2013
03.17

統計学が最強の学問である

Category: 読書
統計学が最強の学問である 久しぶりの読書ネタ。

以前に「ヤバい統計学」を読んでいましたが、書名に「統計」が付く自分的第二弾です。(意味無し)

まだ読み始めたばかりですが、始まりからいきなりズバズバと直球が来るので、読んでてなかなか楽しいです。

どっかの会社も、データサイエンティスト育成だ!とかマヌケなこと言ってる間があるなら、こういう本を読む時間に使ったほうが、よっぽど有効かと思いますね。

それはともかく、凝り固まった脳みそを解される気持ちよさを感じつつ、楽しみながら読書させていただきます。


コメント
本というものを長らく読んでおりません。
電車で座るとほぼ確実に気絶。
立っててもスマホを見るぐらいですが、スマホで文字を見てると立ってても眠たくなってくる。
じゃあ、家で読むのかといえば、なんかしらんけど時間がない。
本をコンスタントに読んではる人って偉いなぁと思ってます。
topcymdot 2013.03.17 22:56 | 編集
通勤は、15分歩いて、15分電車に乗って、乗り換えて5分電車に乗って、乗り換えて5分電車に乗って、10分歩いて、という具合で、落ち着いて寝る間もございません。(爆)
本を読む時間のほとんどが、通勤中の「15分電車に乗る時間」だけ。良い読み方とは到底言えないですね。

ゆっきょdot 2013.03.20 11:25 | 編集
おおー
うじりんdot 2013.03.26 09:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top