--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
10.15

2016年夏休みの記録

Category: チャリ
予定通り2016/10/10~2016/10/14の期間で信州に行ってきました。

初日と最終日は大阪~安曇野間の移動のみ。11日・12日・13日の3日間が実質的な「旅行」でした。

2016長野旅行/乗鞍 11日から早々に乗鞍アタックを敢行しました。天候の具合が読み切れなかった為「走れる日に走っておこう」ということで。

元は三本滝レストハウスから畳平までを目論んでおりましたが、旅行に行く直前ぐらいになってスケベ根性が出て(爆)スタート地点を乗鞍観光センターに変更したのですが、これが徒花を咲かせる大きな原因になり、当初の計画通り標高900mは獲得したのですが、ゴール地点畳平(標高2700m)まで300mほど足りずに終わってしまいました。

三本滝レストハウスは標高1810m。それよりも300m以上も低い1457mをスタート地点にしたのですが、その事の「本当の意味」を分かってなかったんでしょうね。(爆)

スタート地点をどちらにしようが、いきなりの登攀一本槍でチカラを抜ける場所はまったくありません。「十三峠の超絶長い距離版」というようなコースでして、900mもの標高を一気に稼いだことも無いヤツが1200mを登りきれるはずがない。

実際のところ、三本滝レストハウスまでの7km/300mだけでも「充分マンゾク」なヒルクライムでして、「え!? ここからまだ900mも登るん?!マジ???」って感じで…。三本滝レストハウスから約9km行ったところ、標高2420m地点で撃沈でした。

三本滝レストハウスを起点にしていたらゴールできてたかもしれません…。

まぁ、この「たら・れば」も、この時の膝の具合からすれば非常に怪しいもので、右膝外側がめちゃくちゃ痛かったんです。チカラを入れてペダルを踏み込めない。右脚は軽く回す感じで登攀に必要なトルクは左脚で稼ぐ、というような状況だったので、まぁ登りきれる可能性は極めて低かったです。

っというようなコトで、先に書いた通り目標未達で終わってしまいました。

あと、翌日に気づいた事ですが、サドルバッグの外側網ポケットに入れていたクリートカバーが無くなっていました。たぶん、三本滝レストハウスから乗鞍観光センターまでの下りを「豪快に楽しんだ」のが原因と思います。

2016長野旅行/小熊山山頂 翌12日はけっこう良好な天気になり、さらに13日は終日曇り空の予報だった為、「多少ムリしてでもサイクリングに行くべき!」という天からの声(=宿の女将さんの声)もあって、白馬往復サイクリングを敢行することにしました。

ただし、膝の具合が心配だった為、宿起点ではなく木崎湖キャンプ場を起点とした少し短めのコースに変更してのトライ…でしたが、起点の変更が災いして、今日もまたスタート後いきなり「えげつない登り」です。

計画段階では「7%ぐらいか」と踏んでたんですが、さにあらず。スタート直後の1kmほどは「常時10%」って感じの血湧き肉踊る坂道が続いておりました。その後少しラクになったところが7~8%ぐらいで、こんな感じで8kmほど走って到着したのが山頂パラグライダー場でした。

2016長野旅行/小熊山から西方を望む 登ってる途中ではこのような絶景をみることができました。

2016長野旅行/小熊山から東方を望む 山頂パラグライダー場からは、木崎湖がこんな感じで見えました。

こういう景色を見れると、頑張った甲斐があったというモンですね。

小熊山からは鹿島槍スキー場方面に抜けてから中網湖まで下って、青木湖畔を通って白馬まで行きました。

2016長野旅行/白馬 白馬の景色です。昨年この辺りを走った時は、雲が少ない絶好の天気だったのですが、今回は北アルプス山頂に分厚い雲がのしかかっていて、景観的には残念な状況でした。

また、雲間からの陽光もありましたが、何故か北からの風が強く吹いて、けっこう修行気味のサイクリングになっておりました。

右膝の具合は全く良くなくて、小熊山は気力でこなしましたが、右脚はもうほとんとチカラを入れることができず、回すので精一杯。白馬からの折り返しは平坦基調なので多少マシでしたが、コースのところどころに現れる登りの度にコメカミに青筋立てて必死の形相でペダルを漕いでおりました。

