--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07.01

続々々々・ホイールを…

Category: チャリ
ホイールバランス 2013/7/1

大リーグボールを投げれるよう努力しているわけではありませんが(殴)、とにかく、新たに調達した重たいクリンチャーホイールを使い続けております。

先日、チェーンの給脂とかメンテナンスをしていた時、何気なく後輪をおもっきり空転させてみたところ、ある回転域から急に自転車全体がゆさゆさゆすられるほどの振動が発生し、この時になって初めて、

ああ、ホイールバランス、ぜんぜん取ってへんかったやん

と思い出したしだい。

↑の写真の通り、小さめの鉛を貼り付けてバランスをとることができました。写真は後輪ですが「事情は前輪も同じでしょう…」ということで、前輪も同様に対処しています。サイコンのセンサ用マグネットが付いてるので、この程度のバランサで済んでます。

もしかすると、45mmとか普通のバルブ長のチューブを使えば、こういったバランサーは要らなかったのかもしれません。

あと、常備品としてParkTool SW-7cニップル回しを携行してるのですが、シマノのホイール(ニップル)は、ぜんぜんサイズが違うんですね。これも最近知りました。

サイズをきっちり測って、このホイールに合う工具を用意せねばなりません。



ちなむと、大リーグボール養成ホイールは、シマノ WH-RS21 というヤツ。カタログスペックでは前後計1850gほどだったかと思います。(実測はそれよりやや重ため)

シマノの9s/10s/11sに対応します。素のフリーボディは11s対応で、これに付属のスペーサ(1.85mm幅?)をはめることで9sに対応。これに10sスプロケに付属のスペーサを使えば10sも可能。という方式のようです。


コメント
ゆっきょさん、こんばんは。
自転車のホイールバランスなんて考えたこともなかったです。
ホイールバランス取らんかったら、転車全体がゆさゆさゆすられるほどの振動が発生するんですね。
ホイールバランスの取り方ってどうやるんですか?
難しいんですか?
topcymdot 2013.07.06 21:39 | 編集
厳密にホイールバランスを取ろうとすると、けっこうナンギですが、
それほど難しいものではないですよ。
今回私がやったのも、バイクをメンテスタンドにセットし後輪を空転させて、一番振動が小さくなるようにオモリを貼り付けるだけ、ですから。
ハブの回転精度が素晴らしいものだと、テコの原理で重たい部分が勝手に下にいきますから、そういう動きが無くなるようにgオーダでバランス取ったりしますね。

ホイールバランスを意識したのは、折り畳み小径車で信貴山に行ってた頃、ダウンヒルで60km/h超えたぐらいからえげつない振動が出てきて「自転車が空中分解してしまうんちゃうか!?」と思ったことがきっかけですね。
平地を30km/h・40km/hで走るぐらいなら、多少バランスが悪くてもほとんど気づかないし問題無いのではないでしょうか。ホイールが高速回転する時に大きな問題になります。

ゆっきょdot 2013.07.06 22:31 | 編集
オモリは、ゴルフ用品屋で売っている、薄っぺらい鉛のシートです。
裏面に接着剤が付いてて、ペタっと貼り付けれるヤツ。

チューブラーホイールの方は、細めの鉛半田をスポークに巻きつけるワザも併用しています。
ゆっきょdot 2013.07.06 22:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。