2013
11.19

TEMPディレクトリ・オートクリーナー

Category: PC
TEMPディレクトリの中の汚れ方があまりに酷いので、「どうしてくれようか…」と考えた結果、RAM DISKの方に移動させることにしました。

RAMDISKはブラウザのcache専用として1GBのサイズしか確保していませんでしが、12GB積んでるRAMの大部分が空いてるのはMOTTAINAIよねということで、どど~ん!と5GBに増量して、とりあえずユーザ環境変数のTEMPとTMPをRAMDISKドライブに変更しました。

Windows起動シーケンス上どの段階でRAMDISKが有効になるのか分からなかったので、システムの環境変数の方はHDDにしたままにしています。

これで、HDDの汚れ方がだいぶマシになります。また、Windowsを起動し直せば自動的に掃除されますので、手動のメンテ作業が無くなり少しばかり手抜き運用ができます。

環境変数TEMP/TMPのディレクトリは、色々なソフトにてテンポラリファイル用の場所として利用されますが、扱うファイルの大きさしだいで必要なサイズが変わってきます。5GBぐらい取っておけば、片面DVDサイズのイメージの圧縮/解凍ぐらいできるやろ、ということでサイズ設定しました。


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top