2013
11.07

当家版プチフリ解決要領の巻

Category: PC
ま、状況は「人それぞれ」かもしれないので、他人様の参考になるようなコトは無いかもしれませんが、「とりあえず、まとめておきましょうかね」という気まぐれです。

itaさんがSSD化が近そうな感じですし。

対策として実施した(で効果があったと感じた)事項は以下の通りです。
  • 「電源プラン」を「高パフォーマンス」に設定した。
  • SATA LPMを無効にしてハードディスクデバイスを常時Active状態になるよう設定した。(これと同時に、PCI-Eの電源管理もOFFり、USBセレクティブサスペンド機能もOFFった)
  • Windows Aeroを無効にした。(デスクトップのテーマでAeroテーマ以外のテーマを選ぶ)
  • Firefox(24.x, 25.x)の使用を中止して別ブラウザ(Sleipnir4)に乗り換えた。
という感じですかねぇ。

上の2つは、SSD導入によって問題が生じた事への対処になったんだろうと思います。SATA LPM絡みの対処は、使うデバイスやドライバによって具体的な対応方法が違ってくるので、事前のリサーチ/学習が必須かと思います。

Windows Aeroの無効化は、元から何かおかしかった…と言うかそもそも完成度の低いガラクタ機能だったんでしょうね。それが何かの事情で痛いトコに刺さってしまったんだろう、と。

最後の Firefoxは、これはもう何だか良くわからないです(爆)。本当にこんなものが対処になったのかどうかすら今となっては怪しい…怪しすぎる。完全濡れ衣、かもしれません。(※これに関しては本記事末尾に追記事項あり)

あと、細かいこととしては
  • 各種ドライバ類を比較的新しめのものにアップデートする。(最新が最良とは限らないが…)
  • もしあれば、M/BのBIOSもアップデートしておくのが良いでしょうかね。(カッコ内同上)
  • 念の為に CMOSクリアもやっておくと良いでしょうね。
というような事もありましょうか。
ま、だいたいこんな感じですね。



【後日追記】
Firefoxに関してですが「濡れ衣」と書いておりましたが、やっぱりコイツ「クロ」ですわ。記事に書いたような対処をしてSleipnir4を使うことで、プチフリに出会うことがなくなった状況で、Firefox 26betaを試しにしばらく使っていたら、見事にプチフリ発症です。
他にはあまり見られない状況なので、当方で発症する特別な理由があるのかもしれませんが、とにかく、私の環境下では Firefoxは使えない ということが分かりました。

【後日追記への追記】
いやはや、なんとも…。やっぱ「濡れ衣」を着せてしまったかも…。SSD導入頃から急に「Firefoxを使ってるとプチフリする」という原因が、そのタイミングでは特にアップデートも何もしてなかったFirefox側にあるように思う事自体が変ですよね。で、あらためて考えなおしてみました。SSDを導入した→書き換え頻度が高そうなフォルダをSSD以外に逃がす必要性を感じた→ブラウザのキャッシュをRAMDISKに逃した、という流れがありました。そうです。RAMDISKです。SoftPerfect RAMDISK というものを利用しておりますが、導入したものは v3.4.0。さきほどリリース元のサイトを確認してみると、最新はv3.4.2。Changelogを見てみると、v3.4.1の対応項目中に何やら怪しげな説明が…。とりあえず、v3.4.2に入れ替えて様子見しております。(Firefoxの不調は、たぶんこれが真因のような気が…)

【後日追記への追記のフォローアップ】
想像通りと言うか、SoftPerfect RAMDISKを最新版v3.4.2に入れ替えて、Firefox利用での問題がほぼ発生しなくなったようです。「ほぼ」などと怪しげなことを言うのは、要するに「まだ何か残っている」ということで、問題完全除去はなかなか遠いようです…。突然画面がブラックアウトし、2秒間ほどした後元の画面に戻る、という事が稀に発生するんです。「描画系か?!」ということで nVIDIA Driverを怪しんでみたところ、現在進行形の障害レポートもあるにはあるのですが、どうも自分とは違うケースのようにも思える…。とりあえず現状では、具体的な手立てが無い状態です。そもそも、どういう場面/状況で発生するか?すらも分かってませんので、なかなか厄介な感じです。

【さらに後日のフォローアップ】
やっぱりまだ何かダメなのか、刺さりますねぇ…。頻度はかなり減りました。「あ、ようやく本当に収まったか」と思えるぐらいになったら案の定(^^;。Windoze Updateすると一段ダメ化が進行しちゃうのか…、よく分からんのですけども…。とりあえず、RAMDISKで作ったドライブのファイルシステムをNTFSからFAT32に替えてみることにしました。で、替えてみましたが、刺さるモンは刺さりますねぇ…。はぁ……

【の翌朝の補足】
とりあえず、FirefoxのキャッシュをHDD側に戻した。さらに、IEのキャッシュもHDDに戻した。ということで、RAMDISKに用が無くなった(爆)。ので SoftPerfect RAMDISKをアンインストールした。これでしばらく様子見です。

【の補足】
11月15日の記事に書いていますが、あまりに様子が変なので、ATX電源を入れ替えて様子見してみることにしました。


コメント
一応参考までにお伺いしますが(参考ですよ、あくまでも(^^;)
SSDはどちらの物がお勧めでしょうか?
itadot 2013.11.08 12:30 | 編集
をっ、遮断機上がってきましたですかね。(^^;;;

鉄板モノとしては、Intel辺りでしょうか。
あとは、CrucialとかPLEXTORとか。
最近では、東芝SSDを使ったCFD販売のが人気のよう。
でも、東芝SSDは先日のMACのリコールで、ちょっとミソが付いた感じかなぁ。

Intel/Crucial/PLEXTOR等のクラスは、お値段がちょいと高めなんですよね。
私の場合も、サイフの厚みが少し足りなかったので、その下のクラス(SAMSUNGとかSanDiskとか)の中からSanDiskを選びました。
A-DATAとかSILICON POWERとかいった辺りのは、眼中にありませんでした。個人的に印象が悪いのもあって。(^^;

容量的には、120GBクラス以下はちょっと不足気味かもしれないですね。素子レベルでの書き換え頻度が高いとデバイス寿命に影響するような気もするので、実使用量100GBであっても240GBとか256GBぐらいあった方が安心ではないかな~、とか思います。
ゆっきょdot 2013.11.08 21:57 | 編集
あと、日記にも書いていたと思いますが、SSD導入と同時に自分がやったことは以下の2点。

・%TEMP%等の実PATHをHDDにした
・Firefox/IE等のcacheをRAMDISKに逃した

hibernate(休止状態)は無効にするのは以前からやっており、DRAM搭載量にもよりますが余裕があるならページングファイルも無しにしてC:への書き換え量を抑える手当も有効かもしれません。


ゆっきょdot 2013.11.09 11:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top