2012
08.11

Vitz to POLO

Category: クルマ
Before
初代Vitz Type-U

After
VW POLO TSI Comfortline BlueMotion

Vitzに替えて新たに入手した車がこれ、Volkswagen POLO TSI Comfortline BlueMotion

長ったらしい名前ですが、要するに、POLOのいっちゃん下のグレード。特に「これ!」といったものは何も付いてない、むっちゃ普通の2バルブSOHC4気筒の1.2リッターターボです。
先代Vitzを買う時にも(当時の)POLOが気に入っていましたが、その時は財政事情がこれを許さず断念しました。それから16年経って、ようやく気に入ったモノが手に入った、ということでしょうか。

今日(8月11日)、開店と同時に受け取って、その足でディーラー近くのオートバックスで車室内用ファブリーズを購入しそのまま滝谷不動尊で安全祈願を受けてまいりました。

ごく普通の5人乗り1.5BOXボディで車重1100kgに、100psを少し超えるパワーと18kgmほどのトルク。普通に走るには必要十分です。ターボは、低速トルクを稼ぐのと燃費効率を上げる為に取り付けられており、トルクに関しては低い回転域から最大値が出るので、ほぼどのような交通モードでも運転するのにストレスは感じません。シフトは7速DSGでかなり燃費重視のシフトスケジュール、どんどん変速していってあっという間にトップに入ります。しかし、アクセルペダルを踏む量を少し増やすだけですぐシフトダウンして必要な加速を得られますので、全く問題ありません。

足廻りを含めたシャーシーとボディは、自分が経験した国産車では味わえない感覚。しっかりした建て付けで、1.5BOXコンパクトカーというグレードとは思えない重厚な感じを受けます。この感覚は、16年前に試乗した時に感じたものと全く同質で、この車を選んだポイントの1つです。

「BlueMotion」とは、よくあるアイドリングストップ機構とブレーキング時の回生エネルギーを利用してバッテリを充電する機構の総称のことで、これにより少なくともカタログ上の燃費数値は素晴らしいものにできています。しかしながら、POLOに限った話ではありませんが、アイドリングストップ機構はいかがなものでしょうか。「別に無くてもいいよ」という感じを持っています。と言うか、正直に言えば「(今のところ)こんな機構要らんわ」という感じです。

停止/開始の回数や頻度が多いほど機械部品の寿命によくない影響がありそうな気がすること、そのワリに大して実燃費に寄与しなさそうなことが主な理由です。エコカー減税(75%)対象車とする為に必要な機構だったのかもしれません。ま、自分にとって実利のある機能なら有効に使いますし、そうでないならオフっておくだけのことです。

信号待ちとかでエンジンが止まってる間は室内空調の面倒見が悪くなるんです。今のこの猛暑の季節だと、もう明らかに「暑いよな」と思えるぐらい空調の効きが悪くなります。それに、左足ブレーキを使う人は、ブレーキペダルとアクセルペダルの操作タイミングがアイドルストップ機構と相性が悪い場面があるように思います。まずきちんとブレーキペダルをリリースしてからアクセルを踏む、というシーケンスをきちんと守ってあげないと、車の動き始めがギクシャクするんです。慣れの部分かもしれませんが、とりあえず今日は、アイドリングストップ機構はOFFって走っていました。

まぁ、一般道を走る一般ドライバが「セナ足」のような操作をするワケもありませんので、大した話ではないのかもしれません。また、アクセルもブレーキも「右足でしか操作しないよ」という方には全く関係の無い話です。

それはともかく、今日は、国道309号を通って富田林に向かい、サンマルクレストランで昼食したあと国道170号(外環状)~府道202号で滝谷不動尊に行きました。安全祈願の後は、晩御飯用の食材が欲しくて旧国道170号から国道309号で「道の駅かなん」へ。が、朝にほとんど売り切れてしまっており、しかたなく、グリーンロードを経て「道の駅近つ飛鳥の里太子」に向かいましたが、ここでも売り切れて何も無し。諦めて、地元まで戻ってきてから、家の近くのダイエーで食材を調達しました。

トリップメータの操作とかまだ何も分からないので(笑)、今日何km走ったのか正確には分かりません。50kmぐらいかな…

ま、そんな感じで、POLOとの新しい生活が始まりました。末永く、宜しくお願いします>POLO


コメント
ゆっきょさん、こんばんは。
新車購入おめでとうございます。拍手パチパチパチ。
外車じゃないですか!スゲー!
ゆっきょさんは、車のことも詳しいんですね。
私なんか、知識も思い入れも無いもんですから、車を買う時も超テキトウです。
こうやって、確固たる考えに基づいて購入してはる時点で、もう感心しております。
とにかく、まあ、POLOと楽しい生活を送って下され。
うちのエアウェーブにはまだまだ頑張ってもらわんとあきません。私にはホンダの車も、ホンダのディーラーの体質も性に合わんのですが・・・。
topcymdot 2012.08.11 22:30 | 編集
宅財務大臣の異様なテンション高揚により、あっという間の購入劇でありました。それぐらいのテンションをもってボクのロードバイクのことも考慮していただけたら、どれほど幸せだろうかと…。(笑)

今の時代は、所有する事すら是非を問われる自動車ですので、「どんな車が」とかは「どうでもよい話」なのかもしれませんね。

POLO、おそらく、現在の1.5BOXコンパクトカーのベンチマークですわ。色々な点を総合して素晴らしく完成度が高いです。お薦めしておきます。(笑)
ゆっきょdot 2012.08.12 19:56 | 編集
「いつかはクラウン」が回ってきたんだと思っていました、が、それよりいい新車ですね。畳と車wは新しいのがいい?w
うじりんdot 2012.08.13 12:16 | 編集
「いつかはクラ」まできて、つぎに「ウン」が来るかと期待したですが、「寿司」がきてしまいガックシですw。Vitzには前後輪を外したロードバイクを積載できましたが、POLOはダメなようです。そういう場面がきたときは何か考えなくてはなりません。
ゆっきよdot 2012.08.13 14:55 | 編集
あれま、いつのまに外車のオーナー様ですか。(^^;
いいですね、うらやましい。
とは言っても、車に対する興味はすっかり無くなってしまいましたね。故障せずに動けばいい、程度。(笑)

最近、秘密基地へ来られる方の車も外車が増えました。
ヤマ行こ関係のdahonユーザーが減って、代わりにBD-1ユーザーが増えた事と関係があるんでしょうか?(^^;
itadot 2012.08.16 20:36 | 編集
いや~、DAHONはアメ車だし、OPERAやEddy Merckxはイタ車だし。(笑) BD-1は…独車かw

「POLOかスイフトか」とはブログにも書いてましたが、まさかPOLOは無いだろうとも思っていました。財務大臣様のご威光の前には、不可能という文字も霞んでしまうようです…が、GTIに届かなかったのが悔やまれるところ。(笑)

まだ子供の頃「外車」は「高い」のが普通でしたが、かなり値段もこなれてきたように思います。産地を問わない広い選択肢の中から「良い車」を選べるようなった…のかもしれません。

暗黒技研・秘密基地に持ち込まれる機材も多様になりましたねぇ。対象領域も、狭く・深くなるのではなく、広く・深くなっていってますよね。(笑)
ゆっきょdot 2012.08.16 21:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top