2013
11.04

PC冷却系見直し、いちおう完了

Category: PC
HWMonitor 2013/11/04 CPUファンを含む3つのファンの制御をファン・コントローラに一括することにして、ファン回転数をBIOSやWindows上でモニタできるよう回転数信号だけM/Bへ接続しておくことにしました。

左図は、OCCTを使って負荷をかけ続けている最中の各センサの値を表示したものです。各温度が落ち着いた頃、ループ開始後10分ぐらい経った時点のものです。

FANIN0がCPUファン回転数、FANIN1がケース背面ファン、FANIN2がケース前面ファン。CPUファンが、大した回転数でもないのに騒音レベルがちょっと高めなのが気に入らないところです。ケース背面ファンは、手元在庫していた少し静かめのファンに交換しました。

CPUファンは電圧を少し絞り気味で運転。騒音と冷え具合のバランスで、季節や室温・処理負荷状況などに応じて電圧を変更することにします。

Cooler Master Hyper TX3 EVO 2013/11/04 ケース背面ファンとCPUクーラー(ヒートシンク)をダクトで繋ぐ案もありましたが、距離があまり無い上に位置関係が微妙にオフセットしているので、実際やるとなるとなかなか大変かなと思います。同じタイプでもっと大きめのヒートシンク(Hyper 212等)だと位置関係がマシになるのかもしれませんが、もう元気が無くなってしまいました。(笑)

いちおう、これで作業は完了です。


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top