2006
06.17

転送速度

Category: PC
2002年6月にFTTHにした頃はともかく、もうだいぶ長い間ネットワークの帯域(速度)のことなんて気にもしてなかったんですが、ふと思いついたように契約ISPに用意されてるテストサイトで速度を測ってみましたら、なんと!驚愕の値が!

下り激遅!


これ、FTTHの速度か?!・・・
あんまし違和感も無く使ってきてた自分に呆れつつも「とりあえず、なんとかせんとな・・・。って何が問題なんや?」という感じで、少しジタバタしてみたところ、Suspend/Resumeが関係していることが分かりました。

前述の速度は、Suspend(STR)からResumeした時のもの。下が、素直にブート(リブート)した時のもの。
普通の100MbpsFTTH

なんでこんなことになるんか、拘ってもしゃーないんですが、現実にはこういうことになっているようです。

速度テストに使用したPCは、普段自分が使ってる自作デスクトップ機で、M/Bは NF7-S v2.0 という今となっては「レガシー」なものです。nForce2/MCPに内蔵の Ethernet I/Fを使っているワケですが、こいつ(かドライバ)の問題かもしれません。Ethernetのドライバが最新ではなかったようで、NVIDIAからリリースされている最新のドライバを導入しようとしましたが、なぜか上手く導入されません。

といった辺りでアホらしくなってきて、やめちゃいました。
ベンチマーク的には20倍以上もの差があるんですが、普通に(PCを)使う分には速度低下を意識することは全くありません。単に鈍感なだけ? とにかく「どうでもイイや」って感じです。

Resumeで復帰した後に、「ローカルエリア接続」とかのI/FをStop/Startすると、ベンチマーク的な速度は改善するようです。が、そんなこと毎回手でやってられませんし、これをバッチでやる方法があるなら、Resume Starterのようなツールを併用することで自動化も可能でしょう。
トラックバックURL
http://yukkyo.blog62.fc2.com/tb.php/43-4a14b274
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top