FC2ブログ
2010
10.11

滝畑ダムまでお散歩たりんぐ

Category: チャリ
滝畑サイクリング 2010/10/11
滝畑サイクリング 2010/10/11

朝7時20分頃にスタート。大和川CR~石川CL~石川沿いの裏道~河内長野~府道218号~梨の木隧道~滝畑ダム。帰りにcafeアスリートへ。

微妙に寒そうだったので薄手の長袖を1枚持参。けど無用だった。日向はむっちゃ暑いがな。

行きは、石川CLで何人かのサイクリストに出会いましたが、河内長野以降は皆無。車も少なく人気も少なく、白飛びスポットの梨の木隧道までのアプローチは、ほんま、「今にも何か出てくるぞ」な良い雰囲気でした。

9時半ぐらいに滝畑ダムをスタートし、梨の木隧道は通らず府道218号を素直にトレース。この頃になるとぼちぼち滝畑方面を目指すサイクリストに多く出会いましたです。

cafeアスリートでモーニングセットをいただき、空腹が満たされたところで「堺東(カワハラダ)を目指します」と店を出発したものの、大和川CR途中で気持ちが折れてそのまま直帰。

で、帰宅後スグにシャワーを浴びついでに風呂掃除。で、足を滑らせてアバラと腰骨を強打して、右腰骨付近が痛くて座るのも立つのも歩くのも不自由に。(爆)

はぁ~~~、辛い。(ぼそっ)


トラックバックURL
http://yukkyo.blog62.fc2.com/tb.php/695-0c8e1551
トラックバック
コメント
腰大丈夫ですか?
ひょっとして骨折!?
お大事に・・・。
うじりんdot 2010.10.12 13:07 | 編集
あ、ありがとうございます。まぁ、なんとか仕事しております。
腰骨付近のは、あともう少し強く打ってたら傷口がパックリ開いてたような気がしますが、ぎりぎりなんとか表面的な傷と内出血だけで済んでます。右大腿付け根を動かすような場面で痛いっすわ。アバラの方は、はじめはたいしたことはなかったのに、時間が経つにつれ痛みが・・・。少し大きく呼吸するとか笑うとかクシャミするとか、肺とか横隔膜を動かすようなことをすると痛みがきます。アバラというよりは、もしかしたら胸部筋肉の打ち身かも。という感じです。
なんにしましても、もう1~2日ほど様子見です。酷くなるようなら何かせなあかんですが、まぁ大丈夫でっしゃろ。
yukkyodot 2010.10.12 16:38 | 編集
大丈夫ですか?

大人の炭酸飲料が登場しないあたりに、これはマジで痛いんだなと感じました。(^^;

お大事に。
itadot 2010.10.13 04:22 | 編集
負傷後2日目ですが、昨日よりは少しマシになりました。ま、大丈夫だと思います。お気遣いありがとうございます。

大人のミネラルウォータ(スパークリング系)が無いのは…

日常一般的な生活に於いては、原則として「(月)~(木)は摂取を控えて、(金)~(日)に爆発しましょう」という生活指針としている関係です。
yukkyodot 2010.10.13 07:59 | 編集
チャリ乗り中でなく、お風呂掃除というあたりがなんともはや
申し訳ありませんが笑っちゃいます。
腰はともかく、アバラ、少しヒビいってるかもしれませんね。私もスキー時代よくやった。
ほっといたら治りますけど、周りの腱までやられてたら要注意ですね。
お大事に(o*。_。)oペコッ

この間の11日、妙見山の付近まで出かけてきました。
お天気がいいのでサイクリストもうようよ。
女性サイクリストをしっかり観察してきましたが、
腰周りから太もも、ふくらはぎ、アレは私の目指す美脚では・・・
初心者なのかベテランなのか見分けられないので、判断はできませんがw
あかねdot 2010.10.13 18:03 | 編集
ほんま、腰は外傷&(軽い?)内出血で済んでるみたいですが、アバラがねぇ。ズキンとくる痛みが続いてますわ。胸筋を手でつまんでも痛くないので、やっぱ骨ですかねぇ…

なんて、暢気に構えてる程度ですので大丈夫っしょ。

短距離スプリンターのような脚を目指しておられるのでしょうか。「山付近で見かけたサイクリスト」というのが気になりますが。(爆)

ま、信じる者は救われる。(笑)
yukkyodot 2010.10.13 22:59 | 編集
深呼吸して痛むなら、たぶんいってます。
骨だけなら医者行っても、コルセットかなんかで固定するくらいしかしてくれないしw
日常生活に支障なければほっといてもいいんでは?炎症起こてたらやばいかな~( ̄▽ ̄) ニヤ

私が見た女性サイクリストは、なんか中野浩一か橋本聖子みたいな感じでした。
場所は山を降りてから。ああいうのはやだw
あかねdot 2010.10.14 09:32 | 編集
「ほっとく」というよりは、まぁとりあえず、様子見で。

前にも書いたけど、チカラを込めてペダリングするような漕ぎ方すると脚に筋肉が付くので、そうではなくて、軽いチカラでクルクル回すように漕ぐのですよ。
で、山方面なんて登りではチカラを込めて漕がないと登れない場所なので、そのような方面におられるサイクリストの方々は、そういった漕ぎ方をする傾向が強いのではないでしょうか。ということで、必然的におみ脚にも相応の筋肉が付いておるのではないだろうか、と。さように思うワケです。

ま、見た目で人を判断しちゃあいかんよ。(なんやそれ…)
yukkyodot 2010.10.14 23:51 | 編集
つまりなるべく平坦な道を力を込めずに、小一時間走れ、ということでしょうか?
でも峠って・・・

見た目で判断、いーじゃん。どうせ現実の相手じゃないんだし~
今からイバラの道を進もうってんですから、それくらいはお目こぼしくださいませ(なんでしょう?w)
あかねdot 2010.10.15 20:34 | 編集
そそそ。そーゆーこと。できれば途中で止まらんで済ますのが良いけど…なかなかそんなコースはありませんな。

峠はねぇ…、「誰の助けも借りずに登りきれた」という達成感、でしょうなぁ。速い遅いを競うような楽しみ方もありますけど、ボク的には純粋に自己満足を求めますねぇ。

ま、ひらたく言うと、マゾヒスティックな遊び方ですな。
yukkyodot 2010.10.16 19:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top