2016長野旅行/青木湖畔 青木湖は、行きしなは山側の林間コースを走り、戻りは国道側の平坦コースを走りました。

いいところですね。のんびりしますし、落ち着きますし、車もほとんど通らないし、サイクリングする場所としては絶好のエリアです。

この後、中網湖を経て木崎湖キャンプ場に戻って、この日のサイクリングを終えました。と同時に右膝も限界を迎え、サイクリングはこの日でおしまい。翌13日は車での観光を決意しました。

2016長野旅行/鷹狩山からの眺望 13日の観光の写真はありません。いや、ありますけど掲載できるようなモノはなくて…

と書いておりましたが、1枚だけ。大町市の東側にある鷹狩山に登って、山頂展望台から大町市街を見下ろしたものです。天気が良ければアルプスの大パノラマが見えたはずです。

この鷹狩山とその南側にある大峰高原はサイクリングコースとしても計画していたのですが、残念ながら膝の具合で断念せざるを得なかった…と思っていましたが、実際に車で鷹狩山に行ってみて思いました。

「ああ、車で良かった…」と(爆)

膝の具合が良くても、かなり苦労しそうな坂道でした。

2016長野旅行/アルプスの山並み 最終日14日、安曇野でお土産を買ったところからのアルプスの眺めです。帰る日になって、ようやく絶好の天気がやってきました。今回の日程でいけば、14日(金)と15日(土)が「絶好のサイクリング日和」だったようですが、まぁ、しかたがありませんね。

というような感じで、苦しい思いも辛い(痛い)思いもありました今年の夏休みが無事終了しました。

車での移動距離は合計1141km。燃費としては(たぶん)19~20km/L ぐらいいけたと思います。


Comment:4
2016
10.07

とりあえず今回はこんな感じで…

Category: チャリ
頑張って行ってみたいと思いますっ! (キリッ)

2016/10/07 2016年夏休みサイクリング メインイベントは乗鞍っすかね。前年のリベンジということで、きちんとした装備と準備をして、STRIDAで…ではなくてロードバイクで。

安曇野~木崎湖~小熊山~中綱湖~青木湖~白馬の往復も楽しみの1つで、久しぶりの本格的に長い距離のサイクリングです。

「尻がもつか?」が勝負の分かれ目か(爆)

基地は安曇野に設定しました。ココを基点に3日間サイクリングしまくり魔王。ただし、乗鞍ヒルクライムについては、基地~乗鞍観光センター間だけは車移動です。(乗鞍ヒルクライムは1500m地点から登ってみることにしました)

2016/10/08 車載方式 車載はこんな感じ。

車がハネた時にロードバイクも一緒にハネちゃうんですけど…、そこまで対処は要らないかなと。

WRCじゃあるまいし、それが問題になるよーなジャンプはしないハズです(爆)

あと、雨水/泥汚れのような状態のバイクを積まなきゃいけないかもしれないので、ビニールシートをラゲッジ全体に敷くようにします(忘れてました)。

お天気の具合も含めて結果どうなりますか分かりませんが、楽しんできたいと思います。


Comment:4
2016
10.01

念願(?)の25Cへ

Category: チャリ
ブログの更新は久しぶりですかね。ま、ぼちぼち元気にやっております。秋の信州行の時期が近づいてきて、ソワソワ/ドキドキする今日この頃ですが、特にまだ何も計画できていないところがナイスです。

EXTENZA RR2LL 25C 2016/10/01 「とりあえず」ということで、ロードバイクの方の準備を進めることにしまして、まだ充分使える状態のZAFFIROに代えてEXTENZA RR2LL 700x25Cを奮発しました。

タイヤ幅は24.3mmで少し細めですかね。前輪のRR2X 23Cは22mm弱でこちらも細め。周長は、キャットアイ社の周長資料の通り 2105mm でした。

EXTENZA RR2LL 25C 2016/10/01 少しだけ心配していたフレーム(シートチューブ)とのクリアランスですが、左のような状況。カッツカツでセーフでした。

もしかしたらFD台座のバンド部を削らんとあかんかも…なんて思ってましたが、そういう工作が要らなくて良かった。真円精度に問題のあるような製品だと危ないところです。

っということで、ロードバイクの装備面ではこれでおしまいかな。整備は別途実施しますが。一緒に持っていく予定の補修用資材類も用意しておきました。

それはともかく、行動計画を立てなあかんのと、宿を確保せなあかんですわな。(爆)

