらいお客さん少ないな~」なんて思ったら、あんた。今日は平日やないですか。(殴) それでも店に来ている人は何人かおられて、「ちゃんと仕事しろよな~」なんて思ったり思わなかったり。

予定通りに、CS-6500 12T-25T をゲットしました。店内をウロウロしながら他のも見てたんですが、あまり気を引くものも無く、とっとと支払い済ませて店を出ました。

ら、なんとポツポツ雨が・・・。空は、雲の切れ間もあって青空が見えてる部分もあるんですが、不安定な天気っす。あまり強く降らなさそうだったのでそのまま帰路に・・・。っと、殿堂から少し南に行ったとこにある住吉公園、それなりに桜が咲いておりました。軽く立ち寄り桜を鑑賞した後、南港通りを東へ向かいます。

途中の長居公園にも立ち寄りました。色々花が咲いてるようですし、桜もぼちぼちのようです。超久しぶりに長居公園の周回道路も走ってみました。

そこからは、南港通りのちょい北側を南港通りに平行に通ってる裏道を通って、自宅まで戻り、さっそくスプロケを交換。給脂しようかどうしようか悩んだんですが、チェーンの脂がだいぶ残ってるので、無給脂でいくことにしました。

変速具合をチェックして、さて、修行コースへレッツ・ゴー。

いつもなら大和川土手を走って行くんですが、そこまで行くのが面倒だったので、今日は国道25号を行くことにしました。ら、なんとまぁ、月末・年度末で、めちゃくちゃ車が多い。国道25号も、車道幅があまり広くない上に、路側帯も不整備だったり幅が無かったりで、妙に走りにくかったっす。渋滞してる車の脇を抜けていくのも危ないですしねぇ。ペース上がらんわ、気ぃ遣いまくるわ、やっぱり、大和川土手コースが気楽で良いっすね。

先日のふみまろさんとのランデブーの時と同じコンビニで遅めの昼食用資材を仕入れて、とりあえず、本堂高井田線へ。コンビニを出る時、チェーンリングにカラビナロックしてあるのを忘れててそのまま自転車を動かしたら、カラビナがFDをガキッ!と押しちゃって、ちょっと歪んじゃった・・・。その場で応急処置はしたんですが、ブラケットに固定する部分のFD側の雌ネジ、だいぶ痛んじゃったカモ・・・。

とりあえず、金山彦神社まで走って行って、お賽銭を入れて一礼した後、ベンチに座って遅い昼食をとりました。食べてた時、背後の激坂をワイワイしゃべりながら自転車を押して登っていく子供が4人ほど。「この辺りの子かな。元気やな」とか思って見ておりました。

ひとしきり休憩した後いよいよ出陣。新スプロケの効能や如何に。

漕ぎ始めの場所からいきなりもう激坂風味ですが、頑張ります。のですが、微妙に膝が痛・・・。できるだけ軽めのギアを選んで、エッチラ、オッチラ、登っていきます。

ご飯食べてた時に通っていった子供ら4人が、まだ頑張って押して登ってました。横を通り過ぎる時、「しんどいな~。頑張りや~」と声をかけていったら、1人の子が「ボクら松原から来たんやけど、もうそろそろ帰りたいなぁ・・・」と。

見たところ、年長の子で小学校4年か5年生ぐらい、それよりも年下の子も含まれてるようですが、松原から子供用自転車でここまで・・・。さらに、こんな激しい登りを押して登って・・・。大丈夫かよ・・・。

「あんましムリしーなやー。気ぃつけてなー」と声をかけて、先行しました。

いつもは通り過ぎる金山媛神社に、今日は立ち寄ってみました。壁のような坂を目の前にして、ちょっと弱気になったのも理由の1つです。(^^; 自転車を担いで石段を登り、お賽銭を入れて・・・100円玉が無く、小銭は71円しか無かったので、71円全額奉献させていただきました。

さて再び激坂アタック開始。まじ、ウィリーするかも?!ってぐらいの坂ですね。ロー側まだ3枚残した状態で、エッチラ、オッチラ・・・ひ、膝が・・・。ヒィ~ヒィ~・ハァ~ハァ~いいながら登ってると、また子供4人組みに追いつきました。さすがに、押して登るのすらしんどい坂のようで、声もあまり出ないようです。「頑張りや~」と声をかけて、こちらも馬力を入れます。が・・・。

