2014
01.25

メンテ後の様子見サイクリング

平群町 2014/01/25
白石畑 2014/01/25
法隆寺 2014/01/25

予定していたタイヤチューブの交換/ハブのグリスアップ/ホイールバランスの調整等は既に済ませてあり、今日(土)にそれらの様子見がてらいつもの法隆寺サイクリングに行ってきました。

大和川CR~青谷~河内堅上~三郷~平群~白石畑~法隆寺~当麻街道やすらぎの道~国道25号~大和川CR。48.5km/2時間36分/659m。

まずは、Extenza軽量チューブ。自転車では人生初のブリジストン製品ですが(大袈裟すぎ)、とにかく、よく分かりません(爆)。そもそも、ちょっと乗ったぐらいでR-AirとExtenzaの違いなんざ分かるワケがありません。路面からの衝撃が「角が丸くなった感じがする」ような気もしましたが、プラシーボ効果でしょう。

パンクに関しても、2011年の正月にチューブラーでパンクした以外はその前もその後も疎遠で、R-Airにしても全くパンク経験がありません。なので「Extenzaチューブは、あまりパンクしないですよ」という評価もできません(笑)。

現物のチューブを触った感想としては、R-AirよりExtenzaの方が「しっかり感」がありましたね。と言うか、言い方が逆かな…。R-Airの方が繊細な扱いが必要な感じがします。

ハブのグリスアップ+ホイールバランス調整ですが、こちらもまぁ、よく分からんちゅーか…(^^; 以前も(いちおう)ホイールバランスは取ってたので、「前との違い」を具体的に認識ないです、ということで。

ホイールバランスを調整する時、振れとり台を使ってホイールを空転させながら調整したのですが、シビアな事を言うとこの時だけは「無負荷でクルクルよく回る~~」というホイールは意味がありますね。調整しやすいです。が、鉄下駄ホイールはそんなハブではないので、今回ちょっとした小道具を使って対応しました。

それは、使えなくなった電気髭剃り、です。

髭は剃れませんが微細な振動は起こせます。振れとり台に置いたホイールのハブ軸にその振動を伝えて、微妙にブルブル震えさせることで、微妙な重量差に反応してくれるようになるんです。

というようなことで一応のバランスを取ってから、ホイールを自転車に戻しペダルを手回ししてホイールを高速回転させ最終的なバランスを調整しました。

トップ12Tで激走するぐらい回した時でも、フレームに伝わる振動はとても緩やかでしたので、まぁ、サイクリスト/ポタリストの領域であれば「これだけやっておけば充分でしょ」という感じです。

もののついでにメンテしたのは、チェーンです。KMCミッシングリンクを使ってますが、経年劣化してきたのか頻繁に歯飛びが起きるようになってきたので、ミッシングリンクを新品に交換しました。そのついでに、チェーンを久しぶりに脱脂してから給脂しておきました。

あともう1つ、リアディレイラのプーリーの清掃と給脂をやっておきました。でも、プーリーはそろそろ寿命かもしれません。DURA純正プーリーですが、シールドベアリングの回転の滑らかさが無くなってきているような感じ…。そろそろ、パーツを手配しておくべきかもしれません。

っということで、まぁ、メンテして「気分が良い」という効果は絶大でしたが(爆)、何がどのように良いか具体的に言うのは難しいですね。と。

何か具合が悪いことがあると「xxがおかしい。こんなのダメ。」みたいな話はし易いのですが、特段の問題が無い場合には、至って平和なので何を言うことも無く、だからと言って「ごっつ快適です」みたいな褒めるほどの事が無い場合がほとんどなので、ブログネタ的にはイマイチです(爆)。


コメント
駆動系のチューンやO.H.のイイところは、「手を入れたというだけでやたらと良くなった気分を味わえる」という事ですかね。具体的な効果としては精神的に3kgの軽量化に相当すると思うのは私だけでしょうか?
盛豚dot 2014.01.25 23:24 | 編集
特にチェーンのO.H.は、単に給脂するだけでも明瞭に良さが感じれますね。走行中の静かな音鳴りや上質な変速具合等から、調子の良い道具を使っている幸福感を感じます。

あと、掃除も含めて自転車に緊密に接してやると、具合の悪さがとても良く分かりますね。

ゆっきょdot 2014.01.25 23:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top