2014
02.02

ExtenzaチューブとR-Airチューブ

前にも書いた通りで、明確には良く分からんのですけど、「なんとな~く」ですがExtenzaの方が気軽に使えそうな気がします。

何を言ってるかというと、Extenzaの方が「丈夫そうね」という感じが強く、その為に、乗り心地を優先して「ちょっと空気圧を下げてみるか」という考えに繋がる、という点が「気軽に使えそう」というコトでして…

実際にも、R-Air時代より0.5bar以上下げて、7.0barジャストぐらいで使ってます。乗員の技量/体力/体重を総合的に考えると、700x23Cで7.0bar程度は「かな~り低めではないか」と思っていますが…

R-Airチューブでは、そもそも、こういう使い方をしようと思えなかったです。
パンパンに張ってないと、なんかヤバそう…というかそんな感じがして。

空気圧の差が「路面からの衝撃がマイルドになった感じがする」事の原因だと思いますが、とりあえずまぁ、Extenzaチューブはそういう感じで好印象ですわ~。


コメント
フムフム、タイヤだけでなくチューブによっても路面からの衝撃吸収性に差が出ますか…。
これは手持ちの予備チューブを売り飛ばしてでもPOTENZA(←4輪じゃない!)を使ってみたい気分になって来ましたよ…。
盛豚dot 2014.02.04 19:59 | 編集
いやいや、盛豚師匠。
衝撃吸収性は、たぶん空気圧によるもの、と思います。
なので、R-Airであっても、空気圧を下げれる人だとマイルドな衝撃にできるのではないか、と。

とりあえず、グリップ命な方には、ADVAN HF-Dで、お願いしたいと思います(爆)。

ゆっきょdot 2014.02.04 20:34 | 編集
アドバルーンHF-Dはショルダーが丸くて意外と踏ん張りが効かず、ファル権FX-06Dに切り替えたらいいカンジになりました。ポチンザRE-71は使った事が無く、M5の後輪で使っているGP4000は剛性と衝撃吸収性に優れていますがまだ峠を攻めた事はないので、今度城島さんと一緒にHF-Dとの乗り比べをしてみたいと思います…。
盛豚dot 2014.02.04 22:51 | 編集
あいや~、HF-Dでもダメだったっすか~。
CR-X1.5iには、充分すぎるぐらいのグリップだったのですが…
私もポテチンRE-71は使ったことがないっす。サイフに優しくなかったような記憶があります。

それはともかく、ゴッドハンドと峠の下りバトルですか。
M5で最少舵角の両輪ドリフト…(ぼそっ)

相手の車は見ず自分のラインに集中するのが良いと思いますよ。(殴)
ゆっきょdot 2014.02.05 07:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top