2018
04.24

私家版最強のボトルケージ

Category: チャリ
ELITE CIUSSI 2018/04/24 やっぱコレ、ELITEのCIUSSIっすよね。

強固なホールド力。ケージにはめたボトルが取り出しにくいぐらいの強固さ(爆)

サーモスの保冷ボトルを使い始めて「金属ケージではあかん」と思ったのですが、ヤワいケージではホールド力が足りまへん。また、自分の場合「フレーム前三角に腕を通して自転車を担いで石段を登る/下りる」ことも多く(爆)、その時にボトルを横から押すようなチカラをかけてしまうことがあって、ガッチリ系なものの方が自分に似合ってるのであります。

ま、石段登り下り以外でホールド力が足りないことを具体的に体験したワケではないのですけど、荒れた路面など振動の大きな場面で「抜けて飛んで行くんじゃね?」て感じの妙に気になる音がするモンで、グワっし!と掴んで離さない強力さを求めて、これにたどり着いてしまいました。

ミノウラのケージでもロード用の4mmとは別にMTB用(だっけ?)とかで5mmの頑丈版のケージがあるかと思いますが、プラ製ボトルのみ利用ならそれでも良いのかもしれません。


Comment:0
2018
04.22

今年初の炎天サイクリング

Category: チャリ
平群の山 2018/04/22暑くなるのは承知の上で、10:00出発でいつものコースに出かけました。

昨日より少しマシだったような気がしますが、やっぱ走ってると…走って止まると激暑。

それでも、沢山のサイクリストが走っておられて、大和川CRでは挨拶しまくり魔王状態。ただ、石川CRへ向かう人がほとんどで奈良に向かうのは自分だけ…と思ったら、前にマイヨジョーヌ着用のピナレロライダーさんが1名、真後ろにもけっこう本格派な感じでスレンダーでいかにも速そうなサイクリストが1名。お二人とも国豊橋から国分方面に向かわれて、結局、奈良に向かったのは私一人。ま、いいんですけどね

今日は、なんとなく気が向いたので帰りも三郷→峠→河内堅上→金山彦神社というコースを辿ってみて、脚とメンタルが売り切れましたw

三郷から峠は、距離こそ短いですが最大斜度18%且つワリと路面荒れ荒れの登攀があり、久しぶりに「前輪が浮く~」「後輪が滑る~」を体験。小径車の時は何度か経験ありますが、ロードバイクでは初めてかも…。なかなかナイスな体験でした。

昨日ほど日差しは強くなくて、「大丈夫やろ」とアームカバー無しで突撃したんですが、けっこう日焼けしてしまった…。年寄りは、もっと気をつけねばなりませんな。

しかし、ジャージもビブショーツも体型に合わんくなりました。っていうか、体型がウェアに合わなくなりました。ちょっとお高いめのロードバイク1台分ぐらい体重が減ってしまってるので、ウェアも買い替えが必要かも…。もちろん、普段着/通勤着も合わなくなっております。出費が痛い…


Comment:7
2018
04.01

法隆寺サイクリングをレギュラーメニューに

Category: チャリ
金山彦神社 2018/04/01

できれば良いと思ってるんですが、そう簡単にいくでしょうか。(って誰に言うとんねん)

ということで、先日の休暇日に続いて今日も頑張って行ってきました。少しコースに変化をもたせようと思って、ところどころ今まで使ったことのないコース取りをしてみました。交通量や信号が少なくて、けっこう好印象。今後の定番にする可能性大っす。

距離/時間/獲得標高/消費カロリー全て水曜日の時とほとんど違いはありません。昼食時刻を跨いだサイクリングなので平群のコンビニで昼食休憩しましたが、その補給分を加味したとしても、このサイクリングで体重が1.5kgほど落ちていました。補給していなければ2kgぐらい落ちてるのではないでしょうか。帰宅後、GPSマップ等で採取したログを確認してみると、このサイクリングでの消費カロリーは138,141,823kcal ということで、え~、死亡レベルですね(爆)。むちゃくちゃでごじゃりますがな…。

平群の山の上で、お一人ロードバイクの方が先着しておられました。けっこう「本格派」な感じのようにお見受けしました。当方がゼーゼー・ハーハー言ってて会話するどころではなかったのですが、下り始めようとした時「気をつけて」とお声がけいただきました。ありがとうございました。

例によって、帰り(西向き進行)は向かい風でナンギしました。大和川CRでチームジャージを纏った数名のパーティの後ろについたのですが、信号ダッシュでガーッ!と行かれて、10数mほどでちぎれさせていただきました(爆)。(「~させていただきます」の正しい用法は、こういう感じですね)

