2008
08.10

早朝トレ

昨日予告していた通り、無事に目覚まし時計で起きることが出来て、朝6時ぐらいから9時ぐらいまで、いつもの修行場(十三峠信貴山のどか村)へ行ってきました。

目が覚めたのは5時前だったのですが、これぐらいの時間だとまだ陽も出てなくて涼しいっすね。

ノンビリ・だらだらと朝仕度をしていたら6時になっちゃって、この時間ではもう陽が出て、日差しのある場所だともう「暑い!」。

予定通り6時半に大竹7交差点に到着して、僅かながら休憩していたら、上からお年寄り2名のツーリスト風味な方が降りてこられました。

もう登って降りてこられたのでしょうか…。さすがと言うか何ちゅーか、早いですねぇ…。

さて私も気合イッパツ登り始めます。とは言え、できるだけ負担が軽くなるよーに、しょっぱなからできるだけ軽いギアを選んで登っていきます。

約28分で頂上に到着。平均時速は8.8km/h。まぁ、これぐらいが私の実力なのでしょう。

もっと軽いギアがあればそれを踏む(選ぶ)だろうと思いますが、出せる時速は変らないような気がします。もっと重たいのを踏んだ結果は過去に実証済みだしね。

今日の十三峠は、ロードの方がそれなりにいらっしゃいました。もう少し遅い時間がピークだろうと思うのですが、皆さん、この暑さ避けの為に、早め早めに出てらっしゃるのかもしれません。

信貴生駒山地の大阪市内向き斜面はまだ陽が当らず日陰で涼しいままですが、十三峠から見下ろす大阪市内は、もうお陽様カンカン照り。見てるだけで「暑い」のが分かります。

峠頂上からは、今日は奈良側へ降りて、広域農道~信貴山のどか村へ行きました。

奈良側斜面は東向きなので、もう「カンカン照り」「どピーカン」でございました。溶けるかと思いました…。

信貴山上辺りで僅かな下りに差し掛かった時、フロントの変速機にトラブルが発生。アウターに入れようとしても入らない。ワイヤーが緩んでしまってます。何故急にこんな…。

すぐさまワイヤーを張り直して再スタート。張りすぎて変速不良w。再度ワイヤーの張りを調整し直して再スタート。今度はOKです。

信貴山のどか村手前の1kmほどの登りも、毎度けっこう辛いんですが、コース路肩にかろうじて日陰があり、できるだけ影を選んで黙々と念仏を唱えるように登ってたら、なんとか上に到着しました。

さすがに朝7時半では、のどか村も開園しておらず、当然お客もいませんし店も開いてません。のどか村のスタッフさん達が、開園の準備をしておられるようでした。

残念ですが、今日は「いつものソフトクリーム」はありません。8時ぐらいまで休憩して、斎場前~変電所横を通り、JR高井田駅方面へ下っていきました。

ちょっとした登りのところで軽四?車が追い抜いていったんですが、「下りじゃワシの方が速いやろうな…」と思った通りに、この軽四が超ジャマでした。

四輪のクセに二輪のワシより、コーナー突っ込みが甘すぎるやないの!

こっちゃエンジンが非力だから、コーナー手前でできるだけ減速したくないのよー!

という叫びも先行するドライバには伝わらず、バックミラーに鬼の形相を映してたつもりだったんですが(爆)、ぜんぜん効き目が無かったようです。

高井田からは国道25号を大和川沿いに走って柏原から大和川CRに入りました。

大和川CRに入ってすぐ、前にロードの方がおられました。私は25km/hぐらい、向こうはもう少し速い感じだったので、ついて行くのは止めてマイペースで走っておりました。

2つめぐらいの信号待ちで、女性のロード乗りの方が前に止まってらっしゃいました。

青信号で走り出すと、この女性の方は 30km/h超 ぐらいのペース。これ以前の我々男2人のペースからすると、女性の方がズンと先に行っちゃうハズが、男2人、何故かケツにくっついてペースについて行ってますヨ。

やはり、高いモーティベーションは、平均速度を上げますね。(殴)

新明治橋まで3人縦一列で 30km/h超で流しましたが、私だけここでお別れ。中央環状線を北上して帰宅しました。

家に着いたら9時少し前。シャワーを浴びて、ホップの効いた麦茶をいただきました。

いや~、麦茶って、ほんと~にイイもんですね。(爆)


トラックバックURL
http://yukkyo.blog62.fc2.com/tb.php/472-b6f5edd2
トラックバック
コメント
安堂から自転車道に入り太子町から当麻寺を往復してきました。
先日、嵐山でボートを頑張って漕いだらケツの皮が剥けて・・・
ロードは前傾姿勢なので痛い部分にヒットしないので良し。(笑)
ふみまろdot 2008.08.10 19:35 | 編集
> ふみまろさん

私も昔、乗馬をやってた頃に、ケツの皮が剥けたことがありました。
風呂に入るのが最悪でしたねぇ。思い出しただけでも痛いです。(笑)
yukkyodot 2008.08.10 20:53 | 編集
栄村でも山道の下りで地元の方の軽四に追いついてしまいましたが、ちゃんと道の脇によけてくれましたよ。
その先、だいぶ下ったところで今度は霊柩車が前に...。
さすがにこれ追い抜いちゃまずかろうと思い、しばらく止まって距離をおいて走り出しました。(^^;

>高いモーティベーション
そこですかさず追走する力が残っているのがエライ。(笑)
itadot 2008.08.11 11:58 | 編集
> itaさん

たかがミニベロですが、下りだけなら自動車と同じ程度には走れますよねぇ。
でも、上りになったとたんに「歩行者と同じ程度」に自動急減速されます。物理の法則に逆らわない真っ正直な性格です。

> そこですかさず追走する力が残っているのがエライ。(笑)

お誉めにあずかり、光栄至極にございます。
「某VAAM以上の効果があるのかもしれんなー」なんて思いながら走ってました。(爆)
冗談はさておき、ほぼ無風・33~35km/h だったからついていけたものの、そうじゃなければ見送ってましたよ。(^^;
yukkyodot 2008.08.11 15:22 | 編集
それって、女性の後ろだったから付いていったけれど、男性だったら付いて行こうと思わなかったなんてことが あったりしませんかぁ~(笑)
takudot 2008.08.11 20:07 | 編集
> takuさん

いえいえ、何をおっしゃいますやら。

先頭;ロード(女性)
後続;ロード(男性)
しんがり:心が小径な私

という順ですから、あくまでトレーニングの意味でついていっただけですよ。妙な意図は微塵もありません。(笑)
yukkyodot 2008.08.11 20:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top