「軽いギアでトルクかけるとウィリーするかも?!」って感じの坂が続くと、もうダメ。「あの先のコーナーを曲がったら、少しは緩やかになってるかも」と思ったところに来て見えた坂が、さらに激しい上り坂だったりすると、もうダメですね。いくら軽いギアでも、もう気力が続きません。

「もーダメ!もーあかん!」

悔しいですが、降りて小休止。押して登ります。

とりあえず、今年初に立った場所まで登りきることができました。風がビュービュー吹いてて寒いぐらいでした。身体が冷え切っちゃうといけないので、適度に休憩をしてから下り始めることにしました。

下り始めてすぐ、まだ押して登ってくる例の子供4人組みに出会いました。時刻は15時ちょい過ぎ。ちょっと気になったので、止まって声をかけました。

「君ら、どこまで行くんや? もうじき夕方やぞ」
「はい。4時半ぐらいになったら、帰ろ思てます」
「4時半は遅いで。だいぶ暗なってまうから危ない。もっとはよう切り上げ」
「はい。分かりました。できるだけはよ帰ようにします」
「下りも気ぃつけや。めっちゃ急な坂やから」
「うん」
「ブレーキも、使い続けたら急に効かんよーになるから、ほんま気ぃつけなあかんで」
「はい」
「他の子も、ちゃんと面倒みてあげてな。ほんま、気ぃつけて帰りや」

そんな感じの会話をして、その子らと別れました。けど本当に大丈夫だったんだろーか・・・。家の近くに戻るまで、ワシが面倒見てあげたほうが良かったのでは・・・。

戻りの下りは超特急。前にも後ろにも車は居ないし、安全の為できるだけブレーキは使わずに(殴)、物理の法則に逆らわずに降りてきました。風の具合もあって、それほど速度は伸びませんでした。

麓まで降りてくると、やっぱり向かい風。超しんどい。例の4人組の子供の事も少し気にしつつ、家まで漕いで帰る気力が無く、JR高井田から輪行で戻ってきました。(笑)

っというワケで、のんびりと、年度末の1日を過ごしました。

実は、携帯カメラの復旧祈願で、途中途中で撮影してみたですが、「画像ファイルが保存できん!」という件は自然復旧しておりました。が、ピントがボケボケで見るに耐えない写真ばかり。レンズ部に膜がはったような、シュールな絵ばかりです。はぁ~あ・・・

【後刻追記】
実は、輪行でJR久宝寺まで戻って、そこから走って帰る途中で、超久々にひっくりコケました。
JRに乗る時にメットを脱いで帽子に換えたんですが、面倒だったので久宝寺からも帽子のままで走り出したんですが、向かい風が強くて、風に煽られて帽子が後ろへ吹っ飛び・・・。一瞬、気が帽子に集中してしまい、ハンドルが急に90度曲がって急停止&前方吹っ飛び。
古い村の中の細い道でしたので、大したスピードでもなく、左腰をガツン!と打撲しただけで済みました。SPDがリリースされたので被害が少なくて済みました。
ダメですねぇ。まったく修行が足りてませんねぇ。

よくよく思い出せば、昨年4月4日に見事に落車して、同じ年度の最終日がまた落車。

私の2007年度は、まぁ、そういう年度だったということで。(^^;

トラックバックURL
http://yukkyo.blog62.fc2.com/tb.php/393-afc97e9c
トラックバック
コメント
また登ってみたいです。
家からR170を自走して信貴生駒スカイラインの料金所で折り返すコースを考えています。
ふみまろdot 2008.03.31 18:53 | 編集
> ふみまろさん、こんばんわ

過去一度だけロードの練習中の人に登りで出会ったんですが、
ぜんぜん違いますね、スピードが。(^^;

傍から見た感じでは、立ち漕ぎでヒュイ!ヒュイ!と上がっていきます。
「自分も、やれば出来るのでは」と妄想しちゃいます。

本堂高井田線よりも少し北側になりますが、信貴山の大阪側斜面に、「みずのみ園地」「なるかわ園地」があって、それを繋ぐ道路があるんですよ。
170号からは、六万寺辺りと大経大辺りが登り口になるみたいですが、これも一度トライしてみたいコースです。
ハイキングコースかもしれないので、人が少なそうな平日が良いのかもしれません。
yukkyodot 2008.03.31 19:37 | 編集
賽銭の金額が足りなかったので、罰が当たったのかも?
でも、死ななかったのは…実はあの童子達はお地蔵様だったりして…
めでたし、めでたし。。。v-410


