2013
06.09

続・ホイールを…

Category: チャリ
WH-RS21 & Panaracer Closer Plus
金山媛神社 2013/6/9
金山彦神社 2013/6/9
ご褒美 2013/6/9

ホイールを手当したものの「あ、タイヤが無い…」

ポイントの貯まってた某通販を利用して深夜に発注…するも、2本のうち1本だけ「入荷後発送」…。

いやいやいやいや、そんなん意味無いし…。

慌てて1本をキャンセルし、某ウエパまで激走して手当て…

ウエパって、梅パとはぜんぜん別のお店なのね。という事を実感しましたね。品揃えも値段も、ぜんぜん違いますね。

「チューブも無い」と、タイヤと同様に某通販を利用して手配して、Panaracer R-Air を2本手当て。

で、取り付けてみたところ、バルブ長がビミョーすぎ…。ポンプヘッドに上手く掴ませるのにナンギしながらも、なんとか頑張って成功しましたが、後になって、新品チューブの宅在庫を発掘。(爆)

バルブ長もちゃんと長かった。(爆)

初物を試すには「やっぱりホームコースよね」ということで、行ってまいりました雁多尾畑。(え?「以前なら十三峠/信貴山やろ?」って? そんなん知りません…)

ホイール交換時に既に明確に認知しておりましたが、重量差は圧倒的ですらあります。タイヤ込みの前後合計で、おそらく500gは違うと思いますね。

30km/hを超えての平地巡航は非常に楽チンになりました。

登りは…
まぁ、10%/2kmごときの登りでは、なんとも言いようが無いというか…、たしかに重たいですけど、しんどさは大して違いが無いと言うか…

新しいホイールには余ってた12-23のスプロケを付けていったので、変態12-25を付けてたチューブラーホイールとは直接比べられないのかもしれませんが、ま、ポタリストには大差無い、ということで。

軽量チューブラーホイールは、近距離(短距離)・単独走且つ山ポタ/坂道ポタ専用に。それ以外のケース全部は今回調達したホイールで。基本は、こういう切り分けで使っていく予定です。


コメント
ゆっきょさん、こんばんは。
「10%/2kmごときの登り」って、凄いですやんか!
私、今、こんな坂上ったら、たぶん死んでしまうでしょう。
自転車のフレームの重さの差とか、ホイールの重さの差云々を言う前に、とにかく自重を落とすことが重要と認識しております。
適正体重まで15kgぐらい減らさんとアカンのです。
ということは、最近の完成車2台分ぐらいですかね。
トホホ。
topcymdot 2013.06.09 17:48 | 編集
あらら、topcymさん、肥満はいけませんぜ。(笑)
私よりまだ少しお若いですが、体重増にはくれぐれもご注意を。
「減らす」よりも「増やさない」という事を意識される方が、
いろいろと良いかもしれません。

でも、同じ1kg落としたとしても、体重よりもホイールを減量
する方が、「軽くなった~!」感が強いっすよ。(爆)
ゆっきょdot 2013.06.09 19:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top