ま、ぼちぼちと。

【閑話休題】
25Cですが、これは驚愕でした。昼から少しだけ試乗に行ってきたんですが、ここまで良いモノとは思ってもみなかった…。
フレームの振動吸収性能やタイヤの銘柄や特徴にもよるでしょうから、万民向けの話としては言えませんけど、久しぶりに「これは良い!」と思ったパーツでございました。
フロントに使うと、もしかするとハンドリングがダルな感じになるかもしれません。自分的には「前23C・後25Cでキマリ!」な予感です。


Comment:2
2016
09.19

高級(?)文鎮モードからの生還

Category: Android
予備機の方ですけど、少し冒険をしてかなり新しめ(=かなり実験的)なモジュール類を導入してみたのです。

導入当初は特に何事もなく「まぁ、こんなもんか」という感じに呑気に見てられる状態だったのですが、ある日から突然、起動しなくなりました。電源オンしても初期のバイブレーションが起こるだけでウンともスンとも言わず。充電装置に繋ぐと充電は始まるようですが、起動しないことには意味がありません。 というような状況になって、予備機ということもありしばらく放置してたんですが、この3連休の中日に思いついたようにリカバリー挑戦してみることにしました。

リカバリーの大方針(というか前提)は「元あったシステム/データは全て諦める」ということ。

ひとまずメーカ純正のソフトウェア環境にする。自分向けのカスタマイズ(設定)はその後にやる。

ということで、第一段階のやり方は全てこちらに書いてある通りにやるだけ。

なんとまぁ見事に復旧できましたがな。ありがたいことです。

その後に自分向けの設定をやっていくのですが、やるメニューの中にはroot権限が必要な操作もあるので、どうにかしてSuperSUを導入しなきゃなりません。過去にやっていた手法を試してみるも全て玉砕。困った時のxda頼みということで、見つけたのがこれ

etheredTWRP_onMM 2016/09/19
実際にも↑の通りで、拍子抜けするぐらい簡単にテンポラリなTWRPを起動でき、起動したTWRPからSuperSUを導入できました。

っということで、メーカ純正Marshmallow(rooted)な環境になって戻って来ました。

閑話休題。

「性能怪獣」と豪語して登場してから早や1年と数ヶ月。しかしてその実際は、ハード的にもソフト的にもメーカ側の失態が続いた上に、Intelがチップのディスコンを発表という追い打ちをかけたことで、希少種のx86スマホは風前の灯状態。

OSに関しては、バージョンアップなんてどうでもよくて、Googleがリリースするセキュリティパッチを正規のタイミングで取り込んでユーザに提供してくれたら充分なんですが、それすらもまともにできない状態では、長く使い続ける気も失せてくるというモノです。

少し遠くを見つつ「次の事」を考えておきたいと思っています。


Comment:0
2016
09.03

週刊ショートポタリング

Category: チャリ
河内堅上 2016/09/03 ショートコースで行ってきました。

曇ってたし早朝スタートでなくてもイイでしょ。という安易な考えが祟って、激暑にヤラれました。さらに、台風の影響による東風が行きしなのヤル気をそぐ結果になりました。

曇り空は時間を追うごとに晴れてきて、11時ぐらいには快晴の状態。

帰りは追い風だった為、35km/h巡航では楽すぎた為43km/h巡航にしておきました。

サイクルロードも一般道も、成長した道路脇の雑草により道路幅が30cm~50cmぐらい狭くなってるので、気をつけやんとあきまへんな。


Comment:0
2016
08.31

サイクリング用電脳ガジェットの拳

Category: チャリ
サイクリング用電脳機器 2016/08/31 ハートレートセンサーを新調しました。Garmin vivosmart HR Jです。

ASG-CM31SPに付属のハートレートセンサーを使ってきてたのですが、やっぱり面倒なんですよね。着衣の前にセンサーを装着しないとダメ、ってのが。

要するに「忘れる」んですよ(爆)。ウェアも着込んで準備万端整ってから、「あ、心拍センサー付けてないやん」というのが、もう何度あったことか…。

この気苦労から開放されるのが長年の夢でした。(大げさな)

希望を言わせていただければ、超柑橘系にハートレートセンサー機能に限定して、もっと安いモデルを出して欲しいですわ。単体でのライフログ機能とか、スマホ制御機能とか、目覚まし時計機能とか、そんなん要らんから。

