2010
04.10

体内の毒を抜きに十三峠へ

Category: チャリ   Tags:十三峠
十三峠 2010/04/10

例によって家事に忙殺される予定の週末ですが、スキマがあれば「ちょいと行ってくるわ」という感じで、今週も行ってきましたホームコース。

あまり時間が無かったのとやっぱり左膝の具合がよろしく無くて、十三峠を登って下って帰ってきました。

上の写真は、水呑園地入り口ヘアピンの上の辺りです。峠頂上もそうでしたが、もう葉桜になってました。時折風が吹きぬけると見事な桜吹雪が見られました。季節の移ろいは早いモンですね。

山肌にはいくつも桜色が見えますけど、季節はもう「新緑の季節」へ、夏に向かって進んでいってるようです。気温もそれを物語るかのように、今日から衣装を上下とも「ショート」にしました。それでも登りはメチャ暑。下りは快適。という感じでした。

ご褒美 2010/4/10 今日のご褒美はこれ。自宅1Fに住む親宅の冷蔵庫からパクってきました。(笑)

おくゆかしい性格なので小さめのサイズにしておきましたです。(殴)

しかし、それにしても、膝がイケません。今日も、大竹7スタート前に3mmほど下げて挑んだのですが、そういう問題じゃぁないのかもしれません。

左側、ペダルが上死点から下死点に向かう時に膝関節が伸びる動きになりますが、最もペダリングパワーがかけられる位置にもかかわらず、この部分で最も痛みが出てきやがるのでチカラをかけることができません。

今日も、とりあえず十三峠の登り下りまではなんとか痛みも少なくて影響はそれほどありませんでしたが、帰宅路の平地で痛みが酷くなってきて、信号ダッシュなんかの場面では「右一本」という感じです。この状態までくると、下死点から上死点に向かう側でも痛みの為に引き足が使えなくなります。

こういう状態では、他の皆さんと一緒に走ることもできず、遠出することもかないません。

たとえ逃げ策でも良いので、ポジション調整でなんとか対応できたら良いのですがねぇ。


トラックバックURL
http://yukkyo.blog62.fc2.com/tb.php/640-f6ccc802
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top