2010
02.15

ファインマンさんっ!

Category: 読書
岩波現代文庫の「リチャード・P・ファインマン」シリーズ

ふとした拍子に興味がわいて、とりあえず「光と物質のふしぎな理論」をゲット。

光と物質のふしぎな理論:岩波現代文庫

8冊ぐらいがセットになったものもありましたが、さすがに諭吉様にご登場いただくほどには勇気を持てず、おとなしく1冊ずつ攻めていくことにします。


トラックバックURL
http://yukkyo.blog62.fc2.com/tb.php/632-ad449af5
トラックバック
コメント
これはまた難しそうな本をお読みで。(^^;

うちの茶の間のテーブルには「量子力学」とか
「微分積分」「JAVA」とか私には理解できない本が
載っかっており、あえてそれには触らないように
しております。(。_゜☆\ バキ
itadot 2010.02.16 19:11 | 編集
> itaさん
なぜかしらこの手の物理の本が好きで…。「読み物」として読んでいるだけですが。(笑)
今回のRファインマン博士のシリーズや、あと、日本の分子生物学者の福岡伸一さんの著作なんかが「読み物」として面白いですわ。
毛色の変わったところでは「釣りキチ三平」なんかに挑戦したい(爆)んですが残念ながら入手難のようで。
yukkyodot 2010.02.16 21:27 | 編集
こんばんは~。科学を判りやすくしてくれるとヘヘェ~ハハァ~と理解できているかどうかは別にして面白いですね。
そういえば、SF作家のアイザック・アシモフの早川文庫から出ていた科学エッセイや、親爺の百科事典を、昔むかし読んでたのを思い出しました。
ウメカルマdot 2010.02.16 23:41 | 編集
> ウメさん ご無沙汰しております
非常に理路整然とした説明文がそこにあるんですが、悲しいかな…以下略な状態で(笑)、「理解する」なんていう領域は遥か彼方ですねぇ。できるだけ楽しんで読むようにしています。

アイザック・アシモフ、初めて聞いた名前…と思ったら、なんと「I,ROBOT」の著者様でしたかぁ。しかしこの方、すっごい作品数ですねぇ。機会があれば何か読んでみよう。
yukkyodot 2010.02.17 21:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top