走ってる間は走ることに没頭していられるのが良いです。走る以外の事に思い悩まされることがありません。また、登り坂は辛い/しんどいですけど、誰かに追われるワケでも誰かを追いかけるワケでもなく、マイペースの踏ん張りで楽しめるので気楽です。全力を振り絞って漕いでも極小制動距離で停止可能な速度しか出ない等、超一級の安全性も兼ね備えております。

サイクリング、かくあるべし。


Comment:4
2018
03.28

ほぼ満開状態のように見えました@河内堅上

Category: チャリ
河内堅上 2018/03/28

上の絵は堅上中学校前の桜です。フォトグラファーの腕のせいで見え方がイマイチかもしれませんが、実物はもっと綺麗です。

1月に休日出勤した代休が1日残っていたので、ほぼ無理ヤリに代休を取って独り遊んできました。

自分の復調具合を確かめる目的で、大和川CR~青谷~金山媛神社~金山彦神社~峠八幡神社~龍田大社~平群~法隆寺 という久しぶりのコースに挑戦してきて、なんとかギリギリな感じで帰宅することができました。

青谷も河内堅上も龍田大社も、桜が満開状態でした。平群の山から法隆寺に下りた麓の辺りはまだつぼみが多いようですが、今週末ぐらいは全開…じゃない満開でしょうね。法隆寺からの帰路途中に竜田川沿いを通るんですが、土手沿いに桜並木があって平日にもかかわらずえげつない人出で驚きました。無料駐車場が満杯。駐車場の管理人さんに聞いたら「花見客ですわ~」との事で、たいへんな状況です。

合計走行時間は3h強、距離は50km強、獲得標高は1000m強、ということで昨年9月の小谷村を除けばこの距離この負荷は本当に久しぶり。帰路の大和川沿いの微妙な向かい風ごときでヘロヘロになってしまうような体たらくですので、全く大したことは無いのですけど、それでも、以前に使っていたコースを同じようにトレースすることができたのは良かったです。「気持ちさえあれば行ける」ことが分かりました(爆)。

それをやっちゃぁダメ!と知りつつ、帰りに立ち寄ったコンビニにSUNTORYの限定っぽい夕張メロンなんちゃら500cc缶を手に取ってしまい、帰宅早々玄関でグビグビグビグビグビグビ…。やってもーた…。さらには、「ちょっと早いが腹減ったので晩メシにするか…」と、いっちょまえ以上に食ってしまって…

サイクリングでの消費カロリーが2000kcal超あったんですが、帰宅して一気に挽回w

でも、風呂上り後に体重計に乗ったら、もう何十年も見なかった67kg未満の数値が計測されて安堵しました(殴)。

はい。明日から節制します。


Comment:0
2018
03.25

桜の季節まであともう少し@河内堅上

Category: チャリ
金山彦神社 2018/03/25

日曜午後からふと思い立って参拝サイクリングに行ってきました。

「まだもう少し先かな…」と思った通り、河内堅上方面は少しだけ山の上ということもあってか勢いよく咲く状態では全然なく、まだつぼみが多い状態です。もうあと1週間…でも暖かい日が多くなる予報なのでもしかしたら週中ぐらいには満開かも。

いつも通り青谷から登り始めて、いよいよ狭い道路になる辺りから突然の大渋滞。

何事かと思うたら、狭い道やのに何故かHUMMERがおって下りてくるクルマと対向できず行ったり来たり止まったり。その後ろには産廃らしきものを搭載した大きめのトラックが2台。こいつらは、ここがどういう道かを知らないはずはなく大迷惑な話です。

ま、そんな感じの休日サイクリングです。



国道25号国豊橋北詰から東へ直進してJR高井田前から青谷へ抜けるコースですが、高井田駅から100mほど先からJRの高架下を抜けるまでの間の道路の山側端が、何かの工事でごっそり掘り返された後、強烈に手抜きな簡易舗装が行われたおかげで路面の凸凹が激しくめちゃくちゃ走りにくいです。元々ここの部分は道路幅も狭く路肩がほとんど無いのもあって強烈に危ないです。

ご注意下さいませ。

JR高井田駅から関西線の高架辺りまで、関西線の北側(=山側)を通れるコースがありますので、こちらの方がお薦めです。ただし、通学路だったり住宅前の生活道路だったりするので、がーっ!と走るような道路ではありません。走行には配慮が必要です。


