2009
04.06

DAHON車での坂道の登り方

Category: チャリ
昨日もそうでしたし、先月21日の時もそうだったんですが、坂道ポタリングの後どうにも腕がだるい。

以前はこんなことはぜんぜん無かったのに・・・。単に身体がナマクラになっただけなのかしらん。

でもそうじゃないとしたら、もしかしたら登りでガシガシ引きハンしてるのかも・・・。そんなことしたら、ハンドル折り畳みなDAHON車の弱点のステム付け根が弱ってしまうやないですか・・・。

もっと車をいたわって乗らにゃならん・・・。

そんなコトすら出来んようなボンクラに成り果ててしもーたんかな・・・


トラックバックURL
http://yukkyo.blog62.fc2.com/tb.php/556-aa9a5a7f
トラックバック
コメント
ヘッドパーツ
メトロは入荷が不明らしいです。
ガタが出る度に組み直しましたが限界です。
ハンドルが左右にカクカク動くし・・・
これで十三峠を下ったら恐ろしいですね。
ふみまろdot 2009.04.07 18:24 | 編集
> ふみまろさん
どう考えても、私は、自分の自転車の使い方を誤っているよーに思えてならないのですが、どうなんでしょうか。(爆)
登りでは「引きハン」、下り(ブレーキング時)では「押しハン」になっちゃって、どちらにしてもステム付け根には相当なストレスがかかっているような気がします。
でも、買って以来3年以上乗ってますが、まったくガタが無いんですよねぇ。
yukkyodot 2009.04.07 22:33 | 編集
ステムの付け根は2004年までのモデルよりも剛性は上がっているので大丈夫じゃないですか?

それよりも早い所フレームをダメにして、「やっぱDAHONはあかん、バイクフライデーにせな」と買い換えてくださいな(笑)
takudot 2009.04.08 08:23 | 編集
> takuさん
登りはまだ良いとしても、下りのフルブレーキング時がねぇ・・・。
40km/h~50km/hからの急減速で後ろ荷重にしても、後輪はズルズルくるし制動力は前頼みになっちゃうしで、ハンドル・ステムへの負荷も相当なのでは、と・・・。まぁ、もっとおとなしく下ってくりゃいいんですが性格が幸い災いして・・・。
フレームをダメにしちゃっても、どっかの自転車屋の店主さんが「yukkyoさんっ!ア○ボウの倉庫でHELIOSのフレームを発掘しました!」とかって、手厚くサポートしてくださるんですよねぇ。ありがたいことです。その自転車屋さんにはHELIOS SL新車がありますしねぇ。(それがどーした)
yukkyo@会社dot 2009.04.08 09:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top