2008
08.21

心の琴線に触れるヘッドライト - UNO!

Category: チャリ   Tags:自転車グッズ
ぽたねっと.comさんとこの記事で知ったのですが、USキャットアイ謹製の「単三電池1本ヘッドライト - HL-EL010 UNO」。

現状では、同社のHL-EL510を使っているのですが、さすがに単三×4本は重たい。もちろん、その分長時間照射が可能だったりするワケですが、何年か前に登場した「繰り返し充電に強い」ニッケル水素な二次電池を使うことを想定すれば、「毎日自転車通勤する」と仮定して、週に一度充電すれば事足りるぐらいの電池寿命があれば、非常に運用もし易いワケです。

で、件のUNOの説明を読みますと、正にその通り。単三電池一本で「常時点灯で15時間もつ」と書いてある。「話、半分以下」としても7~8時間もつワケで、片道1時間程度の自転車通勤なら、無事に一週間もつワケですよ。

"perfect light for every day around-town commuting" とも書いてある通り、読み通りの設計コンセプトなワケですね。

通勤用自転車のヘッドライトとして、このUNOは理想的かも。もちろん、繰り返し充電に強い二次電池で運用するのが前提で。

ぜひ、日本でも発売して欲しいなぁ。


トラックバックURL
http://yukkyo.blog62.fc2.com/tb.php/478-90977ad8
トラックバック
コメント
重さの表記がバラバラですね。
手持ちの機種では、
HL-EL100 約88g (ブラケット含む・電池別 )
HL-EL120 約90g (ブラケット・電池含む )
HL-EL130 約45g (ブラケット含む・電池除く)

EL130のブラケットが使いやすいですが、
ママチャリのハブダイナモが一番かも?(笑)
ふみまろdot 2008.08.21 23:58 | 編集
> ふみまろさん、こんにちわ

エコが求められる昨今、充電池で使うのを前提にすると、電池寿命=充電サイクルも重要ですよね。単に「長ければいい」というのではなくて、自分の生活ペースに合った充電サイクルのが良いですね。
二次電池は「満腹にせず、空腹にせず」上手に使う必要がありますが、それを気にすると適切な充電サイクルを維持するのが負担になってきます。充電サイクルが生活ペースに合ってると、このストレスを減らせますし、予備電池を携行せずとも途中での電池切れ不安もなく安心して使うことができますし。

という意味で、件のヘッドライトは、自分的には理想的っぽいので気になってます。
yukkyodot 2008.08.22 13:21 | 編集
涼しくなって、自転車乗るには一番気持ちいい季節になって来ましたが、
逆に日没が早くなって夜間走行が長くなりますね。
僕の所は暗い(街灯が少ない)ので明るい方がいいです。
でも、確かに『ぽたQさんのライト』は単三電池1本なのは魅力です。
1灯だけでなく、2灯装備すればいいかもです。
1つは前方を、もう一つは下方を、これで安全です。
因みに僕はエネループを使ってますv-219
TAROdot 2008.08.22 15:41 | 編集
> TAROさん、こんばんわ

昨日あたりから朝晩の気温がガックシ下がって、夏休みの終わりと同時に夏の終わりを感じさせる今日この頃ですね。
で、日も短くなってきて、走りに行けばライトのお世話になる時間も増えてきます。

周囲が明るいと、ライトにも相応のパワーが要りますが、暗いところなら、少々暗いライトでも視界確保には充分なんじゃないでしょうか。

私は、実家の電器屋の絡みもあってPanasonicのHHR-3MPS/4MPSを使っております。(4MPSはTL-LD170用)
yukkyodot 2008.08.22 21:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top