Comment:0
2018
03.12

陽気に誘われて…

Category: チャリ
金山媛神社 2018/03/12

1月に休日出勤した代休で「今日は自宅に引きこもら~」と思ってたのですが、あまりに良い天気のために「ちょっと行ってみるか」と呑気に出かけた参拝ポタリング。

冬用のサイクリング衣装で出かけたのですが、陽光を浴びて走ってると暑い暑い。けど、顔とか耳とか手先とか冷たくて、ちょっと微妙。元気の良いサイクリストは、半袖ジャージ+レーパン という方もおられるようですが、おっちゃんには、なかなか難しい選択。この時期は衣装が難しいっすわ。

今日は、金山媛神社まで一気に登り、金山彦神社は帰りに寄ることにしました。久しぶりで、心臓バックバクでしたが、まぁ、なんとか。体力/筋力は間違いなく落ちてるでしょうが、体重も落ちてるので相殺して「前といっしょぐらい」か(笑)。

体重を変えずに筋力Upできれば、もう少し楽に登れるようになるのでしょうか…。そうなれば良いのですけどねぇ…。「楽に登れた~」というのは今だに一度も経験が無いんですよねぇ…。死ぬまでに一度は経験してみたい。

ま、そんな感じで、のんびりとリハビリ開始。


Comment:0
2018
01.07

2018年の初サイクリング

Category: チャリ
金山媛神社 2018/01/07

「超久しぶり」「ようやく」というような言葉しか出てきませんが、昨年9月以来のロードバイク/参拝サイクリングです。

これまでのコース取りから少し変化を求めて、高井田からJR大和路線の北側にある「裏通り」を抜けていくコースを試してみました。(住宅地の中を通る生活道路なので、大人数でワイワイ言いながら通るとか、激走するとか、そういうのには全く向かないコースです。また、平日朝夕は学生さん達の通学コースにもなると思われるので、利用には注意と配慮が必要です)

「ついでなので、青谷ゴルフ練習場横のコースも試してみよ…」ということで向かった先は、距離こそ短いのですが、病み上がりが絶望するのに充分な激しい坂道なのでありました。あと20mほどで登りきれるところまでいきましたが、敢え無く撃沈。

練習場用の道路っぽいので、一般の通行に使ってはいけないのかもしれません。次からは、この部分は使わないことにしましょ。

というような厳しめの洗礼を受けたこともあって「今日は金山彦神社が精一杯かも…」と弱気になって金山彦神社に参拝しましたが、少し落ち着いてきたところでダメもとで「いっぺん行ってみるか」ということで金山媛神社に向かうことにしました。

案ずるより産むが易し。ではありませんが、思ったほどキツくなく撃沈されることもなく、なんとか辿り着くことができました。

っということで、無事目的を達成して帰路につきました。

これまでは金山媛神社に到着した時点では道路にへたり込むほど疲れ果てる状態でしたが、今日はそんなことはなかったので、少しばかり減量した効果なんかな~と思ってみたりしました。(軽めのロードバイク1台分ぐらい減量した)

減量した分以上に体力が落ちてるから、相殺かな。

サイクリングの方もマイペースで楽しむことにします。


Comment:0
2018
01.01

2018年はストライダでスタート

Category: チャリ
ストライダ フレームジャケット 2018/01/01

2018年もマイペースでぼちぼちやっていきますわ。よろしゅーお願いします。

で、「冬休みの友」としていた件、ウジウジしてるとあっという間に休みが終わりに近づいてしまうので、気合を込めて元旦から頑張ってみました。

単に「他にすることが無かったから」だけなんですが…

数々の大ミス(特に皮細工系)をことごとくごまかしながら、なんとかできました。ハンドル部位一式の交換と私製「貧相な」フレームジャケットの装着。

ハンドルバーは昨年末に書いていた純正オプションパーツ(ST-BDS-001)です。ハンドルバーのカット・使用するグリップ・ブレーキレバーをどうするか、いろいろ考えましたが、ハンドルバーはカットせずそのまま使用、グリップは以前使ってたUNAUTHRIZEDのロックオングリップにFizikの余剰バーテープを巻いた上からレザーを巻きました。

ノーマルのストレート型に比べハンドル幅が数cm拡大しますので要注意です。この事があって、オポジットレバーの採用は見送ることにして、ハンドルバーに付属してきたシルバーのブレーキレバーを使用することにしました。