…ってぇ、めでたくないですですよね、お怪我の方は大丈夫でしょうか?
僕も今日は休みだったのですが、仕事場から近い激坂の神社へ…
v-448車で上がって^^;(車だったから行きました)
有名な桜をファインダーに収めて、帰宅。本当だったら京都(市内)へ、
輪行してる筈でしたが、ちょっと休憩の筈が爆睡しちゃって…^^;
僕が惰眠を貪ってる間に坂を上ってられたのですねv-389
カラビナロック(外し忘れなきゃ)、いいアイデアですね。
三ヶ島EZYシリーズのペダルなら、外しちゃうってのもいいです。
何気に一番軽いギアにしとけば、盗んだ奴もスピードが出せないのでは?
とか、防犯対策は色々考えちゃいますね。

しかしながら、流石おやっさんですね。リッチです。
僕は賽銭はv-136v-145円玉と決めていますv-425
TAROdot 2008.03.31 20:07 | 編集
> TAROさん、こんばんわ

まったく仰る通りかもしれません。29円不足の祟りか…
怪我はぜんぜん大丈夫っす。
右ヒザ擦り傷&左腰打ち身、ぐらいです。

TAROさん、写真はご趣味なんでしょうか。
かなり美しく撮られた写真がブログに掲載されてて、
デジカメ虚脱状態の私には、とても眩しく映りました。

親父のEOS 1D、ぶん取っちゃおかな・・・
でも、そんなカメラ持ってちゃ、コケれない・・・(爆)
yukkyodot 2008.03.31 21:16 | 編集
さすがyukkyoさんと言わせていただきます。
劇坂チャレンジなんて、私には無理です。

私は月末の家賃支払いや、Microsoft社のBUGに振り回された結果購入せざるを得なくなったATOK2008を求めて大阪城や難波界隈をウロウロしただけ…
実は激安の殿堂にも行きたかったのですが…
途中、鶴橋から上本町へと向かい風の中27Km/hをふらっとペダルで登り切りましたが、かなりきつかったっす…。

ま、とりあえずですね…
まんとく2号店への日程をそろそろ調整させて…(殴)
でっくんdot 2008.03.31 21:40 | 編集
こんばんわ。
>軽いギアでトルクかけるとウィリーするかも
土曜日にカミサンと実家に帰省して車載ポタを楽しみましたが、目的地のお寺の入り口の坂で同じような感覚を味わいました。
シッティングのままだと本当にひっくり返りそうで、かといってスタンディングで漕ぐにはステムの剛性が気になるし・・・
カミサンの「私は下りて押す」という声に付き合って夫婦で自転車を押して登りきりました。
当然ですが、ヘタれ夫婦なので下りはブレーキが効かなくなると怖いので押して降りました(笑)
羽ぴょんdot 2008.03.31 22:58 | 編集
> でっくんさん、こんばんわ

平日三宮な人になって以来、ほんとーに運動不足になってしまって、
このままじゃ胴回り91cm/体重80kg超な時代に逆戻り。
それをなんとか水際で食い止めようという、おっさんの涙ぐましい努力なのですよ。

マックロソフト社のはねぇ…やむを得ませんよねぇ、仕様なんですからしかたがない。(殴)
ま、もうじき WinXP SP3 ですから、また楽しみですね。(^^;

まんとーく2nd、そうですよねぇ。砂原にも義理欠いたまんまで…
とは言え、いったいいつになったら行けるのか…

「いつになったら」なんてフヌケた事を言ってるからダメなんですよね。
漢らしく「いついつにする!」って決めちゃえば…その日に限って下らん用事ができちゃう悪寒。(爆)

ほんま、予定が未定で不明でアンニュイでコケティッシュなおっさんです。(殴)

4/5、伊賀忍法「分身の術」でも使ってゲリラ攻撃するか…
「水団の術」「雲隠れの術」で、ひっそり・こっそり付きまとうか…
なんて言ってて、ちゃっかり三宮で仕事してたりして。(爆悲)
yukkyodot 2008.03.31 23:04 | 編集
> 羽ぴょんさん

まったく仰る通り、登りで引きハンドルを使えないのが
非常に辛いですね。
ステム部にギミックの多いDAHON車ゆえの苦しさかなぁ。

強度的にもよく考えられているんでしょうけど、やはり
強烈に力を加えるのは怖いですよね。

私も、登りでは、ハンドル/ステムに力をかけないよう
にしつつ、できるだけ上半身を使って漕ぐように努力は
しています。
立ち漕ぎの時でも、ハンドル/ステムへの負担を意識し
ながら…ですねぇ。
yukkyodot 2008.03.31 23:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top