サイコン本体はユピテルのASG-CM31(SP)、スマホはASUS Zenfone2でOSはRessurection Rimix 5.7.3という標準外品ばっかりの構成ですけど、ちゃんと使えてます。一番心配だったのはASG-CM31で、「ANT+対応」と言ってる製品でも「他社製品との接続は保証しません」とか微妙なコトを言うメーカらしいのですが、問題無く接続/認識できて安堵しました。

スマホのNotificationの連携とか音楽プレーヤの制御とかはダメっぽいので、スマホ側の何かのサポートが足りないのかも。あまり興味が無いので突っ込んで調べる気もおこらず。

とりあえず、こんな感じで、新兵器の投入です。

サイコン本体とかスピード/ケイデンスセンサーもGarminに統一したくなってくるのは、メーカ/販社の想定の範囲内でしょうか(爆)


Comment:0
2016
08.30

通行止めにつき

Category: チャリ
大和川CR 2016/08/30 豪雨の日が明けて、すっきり晴れた…ということではなかったですけど、やはり爪痕が残っていました。

大和川CRは土手の上なので大丈夫だろうと思ってましたが、近鉄大阪線の下をくぐる部分があったのを忘れていました。たぶん、だいぶ増水したんでしょう。川べりの草むらも、水流に晒されていたのが見て分かるぐらいの状況でした。

何故かこの日はフィジカルは具合が良くて、23Tを使わずに済んだどころか、コース中のメインの登りでも概ね19Tで対応できたのは久しぶりな感じでした。しかし、もっと体重を落とせばもっと楽になるのは目に見えてますので、まだまだ精進が必要です。


Comment:0
2016
08.27

いつもの…いつも通りではなかった

Category: チャリ
斑鳩町 2016/08/27 5時半起床/6時半出発/10時帰着で、いつものコースをいつも通りに行ってきました。

しかし、行った先はいつも通りではありませんでした…


Comment:0
2016
08.21

隔週刊な坂道ポタリング

Category: チャリ
大和川CR 2016/08/21 先週は用事があってお休みしてしまいました。その前も似たようなことを言ってましたっけ。なので隔週刊ですかね。まぁ、行ける時に行きましょう!ということで、5時起床/6時出発で行ってきました。

写真は6時ちょい過ぎの大和川CRから東方を望む、の図。

台風の影響か異常気象のせいか、今日は東風が吹いており、行きが向かい風、帰りが追い風となっておりました。また、空気が非常に澄んでおり、見える全ての景色が「はっきり、くっきり」していて、とっても爽やかな感じ…とは裏腹に、め~っちゃくちゃ暑かったっす。

今日はコース取りを少しだけ変えて、金山彦神社/金山媛神社へは帰りがけに立ち寄りました。蚊が多いとイヤやな~、と思いましてね。

その目論見は成功したんですけど、平群からの山登りがねぇ…、やっぱり蚊にまとわりつかれるですよ。「遅っそ。余裕で止まれるで」と蚊が言うてるようで、ホンマ、ムカつきますわ。

次から、腰に蚊取り線香ぶら下げて行くか…www

閑話休題。

いろいろと準備してきた輪行装備を常備して走るようになっています。

感想としては、当たり前ですがダンシングした時の振りが重たいです。しかし、この程度でギャーギャー言うてはおられず、今秋の乗鞍ではもっと重たいものになる予定なので…。まぁ「頑張れ!」っていう事でしょうね。

ま、そんなことはともかく、ちゃんと走って、ちゃんと参拝して、ちゃんと祈って。を、コツコツ続けますよん。


Comment:2
2016
08.20

懸念事項をもう1つクリア

Category: チャリ
エンドアダプタ 2016./08/20 塩ビパイプを切っただけの状態から、大きくジャンプアップ!(殴)

両端にエラストマーの脚ゴムをはめて、軸センターにM5のボルトが通る穴を確保して…

ま、そんだけの話です。

こんなモンでもはめておけば、不意の衝撃や圧力に上手く耐えてくれるでしょ、と。

輪行中は、自転車が完全に「お荷物」と化すので、乗ってる時ほど各部に気遣いできない場合があると思われ、最低限の保護措置をしておくことで少しでも心配事が減らすことができるだろう、と。

残課題は「逆さ状態でツールボトルを落下させない対策」かな。


Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。