交換前がオポジットレバーでしたので、ブレーキワイヤー類は「長さが足りない!」ということはなく、10cm程度カットするぐらいで済みました。のでハンドルバーに付属してきたアウター延長器具やインナーは使用せず。

さらに、だいぶ長い間「素案」を温めてきたストライダ版フレームジャケットをようやく作成し装着しました。フレームジャケットと言うかステムジャケットと言うか…。

輪行時の徒歩移動等でストライダをコロコロする時にステム部を手で持つのですが、冬場はかなり冷たくてイヤだったんですよね。これを改善するには、この部分に皮を巻くしかない…という事で、現物合わせで型紙を取ってたのを使って自作しました。

できれば、純正オプションパーツ等としてメーカ側で用意して欲しいなと思います。カラーコーディネートとか色々楽しめる部分かもしれませんし。

全景はこんな↓感じになりました。
ストライダ全景 2018/01/01

少しだけ乗ってみましたが、ハンドルが少し遠くなってポジション的に良くなりました。ハンドル幅はもう少し狭くてもいいのだけど…、グリップ込みで考えないとブレーキレバー固定に苦労することになります。いっそ大胆にハンドル幅を狭めた上でオポジットレバー化する手もあるかもしれません…。

ま、そんな感じで、本年もゆっくりのんびりやっていきます。

【後日追記】
結局、左右両ハンドルバーを25mmずつカットしました。ブレーキレバー位置との兼ね合いもあり、グリップを10mmほど短縮。それに合わせグリップのレザーカバーも幅を調節。という玉突き式の帳尻合わせを行い、一件落着。


Comment:2
2017
12.28

未来に向けたポジション変更の為に…

Category: チャリ
2017/12/28 STRIDA ST-BDS-001 などと大袈裟に書くようなものではなく、単に「冬休みの友」という程度か。ま、久しぶりのチャリネタです。

ストライダ純正オプションのハンドルバーキット(ST-BDS-001)で、標準のストレートバーでは「少し手前過ぎる感じがするな~」と感じつつ数年が過ぎてるのですが、ようやっと「対策してみよか」という気になって手当したしだい。

ハンドルバーに加え、グリップ・ブレーキレバー・ブレーキワイヤー延長器具一式がセットになってまして、まぁ、それなりに良心的です。且つ、何故かハンドルバーを固定するアルミレバーまで同梱されていて、「何故そこまで必要なのか…」と理解が難しいものまで同梱されております。

現状は世間的にあまり評判のよろしくないダイアコンペDC-188レバーを使ってまして、これを継続使用するつもりなのですけど、アウターの具合やら色々考えつつ交換方針を決めたいと思います。

「冬休みの友」なんて言いつつ、休み期間中には終わらんかったりして…

健康回復の第一弾として、ストライダを有効活用しようと思ってるのですけど、はてさて、どうなりますやら。


Comment:2
2017
09.24

ちょっと参拝サイクリングへ…

Category: チャリ
金山媛神社 2017/09/23

先日の夏休みに15kmの登りを2本もこなしたから、たかが2kmの登りなんて軽ぅ~いモンよ!なんてことは微塵もなく、相変わらずヒィ~ヒィ~言いながら登ってきた河内堅上でございます。

金山媛神社の鳥居横のキンモクセイが良い香りを発していて、季節の到来を感じてしまいました。が、陽の下は、むぅ~~~っちゃ暑くて汗だく。日が陰るとかな~~り寒くなりガクプル。衣装の難しい季節でございます。「天気エエみたいやし、ウィンドブレーカ要らんか」と家に置いて出てきたのを後悔しました。

昔っからそうだったんですが、あまり軽いギアというのを好みません。ケイデンスに対する移動量が気に入らない…進み具合の不足感に苛まれつつ走るのが嫌いで、しぜんと重ためのギアを踏み込んで走るスタイルでこの歳まで生きてきました。

今でもそういう傾向が強いんですが、「歳相応に考えないといけない」時の到来を実感する今日このごろ(爆)。

河内堅上の坂道も、以前なら17や19で頑張って登って厳しさを感じはじめた頃に21・23を使ってきましたが、ハナから23で登り始めて、しんどくなったら気軽に25を使う、というようなスタイルで登ってみたら、ゴールの金山媛神社に到着した時のしんどさが若干違うことに気づきました。

っというコトなんでしょうね。

え? そんなコトはお前がこないだ買ったサイスポに書いてある! ですと?!

な、なな、なんと…。まだほとんど読んでないのだよ…

おそまつ


Comment:0
back-to-top