2008
07.08

フリーズする脳 - 思考が止まる、言葉に詰まる

Category: 読書
フリーズする脳 - 思考が止まる、言葉に詰まる 久しぶりに本を買ってみました。

例によって橋本大也さんの書評を見て興味が沸いたものです。

脳神経外科のお医者様が書かれたもので、まだ読み始めたばかりですが、なかなか興味深い内容です。

以下に思い当たる人は要注意!(書籍のオビから引用)

□ 話の中に「あれ」「それ」などの指示語が多い
□ みんなが笑っているときにタイミングよく笑えない
□ アイデアが浮かばない。思考が長く続かない
□人や物の名前を思い出せないことがよくある
□ 同じ相手に、同じ話や冗談を繰り返し言ってしまう
□ 全体を考えることが苦手で、細部に固執しがち
□ 融通がきかない。流行や時事的なことに疎い
□ 物をよくなくす。紛失物をうまく探せない

この本を読んで「じゃぁどうすれば改善できるのか」と思った方は、こちらの書籍もどうぞ。(^^;


トラックバックURL
http://yukkyo.blog62.fc2.com/tb.php/451-fbd4d1a3
トラックバック
コメント
私も自分の脳みそに不安を感じたので先日MRI検査を受けてきました。物理的な問題はとりあえず無さそうで一安心ですが、回路のつながりに問題はあるかも。

しかし、自分の脳を3D画像でぐるぐる回転させながら見るってのもシュールなものですな。(^^;
ちょっと2,3カットJPEG画像でもらってくればよかったな。
itadot 2008.07.08 20:56 | 編集
> itaさん

この本には、脳の回路補修についても言及されていますよん。(^^;
5感をフルに使った情報収集/分析/組み立てを行うような生活を続けないと、脳みそに「サボリ癖」がつくそうです。これが「ボケ」に繋がるんだとか。

> 3D画像
そりゃやっぱり、めったに見れるものではないので、記念品をゲットしておくべきでしたね。(笑)

昨年秋頃の「肝臓に白い影」のモノクロ写真は、ちゃんと家に置いてあるです。(爆)
yukkyodot 2008.07.09 00:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top